小児低身長治療や成長ホルモンの事なら西新宿整形外科クリニック

骨粗鬆症治療

骨粗鬆症治療

骨粗鬆症とは、骨がもろくなって骨折しやすくなる病気です。骨は毎日古い部分を壊し(骨吸収)、新しい骨を作る(骨形成)ということを繰り返しています。この骨吸収と骨形成のバランスが崩れると、骨粗鬆症になってしまいます。

こんな症状は要注意!

背中が曲がってきた…背が低くなった…腰が痛い… 歳をとったせいだと思っていませんか? これらの症状は加齢のせいではないかもしれません。 大きな病気が隠れている可能性があります。

背が低くなったり、背中が曲がる原因
背骨自体に原因がある場合
・骨粗鬆症による骨折
・変形性脊椎症
・腰椎変性すべり症  など
神経に原因がある場合
・脊柱管狭窄症  など
筋肉に原因がある場合
・筋肉の衰えから背骨を支えられない

骨粗鬆症とは

骨粗鬆症とは、骨がもろくなって骨折しやすくなる病気です。
骨は毎日古い部分を壊し(骨吸収)、新しい骨を作る(骨形成)ということを繰り返しています。
この骨吸収と骨形成のバランスが崩れると、骨粗鬆症になってしまいます。

加齢、運動不足、喫煙、過度のアルコール摂取、食生活の乱れ、ストレス、そして女性の場合は、女性ホルモンのエストロゲンの減少が原因で骨量が減少することが知られています。
閉経後の女性が骨粗鬆症になりやすいのはこのためです。

骨粗鬆症のリスクいろいろ

リスク① いつのまにか骨折!?
60代女性は2人に1人、70代以上の女性は実に10人に7人が骨粗鬆症です。
「骨粗鬆症という名前は知っているけど、老化現象なら仕方ない…」
「目に見えないし、そんなには困っていないし…」
そんな風に思っていませんか?
骨粗鬆症によって骨がスカスカになると背骨が自分の体重を支えられず、気付かないうちに背骨がつぶれて“いつのまにか”骨折してしまいます。
リスク② 骨折で介護される!?
骨粗鬆症によって骨が脆くなり、太ももの付け根を骨折すると、場合によっては「寝たきり」になる可能性があります。
今までの当たり前の生活が奪われてしまう上に、あなたの家族にまで大きな負担がかかってしまう可能性があるのです。
リスク③ 1度骨折するとさらに折れやすくなります

骨折をすればするほど、続けて折れていく可能性が高くなることが知られています。
これを骨折連鎖と言います。
1個でも折れると周りの骨に負担がかかって2個、3個…とドミノ倒しのように骨折が起こります。
つまり、どんどん背中や腰が曲がってしまうのです。

リスク④ 若い女性でも、6人に1人の骨は50代?!
骨粗鬆症は、お年寄りの病気というイメージが強いのですが、 実は若い人でも油断はできません。
過度のダイエットや偏食による栄養不足、不規則な生活やストレスで女性ホルモンのバランスが崩れ20代の女性でも骨粗鬆症や骨粗鬆症予備軍になる危険性があります。

あなたは、大丈夫?以下にあてはまる症状や経験はありませんか?

背中が丸く曲がってきた
身長が2cm以上低くなった
家族に太ももの付け根を骨折した人がいる
ささいな事で骨折したことがある
背中、腰に痛みがある
閉経を迎えた
喫煙の習慣がある

骨粗鬆症の治療法

骨粗鬆症の治療は、食事、運動、薬の治療を組み合わせて行われるのが一般的です。
適切な食事や運動は骨粗鬆症の予防にもつながります。
今から強くて丈夫な骨作りを心がけましょう。

①骨粗鬆症治療<食事編>
骨粗鬆症の治療、予防のためには骨を作るカルシウムだけでなく、カルシウムの吸収を助けるビタミンD、骨を作るのに重要なビタミンKを多く含む食事を摂りましょう。
骨を強くするのが骨粗鬆症の食事療法です。
それ以外にも野菜や果物、たんぱく質などさまざまな食品をバランスよく摂ることが大切です。
②骨粗鬆症治療<運動編>

運動不足は骨密度を低下させる原因のひとつです。
運動の適度な刺激によって、骨量が増える効果が期待できます。
また、転倒による骨折を防ぐため、バランス運動やストレッチを行いましょう。

・ウォーキング
骨密度の低下防止にウォーキングが有効です。
ゆっくりと無理のない速さで歩きましょう。
・開眼片脚立ち運動
バランス能力を高める効果があります。
目を開けたまま、片脚で立ちます。姿勢はまっすぐになるようにしましょう。
転倒しないように、必ずつかまるものがある場所で行いましょう。
左右1分間ずつ、1日3回行いましょう。
③骨粗鬆症治療<薬編>
骨粗鬆症の治療薬にはいろいろな種類があります。
・ 骨の吸収を防ぎ骨量を増やす薬
・ 骨の形成を促進し骨量を増やす薬 など

お薬には飲み薬・注射・点滴などがあり、皆様のご年齢・性別・骨の状態によって選択し決定いたします。

骨粗鬆症のお薬は様々で、運動と食事と同じくらい大切なものになります。
ご来院時に医師に確認してください。
西新宿整形外科クリニック

小児低身長ホルモン治療西新宿整形外科クリニック

東京都新宿区西新宿7-21-3 西新宿大京ビル7階

診療時間/9:15~18:00

最終受付/17:30

休診日/木・日