子供のアルギニン摂取はサプリではなく、毎日の食事によって取り入れることがおすすめです


子供の成長に必要なアルギニンは毎日の食事で十分摂ることがおすすめです。サプリを多用してしまうと含まれている成分によってアレルギー反応が出たり、摂りすぎで太ってしまったりする可能性もあるため、注意が必要と言えるでしょう。

また、アルギニンの摂取が十分でも身長が伸びず成長ホルモンの分泌が心配な時には、専門医療機関で専門医の診察を受けましょう。

アミノ酸の一種であるアルギニンは食事からしっかり摂ることで補います

アミノ酸は必須アミノ酸と非必須アミノ酸にわかれ、アルギニンは後者に含まれるため体内でもつくることはできます。
しかし不足しがちで、とくに幼児は足りていないことが多いため、食べ物から十分に摂っておく必要があるのです。

アルギニンの働き

子供の身長を伸ばす成長ホルモンの分泌促進を行うため、背を気にしている子供には積極的に取らせたい栄養素です。
ほかにも疲労回復や体の修復に欠かせない栄養素で、食欲をある程度抑制する働きもあることから太りすぎを防ぐ役割も持っています。

アルギニンが多く含まれる食品を取り入れる

アルギニンの多い食品にはゼラチン・湯葉・かつお節などがありますが、身近で手に入りやすい食材を毎日の料理に取り入れてはいかがでしょうか。
たとえば、高野豆腐・らっかせい・ごま・大豆・しらす干し・くるみなどがあり、メニューに一品加えたりおやつとして出したりすることで食べるチャンスが増やせるでしょう。

摂取するタイミング

アルギニンを取るには運動前後や就寝前がおすすめで、疲労回復に役立つほかに成長ホルモンの分泌量を増やすといわれています。

サプリメントに頼りすぎると子供の健康に影響が出る恐れがあります


成長期の子供にはぜひ取らせたいアルギニンですが、サプリを利用して積極的に摂取を続けることで子供に悪影響を及ぼす可能性もあります。

使われている成分はさまざま

子供にアルギニンのアプリを飲ませようとした時、成分表示をチェックするとアルギニン以外の成分がたくさん入っていることがわかるでしょう。
しかしサプリは薬とは違って厳格な基準があるわけではないため薬のような効果は期待できないもので、あくまで健康食品です。

アレルギーにも注意

サプリの成分の中には過剰摂取によってアレルギー反応が出てしまうものを含んでいる場合があります。そのためアルギニンのサプリを定期的に飲ませるより食べ物から適度に取った方が安心と言えるでしょう。

さらに、普段の食事によって栄養を補給する事は、食べ物が持つさまざまな栄養素を取ることにもつながります。

取りすぎは太る原因になる

アルギニンはタンパク質を構成するアミノ酸の一種のため、摂りすぎるとタンパク質を多く摂ったことになり、余った分は体に蓄積されてしまいます。
成長期の子供にタンパク質はたっぷり必要とはいっても、摂りすぎてしまっては逆効果なので適度に食事から取る方がムリのない方法です。

成長に心配がある、さらに背を伸ばしたい時は専門医に相談しましょう

食べ物から十分にアルギニンを摂っていても身長がよく伸びない場合、成長ホルモンの分泌量が心配になるでしょう。
その場合は早めに専門医に診てもらうことがおすすめで、受診先は低身長についての専門医のいる医療機関を選ぶことです。

専門医療機関では、身長が周りよりも低く心配な場合だけでなく、子供自身が背の高さにコンプレックスを持っている場合に対しても診察を受けることができます。

コンプレックスはストレスになる

成長曲線では成長の仕方に心配がなくても、もう少し身長を伸ばしたいとコンプレックスを抱えていれば、それがストレスとなり成長に影響が出る可能性もあります。
そのため専門医療機関で相談し、必要性や効果が期待される場合には成長ホルモン治療のような積極的に身長を伸ばそうとする施術に取り組み改善する方法も選ぶことができるのです。

成長ホルモン治療はムリなく続けられる

成長ホルモン製剤を注射し続けることが成長ホルモン治療の方法ですが、注射のたび通院するわけではなく、ごく短い針の注射器を使って子供自身や家族がうつためムリなく続けやすい施術です。
長い期間続ける必要がありますが、定期的な診察以外はそれほど手間もかからないため取り組みやすいでしょう。

(まとめ)子供にアルギニンをサプリで取らせてもいいの?

1.子供のアルギニン摂取はサプリではなく、毎日の食事によって取り入れることがおすすめです

アルギニンは食事で摂るようにしサプリはアレルギーなど子供の健康に影響を及ぼす可能性があるため、継続して使うことは避けましょう。
アルギニンが十分でも身長が伸びてこない時は専門医療機関を訪れる方法があります。

2.アミノ酸の一種であるアルギニンは食事からしっかり取ることで補います

アルギニンは食事からしっかり摂りますが、これは成長ホルモンの分泌促進を行うため身長を伸ばしたい子供には積極的に取らせましょう。
そしてアルギニンは運動前後や寝る前に摂ると役に立つといわれています。

3.サプリメントに頼りすぎると子供の健康に影響が出る恐れがあります

サプリでアルギニンを摂っても効果が必ず出るとは言えず、時には成分によってアレルギーが起こる可能性もあります。
またサプリでアルギニンを摂りすぎると太ってしまうこともあり、身長を伸ばしたい時には逆効果になるかもしれません。

4.成長に心配がある、さらに背を伸ばしたい時は専門医に相談しましょう

アルギニンの摂取ができていても身長が伸びない時は専門医に相談してみましょう。
またあと少し伸ばしたい時も専門医療機関を訪ねると、成長ホルモン治療によって理想の身長を目指す施術が受けられる可能性もあります。

監修医情報

西新宿整形外科クリニック院長
齋藤まい医師
さいとう まい/Mai Saito

 

経歴
2006 年 関西医科大学 医学部医学科 卒業
療法人藤井会 石切生喜総合病院 臨床研修医
2008 年 大阪市立総合医療センター 整形外科勤務
2010 年 医療法人浩仁会 南堺病院  整形外科
2011 年 医療法人宝持会 池田病院  整形外科
2016 年 西新宿整形外科

運営者情報

運営クリニック 西新宿整形外科クリニック
住所 〒160-0023 京都新宿区西新宿7-21-3 新宿大京ビル7階
お問い合わせ 0120-962-992
院長 齋藤まい医師