男性ホルモンや女性ホルモンは、間接的に骨端線を伸ばす作用があります


男性ホルモンや女性ホルモンには、成長ホルモンの分泌を促進する働きがあります。
成長ホルモンには、骨のつなぎ目に存在する骨端線の軟骨細胞を活性化させる作用があり、骨の生成を促す働きを担っています。

つまり、男性ホルモンや女性ホルモンには関節的に骨を伸ばし、強化する作用があると言えるのです。

一方で、過剰分泌が起こると骨の成熟が進み、骨端線は閉鎖へと向かいます。
思春期になると、男性ホルモンや女性ホルモンは分泌量が増えるので骨が一気に成長するチャンスとなります。

性ホルモンは成長ホルモンの分泌を促す作用もあり、骨を伸ばすのに必要なホルモンの一つです

男性ホルモンや女性ホルモンというのは、生殖腺から分泌される性ホルモンのことで主に生殖器の発達や性徴の発現を促す役割を持っています。
つまり、男性もしくは女性らしい体を作る役割を担っているのです。

男性ホルモンや女性ホルモンは、主に第二性徴期である思春期から分泌量が増えていきます。さらに性ホルモンには、骨の成長を促す作用があることでも知られています。

骨と骨の境目にある骨端線には、軟骨細胞が集まっており、増殖を繰り返しながら徐々に骨を伸ばしていくのです。
この軟骨細胞は、脳の下垂体から送られる成長ホルモンの作用により活発化して、骨の生成が進みます。

男性ホルモンや女性ホルモンは、実はこの骨を作る上で欠かせない成長ホルモンの分泌を促す役割を担っているのです。
思春期の始まりには男女差があって、男子は11歳前後、女子は9歳前後からスタートします。

もちろん個人差もあるので、一概には言えませんが、思春期が始まると骨の成長が加速し、身長が急激に伸びるとされています。
この時期にしっかり骨を成長させることが、身長を伸ばすためには重要だと言えるでしょう。

性ホルモンには、骨を成熟させる作用もあります


思春期に入ると、一般的に身長がぐっと伸びていきますが、徐々に骨の成長速度は遅くなり、やがてストップする時期がきます。
男性ホルモンや女性ホルモンには、骨端線でできた軟骨を成熟させて硬くし、大人のしっかりした骨へと変化させる働きもあるのです。

そのため、一定の年齢に達すると骨端線の端と端の骨が結合し、骨端線そのものが消滅してしまいます。骨端線は子供の頃のみ開いているもので、男性だと17~18歳前後、女性では15~16歳前後で閉鎖します。

このように、男性ホルモンや女性ホルモンには骨を成熟させ、骨端線を閉鎖へと向かわせる作用もあるのです。
思春期の骨が一番成長する時期に、成長ホルモンと性ホルモンが絶妙なバランスを保っていれば、骨の生成は加速します。

しかし、中には思春期が始まるより前から、性ホルモンの分泌量が多くなる思春期早発症という病気もあります。
年齢の割には体が早熟なケースであり、専門医にかかれば適切な治療が受けられるので身長が伸びる可能性も残されているでしょう。

思春期に身長を伸ばすためには、生活習慣の改善が必要です

骨の成長が促進されやすい思春期に、しっかり成長ホルモンを分泌させるには、生活の見直しが必要となります。

睡眠中、中でも深い眠りのノンレム睡眠時は、成長ホルモンの分泌が盛んになります。
そのため、夜ぐっすり眠れるような生活スタイルを確立することが大事です。

心身をリラックスさせて脳を休め、眠りにつきやすくするためには寝る2時間前までに食事を、1時間前までに入浴を済ませておくのがポイントです。
そして寝る際は目から光が入らないように、スマホなどを控え、部屋を暗くしましょう。

また、外遊びや水泳などのスポーツは骨端線に刺激が加わり、また血流が促されて骨の生成がより加速します。さらに体が疲れて夜しっかり眠れるようになるので、運動も生活に取り入れたほうがよいでしょう。

そして、食事の栄養バランスにも気を付けてあげる必要があります。

骨を伸ばすたんぱく質を始め、骨を太くするカルシウムや成長ホルモンの分泌を促す亜鉛、カルシウムの体内吸収を高めるマグネシウムなどの栄養素を含んだ食品を、上手に献立に取り入れてあげましょう。

(まとめ)男性ホルモンや女性ホルモンが骨端線に与える影響は?

1.男性ホルモンや女性ホルモンは、間接的に骨端線を伸ばす作用があります

骨端線にある軟骨細胞は、成長ホルモンの作用を受けて増殖が促されます。
男性ホルモンや女性ホルモンには、成長ホルモンの分泌を増やす作用があり、骨の成長には必要なホルモンです。

ただし、分泌量が過剰になると骨が成熟して、骨端線が閉鎖へと向かいます。

2.性ホルモンは成長ホルモンの分泌を促す作用もあり、骨を伸ばすのに必要なホルモンの一つです

男性ホルモンや女性ホルモンは、生殖器の発達以外にも成長ホルモンの分泌を促す作用があり、思春期に入ると分泌量が増えます。
思春期は身長が急激に伸びるチャンスとも言えるので、この時期にしっかり骨を成長させる生活を送ることが大事です。

3.性ホルモンには、骨を成熟させる作用もあります

性ホルモンには、骨を成熟させて大人の骨にし、骨端線を閉鎖に向かわせる作用もあります。
思春期よりも前に性ホルモンの過剰分泌が起きると、低身長になる可能性もあるので気になる場合は専門のクリニックを受診されることをおすすめします。

4.思春期に身長を伸ばすためには、生活習慣の改善が必要です

骨が急成長しやすい思春期は、成長ホルモンの分泌を促すためにきちんと質のよい睡眠をとる事が大事です。
さらに、骨端線に刺激を加え軟骨を増殖させる適度な運動やたんぱく質やカルシウムなどをバランスよく取り入れた食事も欠かせません。

監修医情報

西新宿整形外科クリニック院長
田邊雄医師
たなべ ゆう/Yu Tanabe

 

経歴
2003 年 富山県立富山中部高等学校卒業
2011 年 金沢医科大学医学部医学科卒業
2011 年 順天堂医院 初期研修医
2013 年 順天堂医院 初期研修修了
2013 年 順天堂医院 整形外科入局
2014 年 順天堂大学大学院 整形外科学講座
2013-2018 年 下記順天堂医院関連施設にて勤務・研修
(順天堂本院、順天堂練馬、伊東市民病院、宮川病院、杏雲堂病院、浅草病院、東部地域病院、賛育会病院、王子病院 等)
2018 年 日本整形外科学会認定 整形外科専門医取得
2018 年 順天堂大学大学院 医学博士取得
2018 年 SBCグループ・西新宿整形外科 入職
2018 年 西新宿整形外科  医院長
2019 年 ロコモアドバイスドクター 就任
(「ロコモ チャレンジ!推進協議会」公認)

運営者情報

運営クリニック 西新宿整形外科クリニック
住所 〒160-0023 東京都新宿区西新宿7-21-3 新宿大京ビル7階
お問い合わせ 0120-962-992
院長 田邊雄医師