骨端線が閉じてしまう年齢は大体男子の場合17~18歳、女子の場合15~16歳です


骨が成長し続ける子供の頃は骨端線が開いていますが、大人になると骨端線が閉じ、骨の成長が止まります。

閉じる年齢はに個人差はありますが、男子だと17~18歳、女子では15~16歳だとされています。骨端線の開き具合や骨の年齢を示す骨年齢は、専門のクリニックの検査で調べることができるので、一度試してみるのもいいでしょう。

また、骨の成長には成長ホルモンが必要なので、分泌を促す十分な睡眠、適度な運動、栄養のある食事を盛り込んだ生活を送ることも身長の伸びには大事なことです。

骨端線が開いていれば、身長の伸びが期待できます

骨端線は、骨の端にある骨と骨との連結部分にあたり、レントゲンで骨は白いのに対し黒い線状に写ります。
骨の先端の軟骨組織が増殖すると軟骨が作られ、積み重なっていくのです。
軟骨の集合体がやがて石灰化し、硬い骨へと変化することで骨が伸びていくというメカニズムになっています。

成長期の子供のみ存在している状態を、骨端線が開いていると言います。
大人になり骨端線を挟む骨が成熟して癒着しつながることで、やがてなくなっていきますが、閉じるという表現がなされるのです。

骨端線が開いている間は、骨は成長する可能性がありますが、逆に骨端線が閉じると骨はもう伸びなくなるのです。
骨端線が閉じる年齢も大体決まっていて、男性では17、8歳前後、女性では15、6歳前後とされています。

個人差があるので一概には言えず、20歳でも閉じていないケースもありますが、間もなく閉鎖する場合がほとんどです。

骨端線が閉じるまでが骨の成長、身長の伸びのチャンスと言えます。

骨端線が開いているかは、専門のクリニックの検査で知ることができます


成長期のお子さんがどのくらい身長が伸びる可能性があるのかについて、気になる親御さんもいるでしょう。
骨の成長程度を確認するためには、専門のクリニックで検査を受ける方法もあります。
軟骨が骨化される割合というのは、年齢によってある程度決まっているのです。

骨のレントゲン撮影を行うことで、骨の成長の目安となる骨年齢や骨端線の開閉具合などを知ることができます。

それらが顕著に表れるのが、多くの骨が集まり規則的に骨化が行われる手の骨だと言われています。
手の骨を見てお子さんの実年齢と一般的な骨年齢がマッチするかを確認し、骨が年齢に見合うだけの成長を遂げているか否かを判断できるのです。

つまりお子さんの実年齢よりも骨年齢が高い、つまり骨端線が細いと骨の成長が実年齢よりも進んでいることになります。

逆に、実年齢よりも骨端年齢が若い、つまり骨端線の幅が広いと骨の成長が実年齢よりも追いついていないことが言えるでしょう。
しかし裏を返せば、まだ今後骨が伸びる可能性が残されていることになるのです。

さらに骨の成長には、脳の下垂体から分泌される成長ホルモンが必要となります。
成長ホルモンの分泌量異常があり、分泌量が少ないと骨の成長は遅れます。

専門のクリニックでは採血検査などで成長ホルモンの分泌量を測定でき、不足していると判断されたらホルモン療法を開始することも可能です。

骨の成長を促すには、睡眠や運動、栄養バランスのとれた食事が必要です

成長ホルモンには、骨の成長を促す作用がありますが、生活環境によってある程度分泌量を増やすことも可能です。
成長ホルモンは、寝付いてから約3時間までの深い睡眠中、とくに盛んに分泌されるので、お子さんに十分な睡眠をとらせることが大事となります。

そのためには、心身をリラックスさせて脳を落ち着かせる副交感神経を優位にするために、寝る前はスマホなどの光を見ない、部屋を薄暗くして寝やすい環境を整えましょう。

また、昼間に体を動かすと血流が良くなり、成長ホルモンや骨を作る骨芽細胞に必要な栄養がしっかり行き届くようになります。
骨に適度な刺激が加わる、体が疲れるので眠りにつきやすくなるなどのメリットもあるので、適度な運動を心がけましょう。

そして、骨を作るためには栄養のある食事が必要不可欠となります。
骨の材料となる、タンパク質の一種コラーゲンやカルシウムを含む食品も大事ですが、それだけでは足りません。

脳のエネルギーとなる炭水化物、そのほかにもビタミンやミネラルなどをバランス良く食事に取り入れ、3食しっかり食べる習慣が身につくように工夫してあげてください。

(まとめ)骨端線が閉じてしまう年齢っていつ?

1.骨端線が閉じてしまう年齢は大体男子の場合17~18歳、女子の場合15~16歳です

骨端線は子供の頃は開いていますが、男女ともに10代後半になると自然に閉じていきます。
骨端線の開閉状態や骨年齢は、専門のクリニックで調べることができるので相談してみましょう。

2.骨端線が開いていれば、身長の伸びが期待できます

骨端線は骨と骨の境目にある軟骨成長帯で、開いていれば骨の成長が見込めるでしょう。
ただし、一定年齢に達すると骨が成熟するので骨端線が閉じてしまい、骨の成長や身長の伸びはストップします。

3.骨端線が開いているかは、専門のクリニックの検査で知ることができます

骨端線の幅や骨の成長度合いがわかる骨年齢は、専門のクリニックのレントゲンや採血などの検査である程度わかるでしょう。

また、骨の成長を促す成長ホルモンの分泌異常の有無も検査で判明するので、一度受診されることをおすすめします。

4.骨の成長を促すには、睡眠や運動、栄養バランスのとれた食事が必要です

骨を作る作用もある成長ホルモンは、十分な質の良い睡眠や適度な運動などの生活習慣の改善である程度分泌が望めます。

さらに、骨の材料となるタンパク質やビタミン、ミネラルなどの栄養バランスの整った食事も大事なので、献立を工夫してあげましょう。

監修医情報

西新宿整形外科クリニック院長
田邊雄医師
たなべ ゆう/Yu Tanabe
経歴
富山県立富山中部高等学校卒業
金沢医科大学医学部医学科卒業
順天堂医院 初期研修医
順天堂医院 初期研修修了
順天堂医院 整形外科入局
順天堂大学大学院 整形外科学講座
下記順天堂医院関連施設にて勤務・研修
(順天堂本院、順天堂練馬、伊東市民病院、宮川病院、杏雲堂病院、浅草病院、東部地域病院、賛育会病院、王子病院 等)
日本整形外科学会認定 整形外科専門医取得
順天堂大学大学院 医学博士取得
SBCグループ・西新宿整形外科 入職
西新宿整形外科  医院長
ロコモアドバイスドクター 就任
(「ロコモ チャレンジ!推進協議会」公認)

運営者情報

運営クリニック 西新宿整形外科クリニック
住所 〒160-0023 東京都新宿区西新宿7-21-3 新宿大京ビル7階
お問い合わせ 0120-962-992
院長 田邊雄医師