栄養不足は子供の成長に影響します


栄養不足は子供の心身の成長に重大な影響を及ぼすと考えられています。
身長が伸びていくためには多くの栄養素が必要となりますが、栄養不足の状態では成長の糧となるものを身体が得られず、身長が伸びにくくなるのです。

また栄養不足は、心の成長にも影を落とすことがあると指摘されています。
落ち着きがなかったり、イライラしやすかったりなど、栄養不足によって精神が不安定になりやすいと言われています。
成長期の子供は食事から十分な栄養素を摂ることが重要です。

栄養不足の子供が増えていると言われています

栄養不足は子供の身長が伸びづらくなるだけでなく、さまざまな症状を引き起こすと考えられています。日本は飽食の時代を迎えていると言われていますが、その一方で新型の栄養不足になる子供が増えていることが問題視されているのです。

戦中・戦後の食糧難の時代にも栄養不足の子供は多く存在していましたが、現代の栄養不足は当時のものとは異なっています。
現代の子供たちが陥りやすい栄養不足は、カロリーは十分に足りている、もしくはカロリーを摂りすぎているものの、成長や健康維持のために必要な栄養素が不足している状態です。

身の回りに食べ物が豊富にあるにも関わらず、栄養不足の子供が増えているのは飽食の時代ならではの理由があります。

脂質に偏った食事

ハンバーガーやフライドポテト、スナック菓子などは味が濃く、子供が好みやすいものですが、脂質が高いので食べ過ぎは肥満を招きます。
身長が伸びるために必要なビタミンやミネラルなどが不足しており、子供の成長に適した食事とは言えません。

糖質に偏った食事

菓子パンやアイスクリーム、甘いジュースなども子供が欲しがることが多い食品です。
甘いので口にすると満足感が得られますが、肝心の栄養素はあまり含まれておらず、摂取カロリーが高いわりに栄養補給は期待できません。

炭水化物に偏った食事

米や麺類に含まれる炭水化物は身長が伸びていくために必要な栄養素ですが、摂りすぎが栄養バランスを崩す原因のひとつになっています。
炭水化物ばかり食べていると、その他の栄養素が不足しやすくなるのです。

主食、主菜、副菜を意識したメニューが炭水化物への偏りを防ぎます。

栄養不足の予防と改善はサプリメントではなく食事で行いましょう


サプリメントはさまざまな栄養素を手軽に摂れて便利なものですが、子供の栄養不足を予防・改善するためには食事から栄養素を摂取させましょう。
1日に食事を何回するべきかについては諸説ありますが、1日2食がよいという意見もあれば、1食のみで十分だとする意見もあります。

ただし成長期の子供に限って言えば、身長を伸ばすために多くの栄養素を必要とすることから、1日3食をしっかり食べるべきという意見が多くなっています。
食事を3回に分けることによって、栄養素が効率良く身体に吸収されていき、子供の身長を伸ばすことにつながると考えられているからです。

成長ホルモンの分泌に関わるタンパク質は、必須アミノ酸を豊富に含むものと一緒に摂ると吸収されやすくなります。
必須アミノ酸は人間の体内で作ることができないので、毎日の食事から摂る必要があります。

子供の身長を伸ばすために有効な食生活については、専門医に相談するとよいでしょう。

食育を意識して子供の身長を伸ばしましょう

食育という言葉は明治時代の終わり頃まで、五育のひとつとして広く知られていました。
五育は子供のしつけや教育に関するもので、食が生活の基本になることを述べています。

朝ご飯を抜く子供が増えていることが多いと言われていますが、朝ご飯は1日を元気にスタートするために欠かせません。
朝は忙しくなる時間帯ですが、子供の食事はきちんと用意してあげて、できる限り家族そろって食卓を囲むようにしましょう。

子供の心身が成長していくためには、家族との触れ合いがとても大切です。
身長が伸びなくなる原因は多岐にわたり、親からの愛情不足から身長が伸びなくなることもあります。

食事は栄養不足を解消するためだけのものではなく、親と子供のコミュニケーションのためにもなります。

(まとめ)子供の栄養不足は身長が伸びなくなる?

1.栄養不足は子供の成長に影響します

成長期の子供にとって、栄養不足は心身に重大な影響を及ぼすと考えられています。
身体面では身長が伸びづらくなり、精神面では落ち着きを失ってイライラしやすくなるなど、さまざまなトラブルが起こりやすくなると言われているのです。

2.栄養不足の子供が増えていると言われています

現代は飽食の時代と言われていますが、偏食による新型の栄養不足になる子供が増えていると言われています。
カロリーの摂取量が多くなる半面、ビタミンやミネラルなどの必要な栄養素が不足する傾向にあります。

3.栄養不足の予防と改善はサプリメントではなく食事で行いましょう

子供の栄養不足を予防・改善するにはサプリメントではなく、食事から栄養を摂ることが望ましいです。最適な食事の回数については諸説ありますが、成長期の子供に関して言えば1日3食をしっかり食べさせ、効率的に栄養素を吸収できるようにしましょう。

4.食育を意識して子供の身長を伸ばしましょう

食育は生活の基本であり、子供が健やかに成長していくための指針となります。
朝ご飯を食べる習慣を身につけさせ、食事の時間に家族間のコミュニケーションを深めていきましょう。

監修医情報

西新宿整形外科クリニック院長
田邊雄医師
たなべ ゆう/Yu Tanabe
経歴
富山県立富山中部高等学校卒業
金沢医科大学医学部医学科卒業
順天堂医院 初期研修医
順天堂医院 初期研修修了
順天堂医院 整形外科入局
順天堂大学大学院 整形外科学講座
下記順天堂医院関連施設にて勤務・研修
(順天堂本院、順天堂練馬、伊東市民病院、宮川病院、杏雲堂病院、浅草病院、東部地域病院、賛育会病院、王子病院 等)
日本整形外科学会認定 整形外科専門医取得
順天堂大学大学院 医学博士取得
SBCグループ・西新宿整形外科 入職
西新宿整形外科  医院長
ロコモアドバイスドクター 就任
(「ロコモ チャレンジ!推進協議会」公認)

運営者情報

運営クリニック 西新宿整形外科クリニック
住所 〒160-0023 東京都新宿区西新宿7-21-3 新宿大京ビル7階
お問い合わせ 0120-962-992
院長 田邊雄医師