英語サイトはこちら中国語サイトはこちら韓国語サイトはこちら
低身長専門西新宿整形外科クリニック
完全予約制お電話でのお問い合わせ
0120-962-992
ご来院の方でもご予約がない方に関しましては、診療をお断りさせて頂いております

うちの子、低身長症?低身長を見極める基準・目安

お子さんの身長が周りの子より低かったとしても、必ずしも低身長とは限りません。
では、低身長かどうかを見極めるにはどうすれば良いのでしょうか?
今回は、低身長の定義と、正しい見極め方をご紹介していきます。

うちの子低身長?と思ったら

子供の身長の低さが心配になったときは、まず、「成長曲線」をつけてみましょう。成長曲線とは、多くの子どもたちの身長や体重の記録を集め、年・月齢別の平均値と、標準偏差(SD)を曲線グラフで表したもののこと。そこに、お子さんの年齢ごとの身長や体重を記入していくことで、成長の度合や、平均値からどのくらい離れているかを、客観的に判断する目安にできるのです。

成長曲線で見る低身長症の目安

成長曲線には、あらかじめ何本かの線が印刷されています。1番太い線が平均、平均よりも上がプラスのSD、平均よりも下がマイナスのSDとなります。お子さんの身長の値が、これらの線のうち、−2.0SDから+2.0SDの間に入るなら、正常範囲ということになり、全体の約95%の子供は、この範囲に入ります。

一方、低身長の定義は、−2.0SD以下なので、お子さんの身長の値が、−2.0SDの線よりも下にくるなら、低身長の可能性が考えられます。ちなみに−2.0SDより低い子供は、全体の2.3%。同性・同年齢の子供が100人いた場合、低い方から数えて2〜3番目くらいということです。

そして、もう1つ確認していただきたいのが、1年間に身長がどのくらい伸びたかという「伸び率」です。身長の値が、正常範囲の中におさまっていても、ある時期を境に、曲線が横ばいになっているなら、成長率が急に落ちたことを示しています。その場合も、やはり低身長の可能性があります。

低身長が疑われた場合は

成長曲線をつけてみて、身長の値が−2SDを下回っていたり、曲線が横ばいになったりしているなら、何らかの病気のが潜んでいる可能性も考えられます。もちろん低身長の原因は、病気のせいだけとは限りませんが、もしも病気があった場合は、早い段階で発見し、早く治療を開始することが、お子さんの身長を伸ばす鍵になります。気になる点があるなら、躊躇せずに、かかりつけの小児科医に相談しましょう。専門的な検査が必要になったときも、かかりつけ医から紹介してもらえます。そして、病院で低身長と診断された場合は、原因によって、成長ホルモン治療や生活習慣の見直しといった対処を行っていきます。

ポイントを押さえ、すこやかな成長を後押ししましょう。

関連コラム

写真
子供の身長が低いと、「低身長ではないか」と心配する方もいるかもしれませんが、少し身長が低い程度なら、低身長には当てはまりません。そこで今回は、低身長の定義や、低身長の種類をご紹介していきます。
写真
低身長になる原因には、さまざまなものがありますが、特に原因が不明なものを「特発性低身長」といい、実は、低身長でもっとも多いのはこのケースです。
写真
低身長の1つである「成長ホルモン分泌不全性低身長」とは、どういった病気なのでしょうか?今回は、この成長ホルモン分泌不全性低身長の概要と対処法をご紹介していきます。
写真
低身長の1つである「SGA性低身長症」。今回は、このSGA性低身長症の概要と対処法をご紹介していきます。
医療でこどもの背を伸ばす無料相談セミナー 医療でこどもの背を伸ばす無料相談セミナー

西新宿整形外科クリニックホームページをご覧の皆様へ

西新宿整形外科クリニックでは、小児低身長と関節等の再生医療を中心に子供からご高齢の方まで、すべての方が健やかに毎日を過ごすための治療を取り扱っております。
カウンセリングでは、担当医師が患者様のお悩みやご要望をしっかりと伺い、的確な診断と有効な治療法の提案をさせていただきます。

私たちは、最適な医療を提供するためには患者様と優良なコミュニケーションをとることが大切だと考えておりますので、 何かご不明点や不安な点などがあれば、どんなことでも医師や看護師へお話しください。誠心誠意、お答えさせていただきます。

お電話での予約
お問い合わせ

お電話での予約
お問い合わせ

カウンセリング
予約