カルシウム自体には骨を成長させ、骨端線を伸ばす作用はありません


カルシウムには骨を強く、太くする作用はありますが、縦に積み重なって伸ばす作用はありません。

骨は枠組みとしてタンパク質の一種、コラーゲンが張り巡らされてそこへカルシウムがかさ増しする形で伸びるからです。

ただ、骨端線の成長にはカルシウムとコラーゲンのほかにも、タンパク質やビタミン、ミネラルなどさまざまな栄養素も必要となるので、栄養バランスの良い食事の摂取が重要となります。”

骨の材料は、カルシウムのみならず枠組みとなるコラーゲンも必要です

カルシウムを多く摂っていれば、骨が作られて骨端線も成長するのでは?と思われがちですが、実はそうではありません。

たしかにカルシウムは、骨を丈夫に強化するためには欠かせないミネラルです。
しかしカルシウムが直接骨を増やすというわけでないので、カルシウムだけでは不十分です。

骨はコラーゲンとカルシウムが結びつくことで伸びていきます。
網目のように張り巡らされたコラーゲンに、カルシウムがくっついて骨ができています。

枠組み、つまりコラーゲン自体が少ないと、いくらカルシウムが多くても、付着する土台がないため骨はそれ以上伸びていかないことがわかるでしょう。
コラーゲンはタンパク質の一種であり、食事から摂取して体内で生成させることもある程度は可能です。

骨端線は骨と骨の境目に存在する帯状の軟骨組織体のことで、両端にある骨芽細胞が増え、作られてた軟骨が骨化して硬くなることで、骨へと変化していきます。
つまり、骨端線はできた軟骨が骨化することでどんどん成長していくというわけです。

骨端線の成長には、栄養バランスの良い食事をきちんと摂ることが大事です


骨端線の成長を促すためには、骨の材料となるコラーゲンとカルシウムなどを摂取することが大事です。

そのために、親御さんはお子さんの食事やおやつのメニューを今一度見直し、改善していく必要があるでしょう。
まず、カルシウムは牛乳やチーズなどの乳製品、小魚や豆腐、豆乳などの大豆製品、海藻類に多く含まれています。

さらに、コラーゲンは牛すじや鶏皮、うなぎや鮭などに多く含まれます。
ただ、コラーゲンは体内で一度アミノ酸に分解され、再合成されてもすべてがコラーゲンに戻るわけではありません。

体内での吸収率もあまりよいとは言えないので、アミノ酸自体を摂取したほうが効率的だとされています。

さらにアミノ酸は、骨芽細胞の増殖を促す成長ホルモンの合成材料でもあります。
アミノ酸はタンパク質に多く含まれるため、肉や魚、卵などもバランス良く食事に取り入れていくことが望まれるでしょう。

また、特定の栄養素に限らず貝類や大豆製品に含まれる、成長ホルモンの分泌を促す亜鉛やほうれん草、ヒジキなどが含まれるマグネシウムなども必要な栄養素となります。

ほかにも、カルシウムの吸収を助ける卵やキノコ類に多いビタミンDなどのビタミン類もバランス良く摂取していくことが、骨端線の成長には欠かせないと言えるのです。

低身長が気になる場合は、一度専門医に相談されるとよいでしょう

コラーゲンやカルシウムなどが含まれる食品を中心に、栄養バランスの取れた骨の成長に良い食事をきちんと摂れば、ある程度の骨の成長は見込めます。

しかし、それでも同年齢の子と比べて我が子が低身長なのが気になるという親御さんもいるはずです。

この場合、骨を伸ばす役割を担う成長ホルモンがうまく分泌されていない可能性もあります。成長ホルモンの分泌状態までは自分ではわからないので、小児低身長外来のある専門クリニックに相談されてみるのも一つの手です。

専門クリニックでは、お子さんの骨端線や骨の状態や、成長ホルモンの分泌状態を確認するために検査が行われます。
検査の結果で、専門医が必要だと判断すれば成長ホルモンを補給するホルモン療法を開始するケースもあるでしょう。

ホルモン療法と言っても、自分の手で注射により注入できるので頻繁な通院の手間もなく、慣れてくれば抵抗感も薄れてきます。
実際にホルモン療法で身長の伸びが確認できたというケースもあるので、骨端線が開いている間なら骨の成長が期待できます。

(まとめ)骨端線はカルシウムで伸びるの?

1.カルシウム自体には骨を成長させ、骨端線を伸ばす作用はありません

カルシウムはあくまでも骨を強化するための役割を担っているため、骨端線を伸ばし、成長させる作用はありません。
骨はコラーゲンとカルシウムとほかの栄養素によって、成長していくので栄養バランスのとれた食事を3食きちんと食べることが重要なのです。

2.骨の材料は、カルシウムのみならず枠組みとなるコラーゲンも必要です

骨は網目のように張り巡らされたコラーゲンの枠組みに、カルシウムがコンクリートのように付着し、強化することで生成されていきます。

そのため、骨を増やして骨端線を成長させるにはカルシウム以外にも、コラーゲンが必要となってきます。

3.骨端線の成長には、栄養バランスの良い食事をきちんと摂ることが大事です

骨端線を伸ばすには、コラーゲンとカルシウムも必要ですが、それだけでは不十分です。

アミノ酸を多く含むタンパク質や、マグネシウムなどのミネラル、ビタミンなどさまざまな栄養素を含んだ食品をバランス良く献立に取り入れることが大事です。

4.低身長が気になる場合は、一度専門医に相談されるとよいでしょう

お子さんの骨の成長に不安を感じてみえるなら、一度専門のクリニックで詳しい検査をすることも検討してみましょう。

検査結果によっては成長ホルモンを注入するホルモン療法が受けられる場合もあり、ある程度の成果も期待できます。

監修医情報

西新宿整形外科クリニック院長
田邊雄医師
たなべ ゆう/Yu Tanabe
経歴
富山県立富山中部高等学校卒業
金沢医科大学医学部医学科卒業
順天堂医院 初期研修医
順天堂医院 初期研修修了
順天堂医院 整形外科入局
順天堂大学大学院 整形外科学講座
下記順天堂医院関連施設にて勤務・研修
(順天堂本院、順天堂練馬、伊東市民病院、宮川病院、杏雲堂病院、浅草病院、東部地域病院、賛育会病院、王子病院 等)
日本整形外科学会認定 整形外科専門医取得
順天堂大学大学院 医学博士取得
SBCグループ・西新宿整形外科 入職
西新宿整形外科  医院長
ロコモアドバイスドクター 就任
(「ロコモ チャレンジ!推進協議会」公認)

運営者情報

運営クリニック 西新宿整形外科クリニック
住所 〒160-0023 東京都新宿区西新宿7-21-3 新宿大京ビル7階
お問い合わせ 0120-962-992
院長 田邊雄医師