アルギニンは成長ホルモンの分泌を促し、ホルモンバランスを整える作用があります


アルギニンはお子さんの体の成長、とくに身長の伸びに大きく関係している栄養素の一つです。アミノ酸の一種で、骨のつなぎ目にある軟骨組織を増殖させる成長ホルモンを増やし、ホルモンバランスを調整してくれる作用があります。
アルギニンの働きにより、軟骨細胞がどんどん増えてやがて骨となるため、身長の伸びに大きく貢献してくれるのです。

ただし、アルギニンは子供の頃は体内では増えにくいため、食事から摂取する必要があります。

アルギニンは骨の成長サポート作用があるアミノ酸です

体の筋肉や血液、骨や髪の毛を作るタンパク質は、アミノ酸から作られています。
このアミノ酸の一種であるアルギニンは、体の成長と健康維持のためにさまざまな働きをしているのです。

その一つとして、成長ホルモン分泌の促進しホルモンバランスを整える作用があります。
成長ホルモンは、脳の下垂体という部位から分泌されています。
そして骨の軟骨組織を増殖させ、石灰化して骨を作りだす作用があるのです。

とくに背骨や大骨の骨がどんどん増えていけば、その分身長も伸びるということになります。
つまりアルギニンは、成長ホルモンバランスを正常化し、骨を成長させる重要な役割を担っているというわけです。

お子さんの身長の伸びが心配な親御さんにとっては、アルギニンはぜひとも摂取させたい栄養素の一つだと言えるでしょう。
ただし、アルギニンですが、子供の頃は体内でごくわずかしか生成できないと言われています。
そのため、不足しがちなアルギニンを補給するには外から取り入れるしかないでしょう。
一般的には、食事からの摂取が一番望ましいと考えられています。

豚肉やきな粉などアルギニンを含む食材はたくさんあります


アルギニンはタンパク質の元となるアミノ酸であり、ごく身近な食材にも多く含まれているのです。
代表的なものというと、豚のヒレ肉や鶏の胸肉、牛もも肉といった肉類や、サバやイワシ、しらす干しやかつお節などの魚介類なども当てはまります。
さらに、きな粉や大豆、ゴマやくるみなどの豆やナッツ類にも含まれているのです。

肉や魚などは食事にも取り入れやすく、そこへ大豆製品などを副菜としてプラスすればより摂取量も増えるでしょう。
また、アルギニンの作用を最大限引き出すためには、同時にビタミンCやEも摂取するのがよいと言われています。

アルギニンには、一酸化炭素を生成して血管を拡張させる作用もあります。
血管が広がると血流がスムーズになるので、骨を作る軟骨組織の増殖に拍車がかかり、骨の成長を促進することにもつながるのです。

しかし、酸化しやすいアルギニンはそのままだと体内で一酸化炭素が生成しづらくなります。
ビタミンCとEには酸化を防ぐ作用があり、アルギニンの働きを助けてくれるのです。

また、ビタミンCには成長ホルモンの分泌を抑える酵素を封じこめる作用もあるので、相乗効果が期待できます。

ホルモンバランスを整えるのは、睡眠や運動も大事です

成長ホルモンの分泌を高めるアルギニンを食事から摂取することは、お子さんの体の成長を促すのに必要です。しかし、成長ホルモンの分泌には睡眠や運動なども効果的だと言われています。

睡眠中は成長ホルモンの分泌量が増えますが、とくに寝付いてから2時間位の熟睡時に盛んになります。年齢によって必要な睡眠時間は異なりますが、1日8~9時間以上の質のよい睡眠を確保してあげることが大事です。

そのためには通気性のよい肌着を身に着ける、寝返りが打ちやすい寝具を備えるなど、お子さんの睡眠環境を整えてあげましょう。
さらに夕食は消化を考えて寝る2時間前までに、そして寝る30分前位までにぬるめのお湯につかると深部体温が下がり、ぐっすり眠れるようになります。

また、適度な運動は骨に刺激を与え、さらには体が程よく疲れるので夜の質のよい睡眠にもつながるため、成長ホルモンの分泌促進によいと考えられています。
ただ過度な運動や筋トレは、骨に縦方向の圧力がかかり成長を阻害する可能性があるので注意が必要です。

(まとめ)アルギニンはホルモンバランスにどう影響するの?

1.アルギニンは成長ホルモンの分泌を促し、ホルモンバランスを整える作用があります

骨を伸ばす作用のある成長ホルモンは、アミノ酸の一種アルギニンによって分泌が促され、ホルモンバランスが保たれます。アルギニンは子供の頃は体内では作られにくいので、できる限り食事から摂取することが大事です。

2.アルギニンは骨の成長サポート作用があるアミノ酸です

アミノ酸の一種、アルギニンは骨を伸ばす作用もある成長ホルモンの分泌を促し、ホルモンバランスを整える作用があります。ただ、子供の体内ではアルギニンを合成しにくいと言われているため、食事などから補う必要があるのです。

3.豚肉やきな粉などアルギニンを含む食材はたくさんあります

アルギニンは、豚肉や鶏肉などの肉類やサバやかつお節などの魚介類、きな粉などの大豆製品に多く含まれます。さらにアルギニンの作用を高めるには、ビタミンCやEなどの栄養素をと一緒に摂取するとより効果的です。

4.ホルモンバランスを整えるのは、睡眠や運動も大事です

成長ホルモンの分泌を増やし、ホルモンバランスを整えるには質のよい眠りと適度な運動も効果的です。熟睡できるように寝具などの睡眠環境を整えたり、骨に刺激を与える程よい運動を促したりなどお子さんの成長のためにも工夫してみましょう。

監修医情報

西新宿整形外科クリニック院長
田邊雄医師
たなべ ゆう/Yu Tanabe
経歴
富山県立富山中部高等学校卒業
金沢医科大学医学部医学科卒業
順天堂医院 初期研修医
順天堂医院 初期研修修了
順天堂医院 整形外科入局
順天堂大学大学院 整形外科学講座
下記順天堂医院関連施設にて勤務・研修
(順天堂本院、順天堂練馬、伊東市民病院、宮川病院、杏雲堂病院、浅草病院、東部地域病院、賛育会病院、王子病院 等)
日本整形外科学会認定 整形外科専門医取得
順天堂大学大学院 医学博士取得
SBCグループ・西新宿整形外科 入職
西新宿整形外科  医院長
ロコモアドバイスドクター 就任
(「ロコモ チャレンジ!推進協議会」公認)

運営者情報

運営クリニック 西新宿整形外科クリニック
住所 〒160-0023 東京都新宿区西新宿7-21-3 新宿大京ビル7階
お問い合わせ 0120-962-992
院長 田邊雄医師