アルギニンサプリの過剰摂取で副作用が出る可能性があるといわれています


アルギニンは成長期の子供の身長を伸ばすなど、大切な働きのある栄養素です。食べ物で摂取している場合には、それほど摂取量が過剰になることはないでしょう。

ただしアルギニンの摂取量を維持するためにサプリメントで摂取していると、摂取の仕方によって過剰に摂ってしまうこともあります。アルギニンを過剰に摂取してしまうと、胃の痛みや下痢などの副作用が起きるとされています。

子供の過剰摂取は重大な副作用が起きる恐れがあります

アルギニンは、通常では体内で合成することができるアミノ酸の一種といわれています。ところが乳幼児や成長期の子供、ケガや手術後の方などはアルギニンを体内で十分に合成することができません。

そのためアルギニンは大人よりも子供の方が多く摂取する必要があるとされています。

アルギニンはこどもにとっては成長ホルモンの分泌促進や免疫力向上などの大切な働きがある栄養素でもありますが、過剰に摂取すると副作用が起きる心配があります。

アルギニンの過剰摂取は、アレルギー体質の子供のアレルギー症状を悪化させるとされています。またアルギニンの強いアルカリ性が原因で胃や腸を痛めたりする心配もあるので、酸性の強い飲み物と摂取してアルカリ性を中和するとよいでしょう。

成長期の子供がアルギニンを摂取しすぎた場合には、巨人症になる場合もあるとされています。

巨人症では、成長ホルモンの過剰分泌により身長が急激に伸びる、手足が肥大する、また頭痛や視力障害、性機能の低下などの症状が現れるといわれています。

通常の食事程度ではアルギニンの副作用は起きないとされています


アルギニンの必要摂取量は個人によって異なります。体格や体質の差によって必要量が異なりますが、一般的には約2~4gの摂取が望ましいでしょう。

成長期の子供や激しいスポーツをしている方の場合には、それよりも多い5~7g程の摂取がよいともいわれています。自分に合った量を摂取することが大切といえるでしょう。

アルギニンは食事に気をつけて食品から摂取していれば、基本的には過剰摂取になる心配はないとされています。アルギニンの含有量が多いとされている食品には、主に鶏肉などの肉類・ごま・大豆・エビ・マグロなどがあります。

大豆100gの場合にはアルギニンが2.7g、鶏肉100gには1.5g、豚肉100gには1.3g含まれています。

アルギニンの含有量はそれほど多くないため食品だけで摂取するためには、食べきれない量になる場合やカロリーの摂り過ぎになる場合があるかもしれません。

食事だけでアルギニンの摂取量がオーバーしすぎることはほとんどないといえるでしょう。

そして栄養バランスを崩さないように他の食品とも一緒に摂取することが大切です。毎日の食事で摂取することが難しいという場合には、サプリで補うとよいでしょう。

サプリではアルギニンの過剰摂取に気をつけましょう

アルギニンの不足は成長を阻害するといわれています。そのため成長期の子供の身長が気になる場合には、アルギニンの摂取量が足りない場合も考えられます。

成長期に身長を伸ばす働きをする成長ホルモンは、アルギニンの摂取によって分泌がうながされるとされています。

成長の伸び悩んでいる原因がアルギニンの摂取量不足だった場合には、アルギニンの摂取量を増加させることで身長の伸びが期待できるでしょう。

毎日の食事からアルギニンを摂取することが難しい場合には、サプリを利用してアルギニンの摂取量を増やすことも可能です。

ただしアルギニンをサプリで摂取していると、通常必要な摂取量よりも過剰に摂りすぎてしまう場合があります。

万が一必要な摂取量よりも多くアルギニンを摂ってしまったときには、さまざまな副作用が起きるとされています。また他の栄養素もバランスよく摂取していないとホルモンバランスが崩れるなど問題も生じるかもしれません。

サプリを利用する場合には十分に注意して摂取する必要があります。子供の成長が気になる場合には、まずは専門の医院に相談してみましょう。

(まとめ)アルギニンサプリに副作用はある?

1.アルギニンサプリの過剰摂取で副作用が出る可能性があるといわれています

アルギニンは食べ物で摂取しているときには過剰摂取になりにくいのですが、サプリで摂取していると摂りすぎる場合もあり、胃の痛みなどの副作用が起きる恐れがあるといわれています。

2.子供の過剰摂取は重大な副作用が起きる恐れがあります

アルギニンはアミノ酸の一種といわれています。乳幼児や成長期の子供などはアルギニンを大人よりも多く取る必要がありますが、摂りすぎると巨人症になる心配があるとされています。

3.通常の食事程度ではアルギニンの副作用は起きないとされています

アルギニンの必要摂取量は個人によってそれぞれ違うので自分に合った量を摂取することが大切です。

鶏肉・大豆などアルギニンを多く含む食品を、栄養バランスを考えながら食事で摂取することが難しい場合にはサプリで過剰摂取にならないようが可能です。

4.サプリではアルギニンの過剰摂取に気をつけましょう

アルギニンが不足すると成長が阻害されるといわれています。成長が伸びない原因がアルギニンの摂取量不足によるものだった場合、サプリでアルギニンの補充をすることも可能です。

ただしサプリでは過剰摂取になる場合もあるので気をつけましょう。

監修医情報

西新宿整形外科クリニック院長
田邊雄医師
たなべ ゆう/Yu Tanabe
経歴
富山県立富山中部高等学校卒業
金沢医科大学医学部医学科卒業
順天堂医院 初期研修医
順天堂医院 初期研修修了
順天堂医院 整形外科入局
順天堂大学大学院 整形外科学講座
下記順天堂医院関連施設にて勤務・研修
(順天堂本院、順天堂練馬、伊東市民病院、宮川病院、杏雲堂病院、浅草病院、東部地域病院、賛育会病院、王子病院 等)
日本整形外科学会認定 整形外科専門医取得
順天堂大学大学院 医学博士取得
SBCグループ・西新宿整形外科 入職
西新宿整形外科  医院長
ロコモアドバイスドクター 就任
(「ロコモ チャレンジ!推進協議会」公認)

運営者情報

運営クリニック 西新宿整形外科クリニック
住所 〒160-0023 東京都新宿区西新宿7-21-3 新宿大京ビル7階
お問い合わせ 0120-962-992
院長 田邊雄医師