骨端線がいつまで開いているかというと、個人差はありますがおおむね10代後半までです


骨端線が開いている時期は、男女では少し年齢が違ってきますが、大体10代後半と言われています。
ただ、個人差があるので20歳を超えても閉鎖していない方も稀にいます。

骨端線が閉じると骨の成長が止まるので、身長を伸ばすには骨端線が開いている間に骨によい生活を送る必要があるでしょう。
主にきちんと睡眠をとる、適度な運動と栄養バランスのとれた食事が大事になります。”

骨端線は男性17歳前後、女性は15歳前後まで開いているのが一般的です

骨端線は、骨と骨の境目にある軟骨組織が集まった部位で成長軟骨帯とも呼ばれます。
軟骨組織の骨芽細胞が分裂を繰り返して増殖し、やがて硬くなって骨化することで骨ができていくのです。

骨端線は子供の頃には存在しますが、成長とともに徐々に幅が徐々に狭くなります。
やがて、骨端線の両端にある骨同士で結合するため、骨端線は自然と消滅していきます。
つまり骨端線が開いている間しか、骨の成長は望めないことになるのです。

骨端線はいつまで存在しているのかというと、一般的には男性で17、8歳位、女性では15、6歳位だと言われています。

もちろん体格など個々のケースで異なるので、一概には言えないため、20歳を超えてもまだ骨端線が開いているケースも稀にあります。
しかし、ほとんどのお子さんは10代後半で骨端線は閉じ、再び開くことはないと考えられているのです。

骨端線が閉じると骨の成長もストップするため、身長の伸びしろもなくなるとされています。

骨の成長を促す生活を送ることが大事です


骨端線が閉じるまでが、身長を伸ばすチャンスとなります。
そのため、お子さんに骨の成長を促すような生活習慣を身につけさせることが大事です。

脳の下垂体から分泌される成長ホルモンは、骨端線にある骨芽細胞の増殖を促す働きを担っています。
その成長ホルモンは、深い眠りについている間に盛んに分泌されます。
成長ホルモンの分泌量が多いと、骨の成長も加速するため身長を伸ばすには、睡眠がポイントとなるのです。

寝つきをよくしてぐっすり眠るには、寝る前に心身をリラックスさせる副交感神経を優位にさせておく必要があります。
そのためには、寝る前のスマホやテレビは控え、食事は寝る2時間前、入浴は湯船にしっかりつかって寝る1時間前までに済ませることが大事です。

また、運動は骨に程よい刺激を与え、成長させる効果が期待できます。
さらに体を動かすことで、血流がスムーズになるので骨芽細胞の増殖に必要な栄養素がしっかり行き届くというメリットもあるのです。

そして、運動で背筋が伸びて姿勢が良くなることで、骨盤が歪みにくくなり背骨への負担が減るので、身長を伸びやすくする環境を整えるという意味でもよいとされています。

骨の成長不足が心配な場合は、専門医に相談してみましょう

骨端線が開いている期間には限りがあり、大人になれば閉じます。
その間に、成長ホルモンの分泌を促す生活をしていれば、一般的に骨の成長や身長の伸びも見込めるでしょう。

しかし、成長ホルモンの分泌機能自体になんらかの異常が見られる場合は、いくら生活に気を付けていても分泌量は増えません。

とくにお子さんの低身長が気になる場合、専門のクリニックでの検査を検討されることがおすすめです。
専門クリニックでは、お子さんのこれまでの成長を成長曲線で示し、問診によって生活習慣などを聞き取りします。

さらに、骨の成長具合は手の骨の骨年齢によってある程度判断できるので手の骨のレントゲン撮影を行ったり、採血をしたりして血液中のホルモン濃度などを測定する検査を行います。
ほかにも脳の疾患により成長ホルモン分泌が妨げられている可能性があれば、CTなどの詳しい検査も行ってくれるのです。
さらに、成長ホルモンの補給が必要だと分かれば、ホルモン療法なども早く始めることができます。

骨端線には寿命があるので、できる限り早く相談されたほうがお子さんの成長の可能性を高めるにはよいと言えます。

(まとめ)骨端線はいつまで開いているの?

1.骨端線がいつまで開いているかというと、個人差はありますがおおむね10代後半までです

骨端線は成長期が過ぎて、骨が成熟する10代後半になると自然に閉鎖するのが一般的です。骨端線が開いている時期は、十分な睡眠と適度な運動、栄養のある食事といった生活習慣を身に着けることが、骨の成長を促すことになります。

2.骨端線は男性17歳前後、女性は15歳前後まで開いているのが一般的です

骨端線は骨が硬くなって成熟する時期、大体男性だと17歳位、早熟なので女性だと15歳前後で閉じるのが一般的です。

骨端線の閉鎖時期には個人差があるので、稀に20歳位でもまだ開いている方もいますが、近いうちに閉じてしまうとされています。

3.骨の成長を促す生活を送ることが大事です

骨端線が閉じるまでは、骨が成長する可能性があるので成長ホルモン分泌を促す生活が重要となります。
十分な質の良い睡眠と程よい運動、骨芽細胞の栄養となるようなタンパク質やカルシウムを含むバランスのとれた食事がポイントとなるでしょう。

4.骨の成長不足が心配な場合は、専門医に相談してみましょう

骨端線が開いているか、骨が成長しているか心配な場合は専門医の診察を受けることも検討してみましょう。

専門クリニックでは、骨年齢や成長ホルモン分泌量を調べる検査を行い、必要であれば成長ホルモンを補充する治療も受けることができます。

監修医情報

西新宿整形外科クリニック院長
齋藤まい医師
さいとう まい/Mai Saito

 

経歴
2006 年 関西医科大学 医学部医学科 卒業
療法人藤井会 石切生喜総合病院 臨床研修医
2008 年 大阪市立総合医療センター 整形外科勤務
2010 年 医療法人浩仁会 南堺病院  整形外科
2011 年 医療法人宝持会 池田病院  整形外科
2016 年 西新宿整形外科

運営者情報

運営クリニック 西新宿整形外科クリニック
住所 〒160-0023 京都新宿区西新宿7-21-3 新宿大京ビル7階
お問い合わせ 0120-962-992
院長 齋藤まい医師