成長ホルモンの分泌はいつまでと決まっているものではなく一生分泌されます


成長ホルモンは子どもの頃は骨を伸ばす働きをし、大人になると骨など全身の代謝を調整する働きになると言われています。
そのため身長を少しでも伸ばしたい場合には、子どものときに成長ホルモンの分泌が十分であることが必要です。

大人になってからも成長ホルモンは不可欠なので、子どものうちから成長ホルモンを十分分泌させやすい生活習慣を身につけておきましょう。
たとえば質の良い睡眠をしっかりと取る、ストレスをためない、日中は運動をするなどして成長ホルモン分泌を促しましょう。

それでも身長がなかなか伸びず心配な場合は専門医に相談する方法もあります。

成長ホルモンは子どものときは骨を伸ばし、大人では全身の代謝を調整するために働きます

大人と子どもでは成長ホルモンの働きが違っているだけで、大人になると分泌されなくなるものではありません。
しかしいつまでも身長を伸ばし続ける働きが続くわけでもありません。

そのため、子どものうちに十分成長ホルモンを分泌させて骨を伸ばす働きをしっかり機能させてあげることが大切です。
成長ホルモンにおける大人と子どもの境目は二次性徴のタイミングです。

大人の体つきになる変化が訪れる前に、十分成長ホルモンが分泌されるよう生活改善をしたり施術を受けたりすると、身長を伸ばす可能性があります。
そして、大人になると成長ホルモンは骨や筋肉を強くする働きを初めとして、全身の代謝を整える働きをするようになります。

大人になれば全く身長が伸びないとは言い切れませんが、身長に不安があるときは骨を伸ばす方へ成長ホルモンが働いている子どもの頃に医師に相談することがおすすめです。

子どもも大人も十分成長ホルモンが分泌される生活を送りましょう


身長を伸ばすためには子どものうちに十分成長ホルモンを分泌させる必要があるので、そのためのポイントを押さえた生活を送るよう心がけましょう。
これは大人にとってもおすすめのポイントなので、親子一緒に取り組んでみると子どもも続けやすくなるのではないでしょうか?

深い眠りにつく

眠り始めの3時間に成長ホルモンが分泌されるため、そのときに深くしっかり眠ることができれば十分な成長ホルモンの分泌が期待できます。
そのためには深い眠りにつきやすい時間に寝ることもポイントで、その時間は深夜0時までです。
深夜3時頃から体温が上昇し始めて睡眠ホルモンの分泌量が少なくなるので、なかなか深い眠りにつくことが難しくなってしまいます。

睡眠前はリラックス

スマホを利用する子も増えていますが、寝る前2時間は使用をやめて目や心を落ち着かせましょう。
スマホの光刺激によって目が覚めてしまい眠りにくくなるほか、SNSでのやり取りやゲームを楽しんで興奮してしまうとなかなか寝付けなくなってしまうからです。

運動して適度な疲労を

運動不足の子どもも増えており体の疲労があまりないことで深い眠りにつきにくくなっている場合があります。
そのため、日中は積極的に体を動かして気持ちの良い睡眠が取れるようにしましょう。

運動強度を無理に挙げる必要はありませんが、できる範囲の内容を継続して行っていくことがポイントです。

子どものときに身長の伸びが心配であれば専門医に相談しましょう

二次性徴が訪れて体が大人になるとなかなか身長が伸びにくくなってきます。そのため、身長の伸びに心配があるときは子どものうちに専門医に相談してみましょ
整形外科のなかには低身長を専門に扱った病院があるため、そちらを受診すると安心です。

特に初めての受診では、どのような話をするのかなど心配があるのではないでしょうか?
そのようなときには完全予約制で対応しているクリニックを選ぶと、混雑していて医師と話す時間がほんの少ししかなかったという不満がありません。

それに専門医に相談すると成長ホルモン剤を注射で投与して、不足した成長ホルモンの量を補う施術を受けることもできます。
そのためには、医師によってその子に成長ホルモン剤が働く可能性があると判断される必要があるため、むやみに注射を打たれる心配もありません。

ただし身長を伸ばす目的で成長ホルモン剤を使用することは保険適応にならず、全額自己負担になることを知っておいてください。

(まとめ)成長ホルモンはいつまで分泌される?

1.成長ホルモンの分泌はいつまでと決まっているものではなく一生分泌されます

成長ホルモンは子どものときから大人になるまで、ずっと分泌されています。しかし身長を伸ばすためには、いかに子どものうちに成長ホルモンが十分分泌されるかが重要です。
質の良い睡眠やストレス解消、運動することなどを心がけることがおすすめです。

2.成長ホルモンは子どものときは骨を伸ばし、大人では全身の代謝を調整するために働きます

子どものうちは成長ホルモンが骨を伸ばすために働くため、身長を伸ばすことと直接関わりがあります。大人になると分泌しなくなるわけではなく、全身の代謝を整える働きになるため、身長を伸ばしたいときは子どものうちに対策することがおすすめです。

3.子どもも大人も十分成長ホルモンが分泌される生活を送りましょう

子どもの身長を伸ばしたいときは、子どものうちに成長ホルモンを十分分泌させるための生活習慣改善を行ってみましょう。そのポイントは、深い眠りにつく・寝る前はリラックス・運動で適度に疲労するなどがあります。

4.子どものときに身長の伸びが心配であれば専門医に相談しましょう

大人になると大きく身長が伸びることは珍しくなるので、子どものうちに身長を十分伸ばしておくことです。子どもの身長の伸びに不安があるときは整形外科の専門医に相談すると、成長ホルモン剤の投与により身長を伸ばす方法が選べることもあります。

監修医情報

西新宿整形外科クリニック院長
田邊雄医師
たなべ ゆう/Yu Tanabe

 

経歴
2003 年 富山県立富山中部高等学校卒業
2011 年 金沢医科大学医学部医学科卒業
2011 年 順天堂医院 初期研修医
2013 年 順天堂医院 初期研修修了
2013 年 順天堂医院 整形外科入局
2014 年 順天堂大学大学院 整形外科学講座
2013-2018 年 下記順天堂医院関連施設にて勤務・研修
(順天堂本院、順天堂練馬、伊東市民病院、宮川病院、杏雲堂病院、浅草病院、東部地域病院、賛育会病院、王子病院 等)
2018 年 日本整形外科学会認定 整形外科専門医取得
2018 年 順天堂大学大学院 医学博士取得
2018 年 SBCグループ・西新宿整形外科 入職
2018 年 西新宿整形外科  医院長
2019 年 ロコモアドバイスドクター 就任
(「ロコモ チャレンジ!推進協議会」公認)

運営者情報

運営クリニック 西新宿整形外科クリニック
住所 〒160-0023 東京都新宿区西新宿7-21-3 新宿大京ビル7階
お問い合わせ 0120-962-992
院長 田邊雄医師