栄養素を強化した飲み物では子供の身長を伸ばすのは難しいです


カルシウムなど特定の栄養素を強化した飲み物は、飲用を続けたとしても直接的に身長を伸ばすことはできません。

成長に必要な栄養素は基本的に食事から摂取した方がよいとされています。
専門家からは、子供は味覚を育てるための時期を迎えるので、肉や魚、野菜などを口に運ぶことで食事の楽しさを味わうべきという意見が出ています。

子供向けに栄養素が強化された飲み物は子供が好みやすい味に作られていますが、たくさん飲ませたからと言って身長は伸びないことを認識しましょう。
栄養素の過剰摂取が健康被害を招くこともあるので、専門医のアドバイスを受けた上で食生活の改善を行った方が安心です。

子供の身長が低くなる原因があります

子供の身長が伸び悩む原因はいくつも考えられますが、いずれも栄養素を強化した飲み物では解決できません。
低身長の主な原因には次のようなものがあると言われています。

成長ホルモンの不足

成長ホルモン分泌不全性低身長症や甲状腺機能低下症などによって、成長ホルモンの分泌が正常に行われず、低身長を招くことがあります。
出産の際のトラブルによって脳の下垂体がダメージを受け、それによって成長ホルモンの分泌が阻害されてしまうのです。専門のクリニックにて成長ホルモン治療を受けることで、身長を伸ばすことができるでしょう。

染色体の異常

女の子にあるX染色体が1本しかないなど、支障があるものをターナー症候群と言います。
プラダー・ウィリー症候群は15番染色体の変異によるもので、肥満や発達障害が見られることもあります。成長ホルモン治療によって身長が伸び、筋力や代謝が改善される場合もあるでしょう。

子宮内発育不全

SGA性低身長症とも呼ばれており、妊娠週数に比べて小さく産まれた子供が子宮内発育不全に該当します。多くは3歳までに身長が伸びますが、身長が伸びない場合は成長ホルモン治療で改善できるでしょう。

骨や軟骨の異常

胴体に比べて手足が短いなど、身体のバランスに特徴が見られる場合、軟骨異栄養症の可能性があります。他の低身長の原因と同じく、成長ホルモン治療によって改善が見られます。

臓器の異常

心臓、肝臓、腎臓などの主要な臓器の異常も低身長の原因となるのです。臓器に疾患があると十分な栄養素を摂り込めず、身長が伸びにくくなることがあります。
標準身長を大きく下回る場合、成長ホルモン治療を行う場合もあるでしょう。

子供の低身長は専門医に相談しましょう


子供の低身長は専門医に相談することで解決できます。
専門のクリニックでは成長ホルモン治療によって、子供の低身長に対する治療を行っています。

成長ホルモンは口から摂取しても胃腸で分解されしまい、効果を発揮することができません。
そのため、成長ホルモン治療は自己注射による治療となりますが、子供がまだ小さい場合は両親が注射をして対応します。

治療前に専門医からの指導があるため、不安にならなくて大丈夫です。
痛みの軽減に配慮したペン型の注射器を用いるため、子供が恐怖やストレスを感じるリスクも低くなっています。

在宅での治療となるため、定期検診以外は通院する必要がなく、時間的な余裕がないご家庭でも負担にはなりません。
ただし注射は毎日打つ必要があるので、打ち忘れのないように自己管理をしましょう。

日々の食事が健やかな身体を作ります

栄養素を強化した飲み物は手軽に栄養素の補給ができるイメージがありますが、食事から栄養素を摂ることが成長期の子供には不可欠です。
とくに成長ホルモンの分泌に関与するタンパク質の摂取を重視していきましょう。

タンパク質には肉や魚から摂取できる動物性タンパク質と、大豆などから摂取できる植物性タンパク質があります。
どちらも同じタンパク質ですが動物性タンパク質は必須アミノ酸を豊富に含み、植物性タンパク質は低脂肪であるというメリットがあります。
どちらに偏っても栄養バランスを崩すことになるため、動物性と植物性をまんべんなく食べさせてあげましょう。

タンパク質は筋肉や骨、血液、臓器などを構成する材料になるので、成長期の子供に積極的に摂らせたい栄養素であることを覚えておきましょう。

(まとめ)栄養素を強化した飲み物で子供の身長を伸ばせる?

1.栄養素を強化した飲み物では子供の身長を伸ばすのは難しいです

特定の栄養素を強化した飲み物は、栄養素を摂取しやすく便利というイメージがありますが、飲んでも身長を伸ばす効果は得られません。
栄養素の過剰摂取による健康被害が起こるリスクがあるので、食生活の改善は専門医のアドバイスを受けた方が安心です。

2.子供の身長が低くなる原因があります

子供の身長が伸びない原因はいくつもありますが、栄養素を強化した飲み物では解決することができません。成長ホルモンの不足や染色体の異常など、低身長を招く原因は成長ホルモン治療によって改善させることが可能です。

3.子供の低身長は専門医に相談しましょう

子供の身長が伸びない悩みは、専門のクリニックで成長ホルモン治療を受けることで解決できます。成長ホルモン治療は在宅での自己注射となるため、通院で時間を拘束されないというメリットがあります。

4.日々の食事が健やかな身体を作ります

食事から栄養素を摂ることが成長期の子供には不可欠であり、栄養素を強化した飲み物は食事にはかないません。
とくに重視したいタンパク質は動物性と植物性の両方からバランス良く摂取し、子供の成長につなげていきましょう。

監修医情報

西新宿整形外科クリニック院長
田邊雄医師
たなべ ゆう/Yu Tanabe

[su_button url=”https://www.ns-seikeigeka.com/dr.html#tanabe” target=”blank” style=”flat” background=”#edc726″]詳しくはこちら[/su_button]

経歴
富山県立富山中部高等学校卒業
金沢医科大学医学部医学科卒業
順天堂医院 初期研修医
順天堂医院 初期研修修了
順天堂医院 整形外科入局
順天堂大学大学院 整形外科学講座
下記順天堂医院関連施設にて勤務・研修
(順天堂本院、順天堂練馬、伊東市民病院、宮川病院、杏雲堂病院、浅草病院、東部地域病院、賛育会病院、王子病院 等)
日本整形外科学会認定 整形外科専門医取得
順天堂大学大学院 医学博士取得
SBCグループ・西新宿整形外科 入職
西新宿整形外科  医院長
ロコモアドバイスドクター 就任
(「ロコモ チャレンジ!推進協議会」公認)

運営者情報

運営クリニック 西新宿整形外科クリニック
住所 〒160-0023 東京都新宿区西新宿7-21-3 新宿大京ビル7階
お問い合わせ 0120-962-992
院長 田邊雄医師