体づくりに欠かせないタンパク質は子供の身長を伸ばすために必要な栄養素です


子供の身長が伸びるためには、骨で軟骨細胞を増やすためのタンパク質が必要です。骨端線で軟骨細胞が増えることで長くなっていくため、タンパク質はもちろん体内で代謝させるためのビタミンB6も合わせて取りましょう。

そして子供の骨を伸ばそうとする成長ホルモンの分泌がスムーズであることも、子供の身長の伸び方に関わりがあります。
そのため睡眠不足に注意しストレスがたまりすぎないように適度に発散しましょう。

子供の身長を伸ばすためにタンパク質は欠かせません

子供の骨には骨端線という軟骨細胞でできた部分があり、ここで細胞が増えると骨が長くなるため身長が伸びていきます。
軟骨細胞をつくるためにはタンパク質が必要なので、成長期の子供にタンパク質は欠かせない栄養素といえるのです。

成長ホルモンをつくる

タンパク質は成長ホルモンをつくるためにも使われ、子供の身長を伸ばす働きを促すには成長ホルモンのスムーズな分泌が必要です。
成長ホルモンはそれ以外にも体の修復や疲労回復、脂肪の燃焼も促すので、体調を整えることにも役立ちます。

すべての食事でタンパク質を含んでいることがポイント

毎日の食事すべてでタンパク質が含まれていることは、成長期におけるポイントの一つです。

たとえば、おやつについてもタンパク質が含まれているのかチェックしましょう。
甘いお菓子やジュース、スナック菓子は消化の負担がかかる上に栄養素はほぼないことから、肉入りお好み焼きのようなタンパク質の入ったおやつがおすすめです。

カルシウムは骨を丈夫にする働きを持つ

背を伸ばすにはカルシウムとの説もありますが、カルシウムは骨を強く丈夫にする栄養素のため、タンパク質を十分取った上で不足のないように取りましょう。牛乳はカルシウムを取りやすいからと毎日大量に飲むと太りすぎの心配があるので、適量にすることです。

タンパク質の吸収などに必要な栄養素も忘れず取りましょう


体内に取り入れたタンパク質を消化吸収し再合成するためには、その他の栄養素も必要になるので、タンパク質だけに限らずあらゆる栄養素をバランス良く取りましょう。

ビタミンB6はタンパク質の代謝に役立つ

タンパク質の摂取量が増えるほど代謝するために必要となるのがビタミンB6で、肉・魚・サツマイモ・アボカドなどに含まれています。

具体的な食材としては、牛・豚レバー・鶏ささみ・マグロ・サバなどがあり、植物性食品より動物性食品の方が効率良く体内で利用されるといわれています。

タンパク質とビタミンB6を同時に摂れるメニュー例

タンパク質とビタミンB6の両方を含む食材を上手に取り、体内で使われるタンパク質の量を増やしましょう。

たとえば牛肉のオイスターソース炒めは牛肉に色取りを鮮やかにするためパプリカとキノコ類を加え、オイスターソースで炒める簡単なメニューです。
ほかにも鶏肉の梅じそ蒸しは、電子レンジで鶏肉の調理ができるため一品加えたい時にも便利ですが、皮は脂肪が多いので剥がしてもかまいません。

作り方は簡単で、食べやすい大きさに切った鶏肉とえのきを、種を抜いてつぶした梅干しと塩やしょうゆであえ、レンジで加熱したあとで大葉を添えれば出来上がりです。

タンパク質を成長に使うため成長ホルモンを分泌させましょう

成長ホルモンの分泌が十分であれば体内に入ったタンパク質の代謝がスムーズになり、骨を伸ばす働きを促して背を高くします。
そのために成長ホルモンを分泌させる生活習慣も心がけましょう。

夜の睡眠時間をしっかり取る

夜寝ている時間に成長ホルモンの分泌がもっとも盛んになるため、その時間が不足しないように十分取ることが必要です。
しかし習い事やゲームを楽しみたいために夜更かしをする子供が多いため、少しでも早い時間に眠ることができるように促しましょう。

ストレスを抱えない

成長ホルモンの分泌は脳の働きと関係があるため、大きなストレスを抱え続けているとその影響で分泌がスムーズではなくなることがあります。
そのため日頃からストレスをため込まないようにして適度に発散するようにしましょう。

子供を取り巻く環境の中で、親による干渉のしすぎもストレスの原因の一つになることから期待のしすぎにも注意することです。

しかしこれらの生活習慣が改善されても子供の身長がそれほど伸びなければ、専門医療機関への相談も一つの方法になります。

(まとめ)子供の成長に必要な栄養素はタンパク質?

1.体づくりに欠かせないタンパク質は子供の身長を伸ばすために必要な栄養素です

骨の軟骨細胞を増やして子供の骨を伸ばすためにタンパク質が必要で、タンパク質の代謝にはビタミンB6も欠かせません。
成長ホルモンも子供の骨を伸ばすために必要なため、睡眠を十分取り、ストレスをためこまないようにしましょう。

2.子供の身長を伸ばすためにタンパク質は欠かせません

骨端線の軟骨細胞を増やして骨を伸ばすためにタンパク質が必要で、その働きを促す成長ホルモンをつくるためにもタンパク質は欠かせません。
毎日の食事で十分に取ることを心がけ、おやつにもタンパク質が含まれているようにしましょう。

3.タンパク質の吸収などに必要な栄養素も忘れず取りましょう

成長に必要なタンパク質を摂ったら、その代謝をするために必要なビタミンB6も取りましょう。
肉や魚、サツマイモ・アボカドなどにビタミンB6は含まれていますが、動物性食品で摂った方が体内での効率がよいといわれています。

4.タンパク質を成長に使うため成長ホルモンを分泌させましょう

成長ホルモンが十分分泌されるとタンパク質が身長を伸ばす働きに役立ちやすくなります。
そのためには睡眠不足を避けてストレスをためこまないようにすることもポイントです。

監修医情報

西新宿整形外科クリニック院長
齋藤まい医師
さいとう まい/Mai Saito

 

経歴
2006 年 関西医科大学 医学部医学科 卒業
療法人藤井会 石切生喜総合病院 臨床研修医
2008 年 大阪市立総合医療センター 整形外科勤務
2010 年 医療法人浩仁会 南堺病院  整形外科
2011 年 医療法人宝持会 池田病院  整形外科
2016 年 西新宿整形外科

運営者情報

運営クリニック 西新宿整形外科クリニック
住所 〒160-0023 京都新宿区西新宿7-21-3 新宿大京ビル7階
お問い合わせ 0120-962-992
院長 齋藤まい医師