アルギニンは空腹時に摂取した方がよいです


アルギニンは空腹時に摂取した方がよいとされています。アルギニンには成長ホルモンの合成を促進する働きがあります。

成長ホルモンは寝ている間に活発に分泌されるものなので、成長ホルモンの分泌を促進するためにもアルギニンは就寝前の空腹時に摂取した方が効果的なのです。

成長ホルモンは10代のときにもっともたくさん分泌されるので、成長期にしっかりとアルギニンを摂取することで、身長を伸ばしたり免疫力を高めたりする効果が期待できます。

アルギニンを空腹時に摂取すると身長を伸ばす効果が期待できます

アルギニンを就寝前の空腹時に摂取すると、身長を伸ばす効果が期待できます。そのため低身長のお子さんを持つ親御さんからの注目を集めている栄養素の一つといえます。

アルギニンはアミノ酸の一種で、体内で合成することができるため非必須アミノ酸に分類されています。ただ大きなケガをしたり手術をしたり、体力の消耗が激しい時には、アルギニンを十分に合成できなくなる可能性があります。

また年齢とともにアルギニンの合成能力が低下してくるため、大人になってからもアルギニンを必要量摂取することが推奨されているのです。

アルギニンには成長ホルモンの分泌を促す働きがあります。成長ホルモンというと子供の成長にとって必要なホルモンだと思われがちですが、実際には大人であっても分泌されるホルモンです。

成長ホルモンには小児期から成人期に至るまで、さまざまな働きを持つことが分かっています。小児期には骨や筋肉、各臓器を成長・発達させる働きがあります。思春期には性ホルモンとともに性的な成熟を促します。

そして成人期には筋肉量や骨の量を維持したり、代謝バランスを保ったり、精神的な健康を守ったりする働きをするのです。とくに小児期にアルギニンの合成量が不足すると、低身長になるリスクが高くなる可能性もあります。

成長ホルモンは就寝中に分泌が活発になるため、アルギニンを就寝前の空腹時に摂取することで、身長を伸ばす効果が期待できるのです。

アルギニンにはさまざまな効果が期待されています


アルギニンには身長を伸ばす効果だけでなく、その他にもさまざまな効果が期待されています。アルギニンには成長ホルモンの分泌を促進する効果があるので、子供だけでなく大人であっても積極的に摂取した方がよい栄養素です。

成長ホルモンには脳に対する作用や骨に対する作用、免疫系に対する作用や脂肪組織に対する作用、糖代謝に対する作用や筋肉に対する作用など、さまざまな作用があります。

脳に対する作用としては、成長ホルモンが分泌されることで、記憶力の向上効果が得られます。

成長ホルモンが骨に作用することで、骨を成長・発達させたり、骨密度を維持したりする訳です。また成長ホルモンが分泌されることで免疫機能を正常に保ち、不必要な脂肪が体内に蓄えられないようにします。

つまりアルギニンが不足した場合、メタボリックシンドロームを発症する可能性が高くなるということも可能なのです。そのため成長期の子供だけでなく、大人もアルギニンを摂取する必要があるのです。

低身長は治療することが可能です

低身長は専門の医療機関で治療することも可能です。とくにお子さんをお持ちの親御さんにとって、子供の身長は気にかかることと思います。

子供にはそれぞれ個性があって、身長が伸びる時期もそれぞれだとは分かっていても、ついつい他の子供と比較してしまうものです。子供の身長を伸ばすためには、成長ホルモンの分泌が必要となります。

その点に着目し、低身長を専門とする医療機関では、成長ホルモンを注入する「成長ホルモン治療」をおこなっています。成長ホルモンはもともと体内に存在するものなので、成長ホルモン治療は副作用のリスクのない治療法です。

成長ホルモンには筋肉を成長させる働きもあるので、成長ホルモン治療をおこなうと、体脂肪を減らす効果も期待できます。低身長の治療は一般的に3歳頃から思春期くらいまでが適用範囲となっています。

20歳を過ぎると手術以外の治療法がありません。そのため「もしかして低身長なのかな?」と思った場合、速やかに専門の医療機関を受診し、専門医のアドバイスを受けることが重要です。

(まとめ)アルギニンは空腹時に摂取した方がいい?

1.アルギニンは空腹時に摂取した方がいいです

アルギニンには成長ホルモンの分泌を促進する効果があります。

成長ホルモンは夜寝ている間に活発に分泌されるので、アルギニンを就寝前の空腹時に摂取することで、身長を伸ばしたり免疫力を高めたりする効果が期待できます。

2.アルギニンを空腹時に摂取すると身長を伸ばす効果が期待できます

アルギニンを就寝前の空腹時に摂取すると、身長を伸ばす効果が期待できます。

成長ホルモンには小児や思春期の子供の骨を発達させる働きがあるので、成長ホルモンが活発に分泌される就寝前にアルギニンを摂取することで、身長を伸ばす効果が期待できるのです。

3.アルギニンにはさまざまな効果が期待されています

アルギニンには身長を伸ばす以外にも、記憶力を高める働きや免疫機能を正常に保つ働き、不必要な脂肪が体内に蓄積されないようにする働きなど、さまざまな働きがあります。

そのため大人であっても欠かすことができないのです。

4.低身長は治療することが可能です

低身長は専門の医療機関で治療することが可能です。一般的には成長ホルモン治療という方法が採られますが、適用されるのは3歳から思春期までです。

成人期以降の人には治療効果がないので、早めに専門医に相談しましょう。

監修医情報

西新宿整形外科クリニック院長
川原 昭久医師
かわはら あきひさ/Akihisa Kawahara
経歴
福島県立医科大学 医学部 卒業
平塚共済病院 臨床研修医
昭和大学藤が丘病院 整形外科 入局
下記 昭和大学藤が丘病院関連施設にて勤務・研修
東戸塚記念病院、横浜新都市脳神経外科病院、横浜旭中央病院、海老名総合病院、山梨赤十字病院、戸塚共立リハビリテーション病院、相模野病院
日本整形外科学会認定 整形外科専門医取得
下田総合病院
西新宿整形外科クリニック 医院長に就任
ロコモアドバイスドクター 就任(「ロコモ チャレンジ!推進協議会」公認)

運営者情報

運営クリニック 西新宿整形外科クリニック
住所 〒160-0023 東京都新宿区西新宿7-21-3 新宿大京ビル7階
お問い合わせ 0120-962-992
院長 川原 昭久医師