アルギニンには成長ホルモンの分泌促進などさまざまな効能があります


アミノ酸であるアルギニンには、骨を成長させて背を伸ばす成長ホルモンの分泌を盛んにする効能があります。
さらに、体の免疫機能を向上させ、病気の発症を防いだり、血管を拡張させて血流を促したりなど体によいさまざまな効能が期待できるのです。

ただ、成長期の子供に必要なアルギニンですが、子供の頃は体内で合成されにくいので食事から補う必要があります。
アルギニンを多く含む肉類や魚類、豆類などを食事に取り入れることが大事です。

アルギニンは成長ホルモンの合成を促し、免疫力を高める効能などがあります

アルギニンはアミノ酸の一種ですが、体内で合成できる非必須アミノ酸に分類されます。
ただ、幼児期は体内で合成されないため、準必須アミノ酸と考えられています。

大人になると体内で合成されますが、今度は加齢とともに合成量も減ってしまうのです。
そしてアルギニンには体によいとされるさまざまな効能があります。
その一つが、成長ホルモンの分泌を促す効能です。

成長ホルモンは脳の下垂体という部位から分泌されます。
アルギニンには脳の下垂体を刺激して、成長ホルモンの分泌量を増やしてくれます。

成長ホルモンは、骨や歯を作るなど体の成長と健康を増進させる役割を担っているのです。

さらに、アルギニンには免疫力を高める効能もあるとされています。
アルギニンは白血球の一種で、免疫細胞のマクロファージを活性化させてくれます。

マクロファージは、体内に侵入した細菌やウイルスなどを排除する役割を担っています。
そのため、免疫力が上がり体が病気にかかりにくくなったり、傷を負っても治りを早めたりする作用が期待できるのです。

アルギニンは血流改善や疲労回復、肌の保湿などの効能もあります


アルギニンには、血管を広げて血流を促す効能もあると考えられています。
血管内で一酸化炭素を増えて血管が拡張し、血流がスムーズになって高血圧や動脈硬化などの生活習慣病を予防する作用も期待できます。
また、脳の血流も促されるので集中力や記憶力アップにもつながるでしょう。

ほかにも、疲労時に増えるアンモニアを解毒し、疲労回復をサポートしたり、肝臓機能を高めたりする効能もあると言われています。
さらに、脂肪燃焼酵素のリパーゼの作用を活発化させるので、アルギニンを摂取することで脂肪の燃焼分解が進み、代謝が上がる効果が期待できるのです。

そして、アルギニンは肌をしっとり潤す保湿効能があることでも知られています。
アルギニンは酵素であるアルギナーゼによって分解され、保湿効果の高い尿素が生成されます。

体内で尿素が増えるため、肌の角質層に水分が閉じこめられ、肌のかさつきや肌荒れを予防する効果が期待できるというわけです。
また肌に張りや弾力をもたらすコラーゲンの生成も促す効能があるとされています。

アルギニンは子供の頃は分泌量が少なく、加齢とともに減るので食事などからの摂取が必要です

アルギニンには、体の成長や健康に欠かせない色々な効能があるのがおわかり頂けたでしょう。
とくにお子さんの低身長が気になる親御さんにとっては、成長ホルモンの分泌を活性化させるアルギニンの効能は、注目すべき点だと言えます。

成長ホルモンの分泌量を増やして、身長の伸びを促すにはアルギニンをより多く摂取することが大事です。

ただし、アルギニンは必要とされている子供の頃、体内で合成しづらい栄養素なのです。
そのため、アルギニンを多く含む食品を食事に取り入れる必要があります。
アルギニンは、きな粉やゴマ、落花生、かつお節やしらす干し、鶏の胸肉や豚肉のロースなどに多く含まれています。

また、アルギニンはビタミンB6と一緒に摂取すると吸収率が上がるのです。
そのため、ビタミンB6を含むマグロやかつお、レバー、じゃがいもやバナナなども積極的に食べるようにしましょう。

ほかにも酢の物やオレンジなどの柑橘系に含まれるクエン酸も、アルギニンの分泌を促すので一緒に摂取しましょう。

(まとめ)アルギニンにはどのような効能があるの?

1.アルギニンには成長ホルモンの分泌促進などさまざまな効能があります

アルギニンには、骨の成長を促し体を大きくするのに欠かせない成長ホルモンの分泌を活性化させる効能などがあります。ただ、子供の頃はアルギニンは体内での合成量が少ないので、食事から不足分を補う必要があるでしょう。

2.アルギニンは成長ホルモンの合成を促し、免疫力を高める効能などがあります

アルギニンは、大人になると体内で生成されますが、子供の頃は体内で生成されにくいため、準必須アミノ酸と呼ばれています。身長を伸ばす作用がある成長ホルモンの分泌を促したり、体の免疫力を高めたりする効能があります。

3.アルギニンは血流改善や疲労回復、肌の保湿などの効能もあります

アルギニンには血管拡張、血流改善作用やアンモニアの解毒による疲労回復作用などの効能もあるのです。さらに、脂肪燃焼酵素を活性化させて代謝を上げたり、肌への保湿効果が高い尿素の生成を促したりする働きもあります。

4.アルギニンは子供の頃は分泌量が少なく、加齢とともに減るので食事などからの摂取が必要です

成長ホルモン分泌を促すアルギニンは子供の頃は体内で合成されにくいので、食事から摂取する必要があります。アルギニンは、鶏肉や豚肉、かつお節やきな粉などの食品に多く含まれ、ビタミンB6やクエン酸などと一緒にとると成長ホルモンの分泌が活発化するでしょう。

監修医情報

西新宿整形外科クリニック院長
齋藤まい医師
さいとう まい/Mai Saito

 

経歴
2006 年 関西医科大学 医学部医学科 卒業
療法人藤井会 石切生喜総合病院 臨床研修医
2008 年 大阪市立総合医療センター 整形外科勤務
2010 年 医療法人浩仁会 南堺病院  整形外科
2011 年 医療法人宝持会 池田病院  整形外科
2016 年 西新宿整形外科

運営者情報

運営クリニック 西新宿整形外科クリニック
住所 〒160-0023 京都新宿区西新宿7-21-3 新宿大京ビル7階
お問い合わせ 0120-962-992
院長 齋藤まい医師