アルギニンは成長ホルモンの促進の働きがあり低身長改善に役立ちます


アルギニンがもつ成長ホルモンの分泌を促進する働きは、低身長の改善に期待が持てます。
そしてアルギニンは体内でもつくられる非必須アミノ酸ですが、不足しやすいため食事でも補うことがおすすめです。
また夜更かしせずしっかり睡眠を取ることや運動して骨に刺激を与えることも子供の骨を伸ばす役に立つので、アルギニン摂取と合わせて行いましょう。

また低身長改善には専門医に相談し、改善方法を尋ねる方法もあります。

身長を伸ばす働きを促す成長ホルモンの分泌を盛んにします

アルギニンがもつ働きのひとつに、成長ホルモンの分泌を促進することがあります。
成長ホルモンは、子供の骨を伸ばし身長が高くなることに関わっているホルモンのため、低身長を改善するにはスムーズに分泌されることが必要です。

子供の骨が伸びる仕組み

成長ホルモンによって子供の骨の伸びが促されると、骨端線で軟骨細胞が増殖し、その繰り返しによって骨は長くなり石灰化されることで硬い骨の状態になります。
軟骨細胞をつくるためにはタンパク質が必要なため、アルギニンは子供の身長を伸ばすために不可欠な栄養素なのです。

アルギニンは体内でもつくられる

タンパク質を分解してできるアミノ酸の一種にアルギニンは含まれますが、そのうち体内でもつくられている非必須アミノ酸です。
ですがその量は不足しやすいために食事で補うことが欠かせないので、子供の低身長を改善したい時は十分な摂取量を目指しましょう。

ちなみに1日あたりの摂取量の目安は1~8gで、あらゆる食品から取ることがおすすめです。

その他の成長ホルモンの分泌促進を目指した取り組みも行いましょう


アルギニンが不足しないように取るだけでなく、その他にも成長ホルモンの分泌を促進するために事柄を行って、低身長の改善を目指しましょう。

睡眠時間を確保する

成長ホルモンは日中活動する間でも分泌されていますが、もっとも盛んになるのは夜寝ている時です。
そのため睡眠の質がより高く、時間も十分取ることができていれば成長ホルモンの分泌もスムーズになり、身長を伸ばす働きの促進にもつながっていくでしょう。

また子供の睡眠時間は、理想的な睡眠時間よりも平均して1時間以上短くなっているといわれることから、夜更かししない環境づくりもおすすめです。

全身運動を行う

成長ホルモンの働きを受けて骨を伸ばすには刺激を与えることも必要で、その刺激とは骨に対して縦向きの圧がかかる内容がおすすめです。
たとえばジョギング・なわとび・バスケットボール・バレーボールなどで、ジャンプをする機会がありさらに全身を使った運動という特徴があります。

この時子供が興味をもっていたり好きだと感じたりする内容を選ぶことも大切です。

低身長の改善は専門医療機関を尋ねる方法があります

生活習慣を改善して、子供の身長がより伸びるよう促す方法もありますが、継続しても変化が見られない時には専門医療機関を訪ねましょう。
低身長についての専門医が在籍する医療機関では、診察や検査を行いその結果にもとづいて子供に合ったアドバイスや施術の提案を受けることができます。

それに身長の高さは親にとってだけではなく子供にとっても気になっていることが多く、コンプレックスに感じている場合もあるのです。
するとコンプレックスはストレスとなり、長い間抱えていると気持ちが落ち込んだり消極的になったりすることもあるため、早めに解消して前向きに過ごせるよう促してあげましょう。
そのための方法のひとつに成長ホルモン治療があり、この施術は必要性と効果の期待に合わせて専門医が提案するため、誰でも受けられるとは限りません。
成長ホルモン治療は注射で薬剤を投与しますが、家庭で必要な量と回数を注射する方法です。

ここで使われる注射器には針が短いという特徴があり、医師や看護師の指導のもとで練習すると慣れて家族や子供自身の手で打つことができるようになります。
通院のわずらわしさもなく、続けやすい施術のため紹介された時は検討してみましょう。

(まとめ)アルギニンを取れば低身長は改善できる?

1.アルギニンは成長ホルモンの促進の働きがあり低身長改善に役立ちます

アルギニンは成長ホルモンの分泌を促進するため、子供の身長の伸びに役立ちますが、それだけでなく十分な睡眠や適度な全身運動も心がけましょう。専門医に相談して最適な改善の手段を尋ねる方法もおすすめです。

2.身長を伸ばす働きを促す成長ホルモンの分泌を盛んにします

成長ホルモンの分泌促進にアルギニンは働くため、低身長を改善するには不可欠な栄養素です。骨端線の軟骨細胞を増やすためにも、適度なアルギニンを毎日摂取するようにしましょう。

3.その他の成長ホルモンの分泌促進を目指した取り組みも行いましょう

低身長改善を目指してアルギニンを取るだけでなく、睡眠時間が不足しないようにすることで成長ホルモンの分泌を促進させることもおすすめです。ほかにも全身運動を適度に継続して行うことも骨を伸ばすことの役に立ちます。

4.低身長の改善は専門医療機関を尋ねる方法があります

低身長の改善を目指す時には専門医療機関でみてもらってはいかがでしょうか。そこでは専門医が診察や検査結果をもとに子供に合ったアドバイスや施術の提案をし、場合によって成長ホルモン治療が選択肢に上がることもあります。

監修医情報

西新宿整形外科クリニック院長
田邊雄医師
たなべ ゆう/Yu Tanabe

 

経歴
2003 年 富山県立富山中部高等学校卒業
2011 年 金沢医科大学医学部医学科卒業
2011 年 順天堂医院 初期研修医
2013 年 順天堂医院 初期研修修了
2013 年 順天堂医院 整形外科入局
2014 年 順天堂大学大学院 整形外科学講座
2013-2018 年 下記順天堂医院関連施設にて勤務・研修
(順天堂本院、順天堂練馬、伊東市民病院、宮川病院、杏雲堂病院、浅草病院、東部地域病院、賛育会病院、王子病院 等)
2018 年 日本整形外科学会認定 整形外科専門医取得
2018 年 順天堂大学大学院 医学博士取得
2018 年 SBCグループ・西新宿整形外科 入職
2018 年 西新宿整形外科  医院長
2019 年 ロコモアドバイスドクター 就任
(「ロコモ チャレンジ!推進協議会」公認)

運営者情報

運営クリニック 西新宿整形外科クリニック
住所 〒160-0023 東京都新宿区西新宿7-21-3 新宿大京ビル7階
お問い合わせ 0120-962-992
院長 田邊雄医師