成長ホルモンの働きを利用することで、プロテインの栄養吸収を促進することができると考えられます


成長ホルモンにはタンパク質の吸収を高める役割があります。そのため、成長ホルモンが分泌される睡眠の前後が、プロテインを摂取することにおすすめのタイミングです。

ただし、プロテインだけ摂っていてもはっきりした効果はあらわれにくいと言われています。
プロテインだけに頼るのではなく、バランスが良い食事にプラスするようにしましょう。

成長ホルモンの働きで効率よくプロテインなどのタンパク質を吸収できると言われています

成長ホルモンは脳の下垂体から分泌されるホルモンで、その役割は体を作るとともに体の機能をコントロールすることです。
また、成長ホルモンの重要な働きにタンパク質の吸収があります。

タンパク質は私たちの体を構成する栄養素なので、タンパク質の吸収を高めることで効率よく体が成長すると考えられるでしょう。
タンパク質は肉や魚、大豆製品に多く含まれています。

普段の食事以外にも効率よくタンパク質を摂りたいと考えるならプロテインが便利です。
手軽にいつでもタンパク質を摂ることができるプロテインを上手に生活に取り入れましょう。

プロテインはタンパク質のみ含まれている食品なので、朝食などで摂取するときはフルーツやパンをプラスするといいでしょう。

朝ごはんを食べる時間がないという人のなかにはパンやシリアルだけの朝食になってしまっている人もいるでしょう。しかし、そのような朝食ではタンパク質が不足してしまうかもしれません。

タンパク質にビタミンやミネラルをプラスした食事は健やかな成長をサポートするはずです。

プロテインは就寝前か起床後に摂取するのが効果的と言われています


成長期は一生のなかで最もタンパク質が必要な時期です。
食事だけで補いきれない部分はプロテインを上手に活用しましょう。

プロテインの効果的な飲み方は、就寝前と起床後に飲むことだと言われています。
なぜならば、その理由は成長ホルモンの分泌にあります。

成長ホルモンは睡眠中に分泌され、タンパク質の吸収を促進する働きがあります。
つまり、成長ホルモンが活発なときにタンパク質を補うことで、さらにタンパク質の吸収を良くすると考えられるのです。

就寝直前は胃に負担がかかるので、就寝する30分から、1時間前の摂取がおすすめです。
就寝後、朝起きたときは私たちの体は水分や栄養がなくなった状態です。

これは成長して体づくりのために使われたほか、体の修復をおこなった結果です。
そこで、朝にプロテインを摂取することで、使われたタンパク質を補う効果があると考えられています。

ただし、子どもがプロテインを摂取する場合は、必要量から計算してあくまで足りない分を補うようにしましょう。

子ども向けに味が工夫されていたり、ビタミンやカルシウムが足されたりする子ども向けのプロテインも豊富にあります。必要に応じて上手に利用しましょう。

プロテインで身長が伸びなくなるということはありません

スポーツをしている子どもが、プロテインを飲んでいるということもあるでしょう。
そこで気になるのがプルテインを飲むと身長が伸びなくなるという噂です。

逆に、プロテインで身長が伸びたという話も巷でよく聞かれますが、実際はどちらなのでしょうか。
実は、プロテインが原因で身長が伸びなくなる噂は、筋肉が付きすぎると身長が伸びにくくなるというイメージからきたでたらめです。

現実的にはプロテインを飲んだだけで、筋肉がついてムキムキになることはありません。
いわゆるボディービルダーのようなムキムキの体はプロテインにプラスして厳しい筋トレを繰り返すことで作られます。

成長期の子どもの場合は、筋肉よりも身長が伸びることを優先して栄養が使われると言われています。
そのため、プロテインを飲んだとしても筋肉が付きにくい可能性ならあるかもしれません。

プロテインは栄養補助食品です。
成長期の子どもはタンパク質をはじめとして多くの栄養が必要になるでしょう。
プロテインだけ飲んだとしても、必要な栄養を満たすことはできません。

プロテインは栄養バランスがとれた食事にプラスする形で利用しましょう。

(まとめ)プロテインの摂取と成長ホルモンって関係するの?

1.成長ホルモンの働きを利用することで、プロテインの栄養吸収を促進することができると考えられます

プロテインはタンパク質を効率よく摂取できる食品です。成長ホルモンの働きでタンパク質の吸収も活発になります。
プロテインを飲むときも、成長ホルモンが分泌される睡眠前後のタイミングがおすすめです。

2.成長ホルモンの働きで効率よくプロテインなどのタンパク質を吸収できると言われています

プロテインはタンパク質を効率良く摂取できる食品です。私たちの体を作るためにタンパク質は必須の栄養です。成長ホルモンにはタンパク質の吸収を高める効果があるため、プロテインを食事に加えることで成長をサポートできると考えられます。

3.プロテインは就寝前か起床後に摂取するのが効果的と言われています

プロテインはタンパク質が効率よく摂取できる栄養補助食品です。睡眠中に分泌される成長ホルモンにはタンパク質の吸収を高める機能があります。
そのため就寝前や起床後にプロテインを摂取すると効率よくタンパク質を摂取できると言われています。

4.プロテインで身長が伸びなくなるということはありません

プロテインはタンパク質を効率よく摂取できる食品です。しかし、プロテインを飲むだけではボディビルダーのような筋肉になったり、身長の伸びを阻害したりすることはありません。
成長期はバランスが良い食事が必要なので上手にプロテインを活用しましょう。

監修医情報

西新宿整形外科クリニック院長
齋藤まい医師
さいとう まい/Mai Saito

 

経歴
2006 年 関西医科大学 医学部医学科 卒業
療法人藤井会 石切生喜総合病院 臨床研修医
2008 年 大阪市立総合医療センター 整形外科勤務
2010 年 医療法人浩仁会 南堺病院  整形外科
2011 年 医療法人宝持会 池田病院  整形外科
2016 年 西新宿整形外科

運営者情報

運営クリニック 西新宿整形外科クリニック
住所 〒160-0023 京都新宿区西新宿7-21-3 新宿大京ビル7階
お問い合わせ 0120-962-992
院長 齋藤まい医師