アルギニンは夜に摂取した方が効果的です


アルギニンには「この時間に飲むべき」という制約がありませんが、アルギニンの特性を考えた場合、夜に飲んだ方がその効果を高めることができます。というのもアルギニンには成長ホルモンの分泌を促進する働きがあるからです。

成長ホルモンは身体を成長させるためだけでなく、記憶力を向上させたり免疫機能を高めたり、糖代謝を正常にしたり不要な脂肪の付着を妨げたりといった、さまざまな働きがあります。

そのためアルギニンを夜寝る前に摂取することで、成長ホルモンの働きを高めることが期待できる訳です。

アルギニンを夜に摂取すると身長を伸ばす効果が期待できます

アルギニンは夜に摂取した方が効果的です。アルギニンは私たちの身体を作っている20種類のアミノ酸のうちの1つです。

体内で合成できないアミノ酸は食品などから摂取する必要がありますが、そのようなアミノ酸のことを「必須アミノ酸」と呼んでいます。

必須アミノ酸は9種類ありますが、代表的なものがバリンやロイシン、イソロイシンといった分岐鎖アミノ酸(BCAA)です。残りの11種類は体内で合成することができるため、非必須アミノ酸と呼ばれており、アルギニンも非必須アミノ酸の一種です。

アルギニンも体内で合成することができるため非必須アミノ酸に分類されているのですが、その合成量はそれほど多くありません。そのためアルギニンのことを「条件付き必須アミノ酸」とか「準必須アミノ酸」などというケースもあります。

アミノ酸は医薬品とは異なり、とくにどの時間帯に飲むべきという制約がありません。ただアルギニンには成長ホルモンの分泌を促進するという特徴があるため、就寝前に摂取するのが効果的とされています。

成長ホルモンには骨の成長を促進し、身長を伸ばす働きがあるため、アルギニンを夜寝る前に摂取することで、身長を伸ばす効果を高めることが期待できるのです。

アルギニンにはいろいろな働きがあります


アルギニンには成長ホルモンの分泌を促進するだけでなく、その他にもたくさんの働きがあります。そのためアルギニンのことを「マルチなアミノ酸」などと呼ぶケースもあるほどです。

たとえばアルギニンには免疫力を向上させる働きがあります。体外から侵入してきた有害物質を食べてくれるのが白血球の一種であるマクロファージなのですが、アルギニンにはマクロファージの働きを活発化させる作用があります。

マクロファージが活発化すれば免疫力が高くなり、病気から身体を守れるようになるのです。アルギニンのその効果に着目して、手術後の回復を促したり感染症を予防したりするため、アルギニン入りの輸液が用いられています。

またアルギニンには疲労を回復させる効果も期待されています。アルギニンを摂取すると血液中の疲労物質の増加を抑えられることが分かっているからです。

その他、アルギニンには美容効果も期待されています。私たちの皮膚は表皮と真皮、そして皮下組織で構成されていますが、表皮はさらに角層・顆粒層・有棘層・基底層に分かれます。

角層が皮膚のもっとも表面にある組織となりますが、角層からアミノ酸が失われることによって皮膚のバリア機能が低下し、皮膚の乾燥やひび割れといった肌トラブルを生じるのです。

アルギニンには角質層を保湿する働きもあるので、美肌効果も期待できるということなのです。

アルギニンはアンチエイジングにもおすすめです

アルギニンを日常的に摂取することは、アンチエイジングの面でもおすすめとされています。なぜならアルギニンには角層を保湿して、お肌をみずみずしく保つ働きがあるからです。

昔から「夜更かしはお肌の的」などと言いますが、睡眠不足が続くと成長ホルモンが十分に分泌されなくなるため、お肌の新陳代謝(ターンオーバー)に悪影響を及ぼします。

ターンオーバーの周期が乱れると、本来であれば剥がれおちるべき角層が剥がれ落ちなくなり、毛穴に詰まって吹き出物や炎症のリスクを高めます。

アルギニンには成長ホルモンの分泌を促進する働きがあるので、お肌の新陳代謝を高める効果も期待できるのです。成長ホルモンは10代で分泌のピークを迎えますが、それ以降は徐々に分泌量が減少していきます。

40代になると成長ホルモンの分泌量がピーク時の半分になるとされています。そのため中年期以降にしっかりとアルギニンを摂取することが重要だということなのです。

(まとめ)アルギニンは夜に摂取した方がいい?

1.アルギニンは夜に摂取した方が効果的です

アルギニンは医薬品とは異なり、いつ摂取しても構いません。ただアルギニンには成長ホルモンの分泌を促進する働きがあるため、どちらかというと夜寝る前に摂取した方がその効果を高められるので、就寝前に摂取するとよいでしょう。

2.アルギニンを夜に摂取すると身長を伸ばす効果が期待できます

アルギニンは非必須アミノ酸の一種であり、医薬品のように飲む時間帯が指定されていません。

ただアルギニンには成長ホルモンの分泌を促進する働きがあるため、就寝前に服用することで身長を伸ばす効果を高めることが期待されています。

3.アルギニンにはいろいろな働きがあります

アルギニンには成長ホルモンの分泌を促進する以外にも、マクロファージを活発化させて免疫機能を高める効果や、疲労物質の増加を抑えて疲労回復を早める効果、お肌にうるおいを与えて美肌を得られる効果など、さまざまな効果が期待されています。

4.アルギニンはアンチエイジングにもおすすめです

アルギニンには成長ホルモンの分泌を促進する働きがあるので、アンチエイジングの面でもおすすめの栄養素です。

お肌にうるおいを与えるだけでなく、ターンオーバーの周期を整えお肌のコンディションをキープしてくれます。

監修医情報

西新宿整形外科クリニック院長
田邊雄医師
たなべ ゆう/Yu Tanabe
経歴
富山県立富山中部高等学校卒業
金沢医科大学医学部医学科卒業
順天堂医院 初期研修医
順天堂医院 初期研修修了
順天堂医院 整形外科入局
順天堂大学大学院 整形外科学講座
下記順天堂医院関連施設にて勤務・研修
(順天堂本院、順天堂練馬、伊東市民病院、宮川病院、杏雲堂病院、浅草病院、東部地域病院、賛育会病院、王子病院 等)
日本整形外科学会認定 整形外科専門医取得
順天堂大学大学院 医学博士取得
SBCグループ・西新宿整形外科 入職
西新宿整形外科  医院長
ロコモアドバイスドクター 就任
(「ロコモ チャレンジ!推進協議会」公認)

運営者情報

運営クリニック 西新宿整形外科クリニック
住所 〒160-0023 東京都新宿区西新宿7-21-3 新宿大京ビル7階
お問い合わせ 0120-962-992
院長 田邊雄医師