アルギニンには、成長ホルモンの分泌促進や疲労回復などの作用が期待されています


アルギニンには、成長ホルモンの分泌促進や疲労回復など子供の身長を伸ばすために役立つ作用があると言われています。そしてその作用を得るためには毎日の食事でアルギニンを含む食材を積極的に使いましょう。

食事のメニューだけでなくおやつの中にもアルギニンを含む食材を使うことがおすすめです。またより良く作用を生かすにはタイミングもポイントで、アルギニンは空腹時・運動1時間前・寝る前に取りましょう。

アルギニンは子供の成長に役立つ作用が期待されています

アルギニンはタンパク質をつくっているアミノ酸の一種で、その中でも非必須アミノ酸に含まれます。そのため大人になれば体内でつくり出せる成分ですが、成長途中の子供は十分ではないため、食事で補うことが必要です。

そしてアルギニンには以下のような作用があるとされるため、成長期の子供、とくに身長をよく伸ばしたい時には積極的に取ることがすすめられています。

成長ホルモンの分泌促進

成長ホルモンは大人になっても分泌されますが、子供の間は身長を伸ばすことを促します。

そのため身長をよく伸ばしたければ成長ホルモンの分泌がスムーズであること、さかんであることが必要です。この働きをサポートするとしてアルギニンが子供の成長において注目されています。

疲労回復

成長期の子供の活動量は多く、しかし体は未熟なため疲れがたまりやすくなっています。そのためアルギニンを取ることで血中アンモニア濃度を下げ、疲労回復をサポートするため成長に役立つと言われるのです。

毎日の食事の中でアルギニンを補えるようにしましょう


子供の身長を伸ばしたい時アルギニンを積極的に取ろうとすることがあるでしょう。その場合、適した方法は毎日の食事でアルギニンを含んだ食材をいくつも使うことをおすすめします。

なぜなら食べ物に含まれている天然のアルギニンであれば摂取のし過ぎの心配はまずないためです。

サプリは使い過ぎに注意

アルギニンの含有量がわかりやすい、手軽などの理由でサプリの使用を考えることもあるかもしれません。

その時はアルギニンの取りすぎにならないよう、摂取量に注意が必要です。実はアルギニンを取りすぎた場合、子供の体ににとって負担になり、下痢などの副作用を起こすことがあるからです。

そうならないためにも、アルギニンを取るには食べ物からが望ましいでしょう。

間食のメニューも改善

食事の内容には配慮するもののおやつはこれまでと変わらないということもあるため、間食まで成長に気をつけたメニューへと改善しましょう。

おやつと言えば、子供の好きそうな甘いジュースやスナック菓子などを選ぶこともありますが、そこに栄養素は含まれておらずエネルギーばかり取ってしまいます。

そのためアルギニンなどの栄養素を含むメニューにするには、おにぎりやお好み焼きのような捕食として使えるものがおすすめです。

その具にツナや豚肉などを使うと必要な栄養素を補いやすくなります。

ちょうどよいタイミングでアルギニンを取り、生かしましょう

1日3回の食事と間食でアルギニンを豊富に含んだ食材を使うだけでなく、さらにタイミングも考えてより良く生かす方法もあります。そのため以下の条件を押さえつつ、アルギニンを取ってみましょう。

アルギニンが役に立ちやすいタイミング

・空腹時
栄養の吸収が高まる状態であるため、食事の前にスナック菓子やジュースを飲まないようにし、空腹にしておきましょう。食が細い子の場合は1回の食事量を減らして空腹になった時こまめに食べられるよう、回数で補う方法もあります。

・運動する1時間前
学校へ行っている間は食事の時間が決まっているため、なかなか思うように食事をすることは難しいでしょう。

しかし朝食を抜く子供が増えており、それでは筋肉を減らし成長の妨げになることから、朝はアルギニンだけでなくエネルギーになる食べ物を取って出かけましょう。

・就寝前
寝る直前の食事は逆に熟睡の妨げになるため、夕食でアルギニンを含む食品を取るとよいでしょう。眠る時に消化吸収が終わり、血液中にアルギニンが存在している状態になっていると成長ホルモンの分泌促進に役立つためです。

(まとめ)アルギニンの作用ってどんなもの?

1.アルギニンには、成長ホルモンの分泌促進や疲労回復などの作用が期待されています

アルギニンが持つ作用とは、成長ホルモンの分泌を促進する、疲労回復することがあります。

アルギニンは食べ物から補うようにし、摂取に適したタイミングは、空腹時・運動前・就寝前です。

2.アルギニンは子供の成長に役立つ作用が期待されています

非必須アミノ酸であるアルギニンは、成長期の子供の体内で成長ホルモンの分泌を促進する働きに役立ちます。

そしてアルギニンを取ると血中アンモニア濃度を下げることから、疲労回復にもつながるとされています。

3.毎日の食事の中でアルギニンを補えるようにしましょう

アルギニンを子供に取らせたい時、食事の中にアルギニンを含む食材をいくつも使いましょう。

おやつのメニューも甘い物などは避けて、ツナのおにぎりや肉入りお好み焼きなどにするとアルギニンを補いやすくなります。

4.ちょうどよいタイミングでアルギニンを取り、生かしましょう

アルギニンを取るタイミングにも配慮するとより作用を生かしやすくなります。そのタイミングとは空腹時・運動の1時間前・就寝前があります。

学生の場合、運動1時間前の食事は難しいですが、1日の活動をする前の朝食は抜かないことです。

監修医情報

西新宿整形外科クリニック院長
川原 昭久医師
かわはら あきひさ/Akihisa Kawahara
経歴
福島県立医科大学 医学部 卒業
平塚共済病院 臨床研修医
昭和大学藤が丘病院 整形外科 入局
下記 昭和大学藤が丘病院関連施設にて勤務・研修
東戸塚記念病院、横浜新都市脳神経外科病院、横浜旭中央病院、海老名総合病院、山梨赤十字病院、戸塚共立リハビリテーション病院、相模野病院
日本整形外科学会認定 整形外科専門医取得
下田総合病院
西新宿整形外科クリニック 医院長に就任
ロコモアドバイスドクター 就任(「ロコモ チャレンジ!推進協議会」公認)

運営者情報

運営クリニック 西新宿整形外科クリニック
住所 〒160-0023 東京都新宿区西新宿7-21-3 新宿大京ビル7階
お問い合わせ 0120-962-992
院長 川原 昭久医師