おにぎらずは具材の組み合わせにより、子供の発育に必要な栄養価がアップします


おにぎらずは、にぎらないので手が汚れず、短時間で作れるなどのメリットがあります。

また、肉や魚、卵や乳製品、野菜など具材のバリエーションも豊富です。
具材をうまく組み合わせることで、タンパク質やビタミンなどが補給できてお子さんの体の成長を高める、栄養価に優れたおにぎらずも作れます。

作り方も簡単で、平たくすることで食べやすいのでお弁当にも適しています。

おにぎらずは具材を工夫すれば、子供の発育によい食べ物だと言えます

おにぎらず海苔の上にご飯と大きめの具材をのせて、海苔で包みこむ、いわば「にぎらないおにぎり」のことです。

忙しい毎日でも簡単に作れて、手が汚れにくく半分にカットして中身を見せることで楽しさも広がります。
手軽でおいしく、薄いので食べやすいため子供にも人気があり、親御さんにもありがたい食べ物だと言えます。

ただ、子供の体の成長に必要な栄養が、おにぎらずにあるのかと心配になる親御さんもいるでしょう。
おにぎらずは具材のバリエーションが豊富なので、栄養バランスを考えて色々工夫することが可能です。
おにぎらずは、ある程度具材の量や種類が多くても、中身が外にはみ出す煩わしさがありません。

また好き嫌いがある子供だと、おかずのみではムリでもご飯に混ぜることで食べられる場合があります。

しかし食事の度に、ご飯とおかずを混ぜて食べさせるのは手間がかかります。
おにぎらずだと、子供が苦手な野菜や肉、魚加工品などを上手に組み合わせてご飯に包むことで克服できる場合もあるでしょう。

おにぎらずに使われる具材は組み合わせによって栄養価を高めることができます


では具体的に、おにぎらずに用いられる具材の栄養価について見ていきましょう。

まず、白米の主成分は炭水化物で、タンパク質や脂質などが含まれています。
とくにタンパク質にはアミノ酸がバランス良く含まれており、吸収率も高く体のエネルギーを作り出す源となります。

さらに海苔は、白米のエネルギー代謝を助けるビタミンB1やB2などのビタミン、骨を強くするマグネシウムなどのミネラルや整腸作用のある食物繊維などの成長を促す栄養素が含まれているのです。
ただ、白米と海苔だけでは栄養が十分とは言えないので、具材をプラスすることで栄養バランスが整います。

おにぎらずの具材は、基本的に魚や肉、卵や乳製品などのたんぱく質と野菜、海藻類の組み合わせが栄養面からもベストだとされています。

たとえば、カリッと焼いたハムやベーコン、厚焼き玉子とレタスや、照り焼きチキンにレタス、ゆで卵や、鮭フレークにチーズなどが人気です。
ほかにも豚肉のしょうが焼きや焼き肉に千切りキャベツ、チーズや人参や鶏肉などと炒めたケチャップご飯に、海苔の代わりに薄焼き卵で巻くオムライス風おにぎらずもよいでしょう。

短時間で簡単にできるおにぎらずの作り方を紹介します

おにぎらずは短時間でできて、簡単なので子供と一緒に作ることも可能です。
食事やお弁当に取り入れたいという方のために、オーソドックスなハムと卵焼き、レタスの具材で作り方を見ていきましょう。

  1. ハムを焼いて厚焼き玉子を作り、2つを冷ましておきます
  2. ラップを敷いて海苔を広げ、ご飯を海苔の中央に半分のせて平らにします
  3. レタスを並べて、厚焼きたまごとハムをのせ、残りのご飯をのせて伸ばします
  4. 海苔の四隅の角を中央へ折り、ご飯を包み込むようにしラップも被せて形を整え、海苔がご飯に馴染むまで1、2分程おいておきます
  5. おにぎらずの真ん中を、ラップごと包丁でカットしたら出来上がりです

カットの際は、ラップを外さないで包丁を少し濡らし、大きく動かして一気に切るほうが具材ははみ出さずにキレイに仕上がります。

また、ご飯の量の目安としては大体子供茶碗で2杯位がよいとされています。
そして海苔にご飯や具材をのせる際は、海苔が長方形の場合は長さが短い側にやや寄せてのせると、海苔が巻きやすいので参考にしてください。

(まとめ)おにぎらずには子供の成長によい栄養が含まれている?

1.おにぎらずは具材の組み合わせにより、子供の発育に必要な栄養価がアップします

おにぎらずは平たいので食べやすく、にぎらないので短時間で簡単に作れる子供にも人気の食べ物です。具材の種類も豊富なので、栄養バランスを考えて組み合わせることで栄養価の高いおにぎらずが作れます。

2.おにぎらずは具材を工夫すれば、子供の発育によい食べ物だと言えます

おにぎらずは簡単に、しかも時短でできて、子供にも食べやすいので人気の食べ物です。
しかも組み合わせ次第で具材の種類も豊富なため、工夫すれば栄養価を高めることも可能です。

3.おにぎらずに使われる素材は組み合わせによって栄養価を高めることができます

おにぎらずに使われる白飯には、体のエネルギーとなる炭水化物、海苔にはエネルギー生成を助けるビタミンが含まれています。
さらに栄養価を高くするには、肉や魚、卵などのたんぱく質と野菜などのミネラル、ビタミンを具材で組み合わせるのがポイントです。

4.短時間で簡単にできるおにぎらずの作り方を紹介します

ハムやレタス、卵を具材としたおにぎらずは子供受けもよく栄養バランスが取れているのでおすすめです。
ラップに海苔を敷き、ご飯具材、ご飯の順に広げて海苔の四隅を真ん中に向かって包み込むだけととても簡単に作れます。

監修医情報

西新宿整形外科クリニック院長
田邊雄医師
たなべ ゆう/Yu Tanabe

[su_button url=”https://www.ns-seikeigeka.com/dr.html#tanabe” target=”blank” style=”flat” background=”#edc726″]詳しくはこちら[/su_button]

経歴
富山県立富山中部高等学校卒業
金沢医科大学医学部医学科卒業
順天堂医院 初期研修医
順天堂医院 初期研修修了
順天堂医院 整形外科入局
順天堂大学大学院 整形外科学講座
下記順天堂医院関連施設にて勤務・研修
(順天堂本院、順天堂練馬、伊東市民病院、宮川病院、杏雲堂病院、浅草病院、東部地域病院、賛育会病院、王子病院 等)
日本整形外科学会認定 整形外科専門医取得
順天堂大学大学院 医学博士取得
SBCグループ・西新宿整形外科 入職
西新宿整形外科  医院長
ロコモアドバイスドクター 就任
(「ロコモ チャレンジ!推進協議会」公認)

運営者情報

運営クリニック 西新宿整形外科クリニック
住所 〒160-0023 東京都新宿区西新宿7-21-3 新宿大京ビル7階
お問い合わせ 0120-962-992
院長 田邊雄医師