タンパク質などの栄養素を含む食材をバランス良く使ったおかずは、栄養価が高く子供の発育を促します


子供の体の成長を促すためには、タンパク質やビタミン、ミネラルなどを含んださまざまな食材を使ったおかずが、栄養価も高くなるのでよいとされています。
肉や魚、野菜などを上手に組み合わせたシチューなどのおかずがおすすめです。

逆に市販のおかずの中には、子供の成長を妨げる食品添加物を含むものもあるので選ぶ際には注意が必要です。

子供の体を成長させるのは、さまざまな食材を使った栄養バランスのよいおかずです

子供の身長を伸ばすなど体の成長を促すためには、乳製品や海藻などに多いカルシウムたっぷりのおかずがよいのではと思われがちです。
カルシウムもたしかに骨を丈夫にするので、子供の体の成長には欠かせない栄養素ではあります。

しかし、体内に吸収されにくく骨を伸ばす効果は期待できません。
体を大きく、逞しくするにはすべての体内細胞の元となるタンパク質が重要なカギを握っています。
たんぱく質は、骨や筋肉、血液を作り出したり、ホルモンの分泌や免疫力向上をはかったりなど体の成長にかかわる役割を担っています。
ただし、タンパク質だけでは体や脳の動きを活性化するのは不十分です。

エネルギーとなる炭水化物やミネラル、ビタミンなどの栄養素も必要不可欠なので栄養バランスのとれたおかずというのが、子供の発育に適していると言えます。

具体的には、良質なたんぱく質を含むのは鶏や豚、牛などの肉類、マグロや鮭、タラなどの魚類、納豆などの大豆製品に卵、チーズや牛乳などの乳製品です。
さらに、骨を作る成長ホルモンの分泌を助ける亜鉛やビタミンC、カルシウムの吸収を助けるマグネシウムやビタミンD、Kなどの栄養素の必要です。

肉や魚、野菜などをうまく組み合わせたおかずは栄養価に優れています


子供の身長を伸ばしたり、体を大きくしたりするための栄養価が高いおかずはたくさんあります。
体の成長を促す栄養素を多く含み、しかも手軽に作れて子供に人気のあるおかずなら、ムリなく必要な栄養素が摂取できて親御さんにも効率的です。

たとえば、小松菜やシラス入りの卵焼きや鶏肉、じゃがいもや人参、牛乳などが入ったクリームシチュー、鮭のムニエルキノコソースがけ、ニラや玉ねぎを入れ卵でとじた牛すき焼き煮などが挙げられます。
肉や魚などの主菜に野菜やキノコなどを一緒に炒める、煮る、もしくは副菜で足らない栄養を補えるように工夫すれば、さほど難しくはありません。

毎日の献立のレシピもネットなどでたくさん紹介されているので、子お子さんの好みも考慮しながらも、そのまま取り入れてしまえばさらに楽です。

どうしても忙しくて、おかずの数が少なく栄養が偏りがちな場合は、具沢山の汁物を一品加えてみましょう。
味噌汁やコンソメスープなど味のベースを決めたら、後は野菜やキノコ、肉や魚などを組み合わせて煮込んでしまえば出来上がるので、時短にもつながるでしょう。

栄養が偏ったおかずや、不規則な時間の食事は成長を妨げるリスクがあります

子供に食べさせる市販のおかずの中には、保存料や防腐剤、着色料などの食品添加物が含まれているものもあります。
また、輸入のトウモロコシや大豆の中には、遺伝子組み換え加工品の原材料として使われているものもあります。

蓄積すると、体の成長を促す栄養素の吸収を阻害したり、体の不調を招いたりするため、子供の発育や健康を損なうリスクも高まってくるでしょう。
市販のおかずを購入する際は、原材料をチェックしてより安全なものを選ぶことが大事です。

さらに、どうしても好き嫌いが直らないというお子さんも多いので、成長に必要な栄養素を含んだ食品をバランス良くとらせるのは難しいかもしれません。

卵焼きに混ぜるなどして始めはわからないように隠してみたり、同じ栄養素のある別の食材で栄養を補ってみたりしてみましょう。
そして成長するにつれ、少しずつ食べさせて焦らないようして徐々に克服していきましょう。

また1日3食きちんと食べずに、夕食や夜食でドカ食いしたり、遅い時間の食事、ダラダラしながら食べたりするといった食習慣も成長ホルモンの分泌を妨げるので、正しい食習慣を身に着けさせることも大事です。

(まとめ)子供の成長に効果的な栄養価の高いおかずとは?

1.タンパク質などの栄養素を含む食材をバランス良く使ったおかずは、栄養価が高く子供の発育を促します

栄養価が高く、子供の発育を促すのは、タンパク質やビタミン、ミネラルなどが含まれた食品を組み合わせたおかずです。
市販のおかずを購入する際は、食品添加物に気を付けてより安全なものを選びましょう。

2.子供の体を成長させるのは、さまざまな食材を使った栄養バランスのよいおかずです

子供の発育には、特定の栄養素だけではなく骨や筋肉をつくるタンパク質を始め、ビタミンやミネラルなどのさまざまな栄養素をバランス良くとることが大事です。
肉や野菜、乳製品や野菜などを複数使ったおかずは、栄養価が高く丈夫な体づくりに効果的です。

3.肉や魚、野菜などをうまく組み合わせたおかずは栄養価に優れています

肉や魚、野菜などを組み合わせたシチューや魚のムニエルなどは栄養面でも優れています。
さらに、汁物に色々な具材を入れて煮込むだけて簡単に栄養のあるおかずができるので時短にもなります。

4.栄養が偏ったおかずや、不規則な時間の食事は成長を妨げるリスクがあります

市販のおかずには、子供の体の成長を阻害するリスクのある食品添加物や遺伝子組み換え食品が含まれているものもあるので注意が必要です。
また、遅い時間の食事など食習慣の乱れも成長ホルモン分泌の妨げになるので、正しい食習慣を身につけさせましょう。

監修医情報

西新宿整形外科クリニック院長
齋藤まい医師
さいとう まい/Mai Saito

 

経歴
2006 年 関西医科大学 医学部医学科 卒業
療法人藤井会 石切生喜総合病院 臨床研修医
2008 年 大阪市立総合医療センター 整形外科勤務
2010 年 医療法人浩仁会 南堺病院  整形外科
2011 年 医療法人宝持会 池田病院  整形外科
2016 年 西新宿整形外科

運営者情報

運営クリニック 西新宿整形外科クリニック
住所 〒160-0023 京都新宿区西新宿7-21-3 新宿大京ビル7階
お問い合わせ 0120-962-992
院長 齋藤まい医師