骨端線が閉じた後は、身長が伸びることはまずないと言われています


大人になると骨同士が癒着して骨端線が消滅し、骨端線が閉じてしまいます。

骨端線が閉じた後は、骨の伸びしろがなくなってしまうため、骨の成長や身長の伸びはほぼ見込めないとされているのです。
この骨端線の閉じる年齢は、一概には言えませんが男女でほぼ決まっています。

骨端線が閉じるまでに、骨の成長を促す睡眠、運動、食事に気を付けた生活を送ることが大事です。

それでもお子さんの成長が不安な方は、専門のクリニックへ相談することも検討してみましょう。

骨端線が閉じることは、骨の成長のストップを意味するとされています

骨端線は、ちょうど骨の端にある軟骨組織の軟骨軟骨帯と呼ばれる部分を示します。
レントゲン撮影をすると、骨は白く写りますが骨端線は黒い線のように見えます。

そもそも軟骨が増えると集まって骨へと変化していき、骨端線が伸びることによって骨が成長していくのです。

とくに大腿骨や背骨などの軟骨が骨化することは、身長の伸びに直結します。
この骨端線は、両端の骨同士がどんどん近づいて幅が狭くなり、最終的にはレントゲンでも見えなくなるのです。
骨端線が見えなくなることを、骨端線が閉じると呼びます。

骨端線が閉じた後というのは、もうこれ以上骨が成長しないことを意味します。

つまり、骨の成熟度が大人レベルに達したため、骨が成長をストップさせ身長の伸びも止まるということになるのです。
そのため、骨端線が閉じた後は、いくら骨の成長によいことをしても身長もそれ以上高くなることはまずないとされているのです。

骨端線が閉じる年齢は男女によって異なりますが、10代後半なのが一般的です


身長の伸びと関係のある骨端線が閉じるのはいつか?が気になる親御さんも多いでしょう。
骨端線の閉じる年齢は男女でも異なり、大体男性で17歳前後、女性では15歳前後だと考えられています。

個々の体の状態によっても年齢にはズレが生じるため、稀に20歳位まで骨端線が存在しているという場合もあり、一概には言えません。

しかし、一般的には10代後半で骨が成熟して身長の伸びが望めなくなるため、その前に骨の成長を最大限促す生活を送ることが大事です。

骨の成長には、脳の下垂体から分泌される成長ホルモンが深く関係しています。
成長ホルモンは、深い眠りについている間に分泌が盛んになるため、お子さんがぐっすり眠れる環境を整えてあげましょう。

そのほか、寝る前のスマホやテレビは控え、通気性の良い寝具を備えるなどの工夫も欠かせません。

さらに、適度な運動も骨端線に程よい刺激を与え、骨の成長を促します。
とくに縦方向の動きのあるバレーボールやバスケットボール、水泳や陸上などの運動を行うのも効果的です。

また、食生活では骨や筋肉を作るタンパク質を始め、骨を強化するカルシウムやマグネシウムなどのミネラル、ビタミンなどバランス良く取り入れた食事も大切でしょう。

お子さんの低身長が気になる場合は、専門のクリニックに相談してみましょう

お子さんの骨の成長や低身長などが心配だという場合は、一度専門のクリニックに相談することも検討してみましょう。

骨端線を伸ばすための生活を心がけていても、なんらかの原因で成長ホルモンの分泌がうまくいかないというケースもあります。

専門クリニックでは、お子さんの成長具合や骨年齢、成長ホルモンの分泌が正常かなどを調べる検査を行います。
問診や手の骨から骨年齢がわかるため、具体的には手のレントゲン撮影、血液中の成長ホルモン濃度を調べる採血検査などを行うことになるでしょう。

結果によっては、さらに詳しい検査が実施される場合もありえます。

検査によって、成長ホルモンが不足していることが分かれば、注射で成長ホルモンを補給するホルモン療法が必要となります。
ただ、ホルモン療法が始まったからといって、注射の度に通院する必要はありません。
キットと薬剤を処方されて自宅での投与を行い、経過観察のため診察を受けるといった形になります。

骨端線が閉じてしまうと、身長を伸ばしていくのはかなり難しくなってしまうでしょう。

そのため、お子さんの身長が気になるのであれば、早めの受診をおすすめします。

(まとめ)骨端線が閉じた後でも身長は伸びるの?

1.骨端線が閉じた後は、身長が伸びることはまずないと言われています

骨端線が閉じた後は骨の成長はほぼないので、身長の伸びも期待できないとされています。
骨端線が閉じる年齢までに、骨の成長を最大限促すような生活を送ることが大事です。

2.骨端線が閉じることは、骨の成長のストップを意味するとされています

骨端線は骨と骨の境目にある軟骨組織の集まりで、軟骨が増殖して骨化することで骨が伸びていきます。
ただし、骨端線の両端の骨がつながると骨端線が閉じてしまい、骨の成長を望むのは難しい状態になるのです。

3.骨端線が閉じる年齢は男女によって異なりますが、10代後半なのが一般的です

骨端線は、おおむね10代後半までに骨が成熟するため、閉じてしまうとされています。

骨端線が閉じるまでに、質の良い睡眠や適度な運動、栄養バランスのとれた食事など骨の成長を促す生活スタイルが重要となるのです。

4.お子さんの低身長が気になる場合は、専門のクリニックに相談してみましょう

骨の良い生活を送っていても、どうしてもお子さんの低身長が心配な場合は、早めに専門のクリニックを受診されることをおすすめします。

さまざまな検査を行い、結果次第では成長ホルモンを補給する治療を受けることで、骨の成長が望める場合もあるからです。

監修医情報

西新宿整形外科クリニック院長
齋藤まい医師
さいとう まい/Mai Saito

 

経歴
2006 年 関西医科大学 医学部医学科 卒業
療法人藤井会 石切生喜総合病院 臨床研修医
2008 年 大阪市立総合医療センター 整形外科勤務
2010 年 医療法人浩仁会 南堺病院  整形外科
2011 年 医療法人宝持会 池田病院  整形外科
2016 年 西新宿整形外科

運営者情報

運営クリニック 西新宿整形外科クリニック
住所 〒160-0023 京都新宿区西新宿7-21-3 新宿大京ビル7階
お問い合わせ 0120-962-992
院長 齋藤まい医師