筋肉がある程度ついても、骨端線に伸びを阻害することはないとされています


スポーツや筋トレなどで体に筋肉がついても、骨端線の骨芽細胞が軟骨を生み出す力が強いため、骨の生成が邪魔されることはないと考えられています。

筋肉を作る運動は、逆に血流を促す、骨端線に刺激を与える、骨芽細胞を活発にする成長ホルモンの分泌を増やすなど骨の成長にもよい効果をもたらします。

一方で、重い負荷のかかる筋トレや運動のやりすぎは骨端線にもダメージを与え、骨芽細胞の動きを弱める場合もあるので注意が必要です。

また、運動以外にも睡眠や栄養バランスのとれた食事も骨の発育には大事な要素となります。

筋肉では、骨が成長する力を押さえることはできないと言われています

筋トレなどをやって、筋肉が発達して太くなると骨を押さえつけるので、骨端線の伸びが悪くなるのでは?と思われがちです。
しかし、骨が伸びていく力は筋肉の力で押さえつけることができない程強力だということが研究などによって明らかになっています。

そもそも骨は、骨と骨の境目にある骨端線に端に存在する、骨端軟骨が積み重なって、石灰化して硬くなることで出来上がっていきます。

骨芽細胞という新しい骨を作る細胞が増殖を繰り返し、軟骨を生成する力は遥かに強く、筋肉ではもはや止めることができないのです。
そのため、筋トレなどで体に筋肉がついても骨の成長にはなんら影響を及ぼすことはないとされています。

また、筋肉の発達を促す適度な運動は、逆に骨端線に程よい刺激となって伝わり、骨芽細胞を活性化させるのによいとも言われているくらいです。

そして体を動かせば、代謝が良くなって血流が促され、骨芽細胞の増殖に欠かせない栄養素までも隅々にまで行き渡るというメリットもあるのです。

筋肉をつける運動は、やりすぎや負荷のかけ方に注意が必要です


筋肉をつける適度な運動は、骨の成長の阻害とはならず、逆に軟骨細胞に良い刺激となるので、積極的に体を動かしたほうがよいでしょう。

ただし、筋トレでもダンベルを持ってのスクワットやうさぎ跳び、低い位置から持ち上げるといったトレーニングは、膝や腰などにかなりの負荷がかかります。

軟骨細胞から生成された骨端軟骨は、柔らかく強い衝撃により壊れて変形してしまう可能性がありますので、激しい筋トレで関節や骨端軟骨が破壊されると、骨の成長が滞るリスクがあります。

そのため、筋トレを行う場合は負荷のかけ方に注意しなければなりません。
子供の頃はマシンを使わないで腕立て伏せなど、自身の体重が負荷となるトレーニングにとどめておいたほうがよいともされています。

また、運動も長時間やりすぎると骨が疲労して骨折したり、骨端線が損傷したりする可能性もあります。
オーバーワークにならないように、親御さんが気をつけ、運動前後は怪我を防止するためにも筋肉をしっかり伸ばすストレッチを行うことも大切です。

身長の伸びが悪い場合は専門のクリニックで検査を受けてみましょう

骨化を促して身長を少しでも伸ばすためには、しっかり睡眠を摂ることも大事です。
ホルモンは、睡眠中に多く分泌されます。
中でも深い眠りの最中に分泌量が増えるため、熟睡できるように睡眠環境を整えてあげることもポイントです。

また、骨を作るタンパク質や骨を丈夫にするカルシウム、カルシウムをより取り込みやすくするマグネシウムやビタミンDなどの栄養も十分摂る必要があります。

お子さんが栄養バランスのとれた食事ができるように、親御さんも献立に工夫してみましょう。

生活改善を行っても、お子さんが低身長気味なのが気になる場合は、専門医に相談してみることを検討してみましょう。
専門のクリニックではレントゲンや採血などといった検査で、骨端線の状態や成長ホルモンの分泌量を調べることが可能です。

検査でホルモン量の不足がわかれば、ホルモンを注入する治療が必要な場合もあります。

早めに治療を受ければ、それだけ骨の成長の可能性が高まるのでまずは足を運んでみることをおすすめします。

(まとめ)筋肉をつけると骨端線が伸びにくいって本当?

1.筋肉がある程度ついても、骨端線に伸びを阻害することはないとされています

体を動かし作られる筋肉は、骨の増殖に関して影響を及ぼすことはまずないと考えられています。

しかし、運動のやりすぎや負荷のかけすぎは生成された柔らかな軟骨を壊す可能性もあるので、気をつけなければなりません。

2.筋肉では、骨が成長する力を押さえることはできないと言われています

骨端線の端にある、新しい骨を作る骨芽細胞の増殖力は、筋肉が抑えられない程の強さがあります。
そのため、筋肉をある程度つけても骨の成長への影響はまずないとされているのです。

3.筋肉をつける運動は、やりすぎや負荷のかけ方に注意が必要です

筋肉がつく運動といっても、きつい筋トレや長時間の練習といったオーバーワークは逆に軟骨や関節を痛め、骨の成長を阻害する可能性があります。
お子さんの運動のやり方や時間についても、親御さんが気をつけてあげましょう。

4.身長の伸びが悪い場合は専門のクリニックで検査を受けてみましょう

骨を伸ばして強化するには、睡眠や栄養満点の食事も必要なので、お子さんの生活スタイルを見直してみましょう。
それでも骨の成長が心配な場合は、専門のクリニックで一度検査を受けられることをおすすめします。

監修医情報

西新宿整形外科クリニック院長
齋藤まい医師
さいとう まい/Mai Saito

 

経歴
2006 年 関西医科大学 医学部医学科 卒業
療法人藤井会 石切生喜総合病院 臨床研修医
2008 年 大阪市立総合医療センター 整形外科勤務
2010 年 医療法人浩仁会 南堺病院  整形外科
2011 年 医療法人宝持会 池田病院  整形外科
2016 年 西新宿整形外科

運営者情報

運営クリニック 西新宿整形外科クリニック
住所 〒160-0023 京都新宿区西新宿7-21-3 新宿大京ビル7階
お問い合わせ 0120-962-992
院長 齋藤まい医師