タンパク質も骨端線を伸ばし、骨を成長させるのに必要な栄養素の一つです


軟骨組織の集合体である骨端線両端の軟骨細胞を増殖させるには、タンパク質は欠かせない栄養素だと言えます。
とくにタンパク質から作られるアミノ酸の一つ、コラーゲンは骨の土台となるからです。

さらに、骨を分厚く丈夫にするカルシウムやカルシウムを吸収しやすくするマグネシウムなどのミネラル、ビタミンといった栄養素も同じように骨端線の成長には必要となります。

また、十分な睡眠や程よい運動も成長ホルモンの分泌を盛んにしてくれます。

骨を作る材料となるタンパク質を食事からしっかり摂ることが大事です

骨端線は骨と骨の繋ぎ目にある、横線状の軟骨成長帯のことです。
骨端線両端の骨の元となる軟骨細胞が増殖を繰り返し、積み重なってやがて硬くなり、しっかりと骨化することで骨が成長します。

また、タンパク質は体内で筋肉や皮膚、爪、そして骨を作るために欠かせない栄養素です。さらに、タンパク質は複数のアミノ酸によって構成されています。

中でもアミノ酸の一種アルギニンは、成長ホルモンの分泌を促進させるとされています。
つまり、骨端線の成長や身長の伸びにタンパク質は欠かせない栄養素の一つだと言えるでしょう。

タンパク質の中でも、動物性は肉類や魚介類や乳製品、植物性は大豆製品や小麦などに多く含まれています。

植物性と動物性は含まれるアミノ酸の種類が違うので、どちらもバランス良く食事に取り入れていくことが大事です。
中でも、豚ヒレ肉や牛もも肉、いわしやアジ、まぐろの赤身、油あげや納豆などがとくに多く含有しているので、食事からしっかり摂取できるように献立の参考にしてください。

骨端線の成長には、カルシウムやビタミンなどの栄養素も必要です


骨端線を成長させて、身長を伸ばすにはタンパク質だけでは不十分です。
タンパク質を構成するアミノ酸の一つ、コラーゲンは骨の枠組みを作るための材料となります。

しかし、タンパク質だけでは不十分であり、できた骨を強く丈夫にするにはカルシウムが欠かせません。よくカルシウムを摂ると背が伸びると言われていますが、カルシウム自体に身長を伸ばす作用はありません。

しかし、軟骨細胞を石灰化して硬い骨にする、つまりできた骨の枠組みに厚みを加える役割を担っているため、カルシウムは骨端線の成長には必要なのです。

さらに、成長ホルモンの分泌を促す亜鉛やカルシウムの吸収を高めるマグネシウムやビタミンD、タンパク質をアルギニンなどのアミノ酸への分解を促すビタミンB6など他にも骨端線の伸びをサポートする栄養素がたくさんあります。

そのため、亜鉛を含むナッツ類やレバー、マグネシウムを含む海藻類、ビタミンDを含む青魚やキノコ類、ビタミンB6を含む鶏肉やじゃがいも、バナナなどの食品もバランス良く摂取させるようにしましょう。

適度な運動や十分な睡眠も骨の成長には欠かせません

軟骨細胞を活性化させてより多くの軟骨を作るには、脳下垂体からの成長ホルモンをしっかり分泌させることが大事です。
成長ホルモンは睡眠中に多く分泌され、とくに寝付いてから約3時までの熟睡時に分泌が盛んになります。

そのため、8時間以上はしっかり睡眠を摂るよう、規則正しい生活を心がけましょう。

さらに血糖値が高いと分泌されにくいので寝る2時間前の飲食を避ける、強い光を浴びると熟睡しにくいので寝る前のスマホをやめて、部屋を暗くするなどの寝る準備も大事となります。

また、運動は骨端線に刺激が伝わり、軟骨細胞の動きが活発化して、骨を成長させるのに効果的だとされています。
さらに、水泳などの全身運動は血流が良くなるので、軟骨細胞に栄養や成長ホルモンがしっかり届くため、軟骨が作られやすいというメリットもあるのです。

外で思いっきり走り回る、鉄棒にぶら下がる、縄跳びをするといったごく普通の遊びも体が程よく疲労し、夜睡眠をしっかりとれるという効果も期待できます。

(まとめ)骨端線の成長にタンパク質は必要なの?

1.タンパク質も骨端線を伸ばし、骨を成長させるのに必要な栄養素の一つです

タンパク質は骨を作るために欠かせない栄養素であり、中でもアミノ酸のコラーゲンは、骨の枠組みを構築する重要な役目を担っています。

さらに、骨を強化するカルシウムなどのミネラルやビタミンといった栄養素もバランス良く摂取させるようにしましょう。

2.骨を作る材料となるタンパク質を食事からしっかり摂ることが大事です

タンパク質は、骨を作る際の材料となり骨端線の成長には欠かせない栄養素です。
肉類や魚類、乳製品や大豆なども多く含まれるので、毎日の食事でしっかり摂取することが大事です。

3.骨端線の成長には、カルシウムやビタミンなどの栄養素も必要です

骨端線の成長には、骨を丈夫にするカルシウムやカルシウムの吸収を高めるマグネシウムやビタミンDなどの栄養素も必要となります。

それぞれ多く含まれる食品も、お子さんの食事に取り入れるように献立を工夫しましょう。

4.適度な運動や十分な睡眠も骨の成長には欠かせません

骨端線の伸びをサポートする成長ホルモンの分泌を促すには、夜長時間ぐっすり眠ることが大事なので、睡眠環境を整えてあげましょう。

さらに、適度な運動も骨端線によい刺激を与えるので、昼間はできる限り体を動かせるように気を配ってあげてください。

監修医情報

西新宿整形外科クリニック院長
齋藤まい医師
さいとう まい/Mai Saito

 

経歴
2006 年 関西医科大学 医学部医学科 卒業
療法人藤井会 石切生喜総合病院 臨床研修医
2008 年 大阪市立総合医療センター 整形外科勤務
2010 年 医療法人浩仁会 南堺病院  整形外科
2011 年 医療法人宝持会 池田病院  整形外科
2016 年 西新宿整形外科

運営者情報

運営クリニック 西新宿整形外科クリニック
住所 〒160-0023 京都新宿区西新宿7-21-3 新宿大京ビル7階
お問い合わせ 0120-962-992
院長 齋藤まい医師