成長期に身長を伸ばすにはタンパク質をはじめとしたバランス良い栄養が必要です


子供が成長期にある時、十分身長を伸ばすために必要な栄養素はタンパク質です。なぜなら子供の骨にある骨端線の軟骨を増やすために必要で、その部分が石灰化されることで伸びた硬い骨になるからです。

タンパク質を取るには、肉・魚・卵・大豆などの食品を積極的に取ることで、その他の栄養もバランス良く取りましょう。そして補給した栄養を、身長を伸ばすために使うには夜の睡眠が欠かせないため、質の高い睡眠をしっかりと取らせましょう。

もし、それでも身長が伸びにくければ、その場合は専門医療機関で相談することがおすすめです。

タンパク質は子供の骨を伸ばすために欠かせない栄養です

身長が高くなるには骨を伸ばすことが必要で、子供の間にだけ骨を伸ばせる仕組みになっています。そして、成長期はとくに骨の伸びが大きく、その時に必要なタンパク質をしっかりと取ることがポイントです。

軟骨が増えると骨が伸びる

子供の骨には軟骨細胞でできている「骨端線」という部分があります。骨端線で軟骨細胞が増えると、次第に石灰化して硬くなり、骨が長くなっていくのです。

軟骨細胞を作る元になる栄養素はタンパク質のため、成長期の子供の身長をよく伸ばすには、タンパク質を十分取ることが欠かせません。

背を伸ばすにはカルシウムだけではない

身長を伸ばしたい時にカルシウムを取ればよいと思う方が少なくありません。

もちろん骨を丈夫にするためにカルシウムは必要ですが、軟骨細胞が増えて骨が伸びた上で丈夫にすると身長が伸びるため、まずはタンパク質をしっかり取ることを心がけましょう。そしてタンパク質やカルシウムに限らずそれらの栄養素がスムーズに代謝するには、あらゆる栄養素をバランス良く取ることが必要です。

タンパク質が不足せず栄養バランスの取れた食事を心がけましょう


成長期の子供の食事には、タンパク質を十分含んだメニューを心がけます。その時タンパク質を豊富に含む食材としては、肉・魚・大豆・卵をバランス良く使うことがおすすめです。

肉はタンパク質を多く含みますが、部位によって脂肪も多いため、成長期の子供に取らせる時は肉だけに偏らないようにしましょう。

さらにタンパク質量を増やすには

普段の生活の中では、夕食に含まれる栄養素にタンパク質が多くなっています。

幼稚園や保育園、学校で給食が提供されている場合は栄養バランスの良い食事を取りやすいです。なので、さらにタンパク質の摂取量を増やすには、朝食と間食で摂取できてるように工夫するとよいでしょう。

トーストだけにしない

朝食にパンを取る家庭が増えていますが、トーストだけにせず目玉焼き、ゆで卵、大豆をプラスしたサラダなどを加えてタンパク質の多い栄養バランスの取れた内容にしましょう。

お菓子やジュースを間食にしない

スナック菓子や甘いジュースをおやつにしがちですが、補食としてタンパク質を含むメニューがおすすめです。

たとえば肉そぼろや鮭などの具が入ったおにぎりや、肉入りお好み焼きなどが挙げられます。

十分で質の高い睡眠を取ることも成長期には大切です

栄養を使ってしっかりと身長を伸ばすためには睡眠が大切です。食事で成長期の子供に十分な栄養を取らせたら、睡眠が足りているかどうかも気を配ってみましょう。

日中起きている間にも成長ホルモンは分泌されますが、夜寝ている間の方が分泌量は多いです。寝始めの時間に分泌量が増えるので、寝始めから深い睡眠が取れるように寝る前の過ごし方にも配慮しましょう。

たとえば、寝る直前までテレビを見たりパソコンやスマホを操作していたりすると、光の強い刺激で興奮してしまいなかなか眠れなくなってしまいます。そのため寝る前にはテレビやスマホなどの画面を見ることをやめて、リラックスして時間を過ごすようにしましょう。

ゆっくりと入浴したり軽めのストレッチをしたりすることもおすすめです。

成長期に身長があまり伸びない時

成長期の子供に対して、栄養や睡眠に気をつけていても身長があまり伸びない時があります。

その場合は、専門医療機関に相談するという方法も検討してみましょう。専門医による問診や必要な検査の結果を元にして、身長を伸ばすための適切な方法をアドバイスいただけます。

メール相談やセミナーなどを行っているクリニックもありますから、まずは相談するところから始めてみても良いかもしれません。

(まとめ)成長期に身長を伸ばすにはどんな栄養が必要?

1.成長期に身長を伸ばすにはタンパク質をはじめとしたバランス良い栄養が必要です

成長期の子供の身長をよく伸ばすには、栄養素の中でもタンパク質を積極的に取りましょう。それは子供の骨にある骨端線で軟骨細胞を増やすためで、そうすることで骨が長くなります。

栄養と合わせて睡眠も必要で夜寝る時間をしっかり取らせましょう。

2.タンパク質は子供の骨を伸ばすために欠かせない栄養です

子供の骨にある骨端線と呼ばれる軟骨でできた部分において軟骨細胞が増えると、骨が伸び身長が高くなります。軟骨細胞を作るにはタンパク質が必要なため、成長期の子供の身長を伸ばすにはタンパク質が不可欠です。

3.タンパク質が不足せず栄養バランスの取れた食事を心がけましょう

成長期の子供の身長を伸ばしたい時には、タンパク質を十分含んだ栄養バランス良い食事が必要です。昼食と夕食ではタンパク質が取られていることが多いので、朝食や間食にもタンパク質を含んだメニューを取り入れましょう。

4.十分で質の高い睡眠を取ることも成長期には大切です

成長期の子供の身長を伸ばすには、十分な栄養だけでなく睡眠も欠かせません。夜寝ている間がもっとも成長ホルモンの分泌がさかんになり、身長を伸ばす機会につながるからです。
もしそれでも身長が伸びなければ専門医に相談しましょう。

監修医情報

西新宿整形外科クリニック院長
田邊雄医師
たなべ ゆう/Yu Tanabe
経歴
富山県立富山中部高等学校卒業
金沢医科大学医学部医学科卒業
順天堂医院 初期研修医
順天堂医院 初期研修修了
順天堂医院 整形外科入局
順天堂大学大学院 整形外科学講座
下記順天堂医院関連施設にて勤務・研修
(順天堂本院、順天堂練馬、伊東市民病院、宮川病院、杏雲堂病院、浅草病院、東部地域病院、賛育会病院、王子病院 等)
日本整形外科学会認定 整形外科専門医取得
順天堂大学大学院 医学博士取得
SBCグループ・西新宿整形外科 入職
西新宿整形外科  医院長
ロコモアドバイスドクター 就任
(「ロコモ チャレンジ!推進協議会」公認)

運営者情報

運営クリニック 西新宿整形外科クリニック
住所 〒160-0023 東京都新宿区西新宿7-21-3 新宿大京ビル7階
お問い合わせ 0120-962-992
院長 田邊雄医師