アルギニンとはアミノ酸の一種で成長ホルモンの分泌を促します


タンパク質を分解してできるアミノ酸のひとつがアルギニンですが、非必須アミノ酸であり体内でつくることもできるものの、それでは不十分なため食事で補っていくことが必要です。
そこでアルギニンを豊富に含んでいる、凍り豆腐・落花生・きなこなどの食品を、上手に日頃のメニューに取り入れて摂取できるアルギニン量を増やしましょう。

しかしそれでも子供の身長に変化がなければ、専門医を訪ねてみることです。

アルギニンとは非必須アミノ酸の一種です

子供の身長がスムーズに伸びるにはタンパク質が不可欠で、その中でも必須アミノ酸は体内ではつくり出すことができないため、十分な摂取が必要です。

必須アミノ酸とは

人間の体をつくるアミノ酸は、タンパク質を分解してできる物で20種類あり、そのうちの9種類が必須アミノ酸です。アルギニンは体内でつくり出すことのできる、非必須アミノ酸にあたりますが、その量は少なく不足しやすいため食事で補うことが必要になります。

アルギニンの働き

子供の身長を伸ばしたい時にうれしい働きが期待できるアルギニンには、次のものがあるといわれています。

成長ホルモンの分泌促進

子供の間は成長ホルモンによって骨を伸ばす働きが促されるため、成長ホルモンが十分に分泌されることで身長の伸びにつながります。その他には筋肉の強化や食欲を抑え太りすぎの予防、疲労回復という働きもするのです。

免疫力を高める

アルギニンは免疫細胞のマクロファージの働きを活性化させるように促します。マクロファージは体内に侵入した細菌やウイルスなどを食べる白血球の一種で、この働きが活性化されると免疫力アップにつながります。

アルギニンを含む食べ物を上手に取り入れましょう


アルギニンを毎日の食事の中で適度に継続して取ることが、子供の身長をスムーズに伸ばす役に立ちます。そのためアルギニンを豊富に含む食品や上手な取り方を知っておきましょう。

アルギニンの豊富な食べ物

アルギニンは1日あたり1~8g摂取することが望ましく、毎日の食事の中で補うことがおすすめです。

たとえばアルギニンを豊富に含む食べ物には、ゼラチン・湯葉・かつお節・凍り豆腐・落花生・きなこなどがあります。これらの食品を料理にプラスすることでアルギニンを取る量を増やしてみましょう。

上手な取り方

食品によっては加えにくい物もありますが、手軽に使うことのできる食品として凍り豆腐や落花生、大豆などはおすすめです。凍り豆腐は煮びたしなど一品として利用できるほか、削ってパン粉代わりにするなど幅広く活用できます。

そして落花生やくるみはそのままでも食べやすく、きなこを使ったお菓子はおやつにも役立ちます。
またナッツ類は砕いて揚げ物の衣に混ぜたりあえ物に入れたりして使っても便利です。

アルギニンの摂取に気をつけても身長が伸びなければ専門医と相談しましょう

子供の身長をよく伸ばすためによいといわれるアルギニンですが、その摂取を適度に続けていてもなかなか身長が高くならないこともあります。
そのような場合は、低身長に関する専門家のもとを訪れて相談してみてください。

もちろん家族と子供自身で生活改善を続けることは大切ですが、一度診察を受けてその子に合った内容かどうかを見極めてからの方が安心です。
そして専門医療機関では診察と検査が行われ、結果によってアドバイスがされたり成長ホルモン治療が提案されたりします。

この成長ホルモン治療とは、体内でも分泌されている成長ホルモンの成分を注射する方法で、こうすることにより不足するホルモンの分泌量を補うことができます。

成長ホルモン治療のメリット

成長ホルモン製剤を投与することで直接的な低身長の改善を目指すことになります。この治療は注射を使って薬を投与する方法で、決められた量と回数を毎日投与し続けることが必要です。針の短い特殊な注射器を使った方法のために家族や子供自身で打つことができ続けやすくなっています。

(まとめ)身長を伸ばすといわれるアルギニンとは?

1.アルギニンとはアミノ酸の一種で成長ホルモンの分泌を促します

体内でもつくることができるアルギニンですが、それだけでは不十分なため、食事での摂取が必要です。そのためにはメニューに加えたり料理に材料として使ったりしましょう。
それでも子供の身長が伸びなければ専門医にみてもらうことです。

2.アルギニンとは非必須アミノ酸の一種です

アルギニンは体内でもつくり出せる非必須アミノ酸の一種ですが、その量は少なく食事での摂取も必要です。アルギニンを取ることで成長ホルモンの分泌促進や免疫力のアップが期待されます。

3.アルギニンを含む食べ物を上手に取り入れましょう

子供の身長のことを考えてアルギニンを取る機会を増やすためには、毎日適度に取り続ける工夫をしましょう。アルギニンを豊富に含む食品を上手にメニューの中へ加えて、1日の摂取量を達成できることを目指します。

4.アルギニンの摂取に気をつけても身長が伸びなければ専門医と相談しましょう

アルギニンを取り続けても身長が伸びなければ専門医の受診をおすすめします。するとその子に合った生活改善の方法や治療法の提案をしてもらえます。中には成長ホルモンの紹介がされることもあり直接的な低身長改善に取り組めます。

監修医情報

西新宿整形外科クリニック院長
田邊雄医師
たなべ ゆう/Yu Tanabe

[su_button url=”https://www.ns-seikeigeka.com/dr.html#tanabe” target=”blank” style=”flat” background=”#edc726″]詳しくはこちら[/su_button]

経歴
富山県立富山中部高等学校卒業
金沢医科大学医学部医学科卒業
順天堂医院 初期研修医
順天堂医院 初期研修修了
順天堂医院 整形外科入局
順天堂大学大学院 整形外科学講座
下記順天堂医院関連施設にて勤務・研修
(順天堂本院、順天堂練馬、伊東市民病院、宮川病院、杏雲堂病院、浅草病院、東部地域病院、賛育会病院、王子病院 等)
日本整形外科学会認定 整形外科専門医取得
順天堂大学大学院 医学博士取得
SBCグループ・西新宿整形外科 入職
西新宿整形外科  医院長
ロコモアドバイスドクター 就任
(「ロコモ チャレンジ!推進協議会」公認)

運営者情報

運営クリニック 西新宿整形外科クリニック
住所 〒160-0023 東京都新宿区西新宿7-21-3 新宿大京ビル7階
お問い合わせ 0120-962-992
院長 田邊雄医師