成長期のムリなダイエットは禁物です


成長期は体内の臓器や神経などを完成させるための大事な時期です。その時期は、大人以上に多くの栄養を必要としています。

そのため成長期にムリなダイエットを行うことは、成長過程に多大なリスクがあると言われています。成長が止まる、月経が止まるなどの身体的影響だけでなく、精神的に不安定になるなどの症状が現れると考えられています。

最悪の場合過食症や拒食症などの摂食障害を引き起こす恐れもあるのです。成長期のダイエットは食事制限などのムリなダイエットはやめ、運動などの健康的なダイエットを行うようにしましょう。

ムリなダイエットは成長を止める恐れがあります

成長期は、臓器や神経など発育させるための大切な時期です。そのため活動以外に臓器を発育するためのエネルギーも必要となります。

この時期に必要な栄養を摂らないと、成長が止まる、精神的に不安定になるなどの症状をきたすと言われています。

身長が伸びない

栄養が足りなければ、臓器を発達させるための栄養も欠けてしまいます。そのため骨の成長が止まる恐れがあるのです。

骨が脆弱になる

強い骨を作るためには、カルシウムなどの栄養が必要になります。カルシウムなどの栄養が不足すれば、すぐに骨折するなどの症状をきたす場合があります。

月経が止まる

女の子の場合、成長期に月経が始まります。極端に体脂肪を削ることで、月経が止まると言われているのです。女の子は適度な体脂肪が必要と考えられています。

疲れやすい

ムリなダイエットによって、体内は常に飢餓状態にあります。そのため身体を回復させるエネルギーが足りずに、身体が常にだるい、眠たいなどの状態となります。

注意力が低下する

脳が動くためには、糖分が必要と言われています。糖分が足りなければ、脳が正常に動くことができません。

その結果として注意力が低下し学業にも影響する恐れがあります。

ほかにも神経系の乱れが起こりやすくなり、立ちくらみやふらつき、不安感なども表れる場合があります。そのため成長期のムリなダイエットは、正常な発育に悪影響を及ぼすと考えられているのです。

ムリなダイエットは将来にも影響を与えます


成長期のムリなダイエットは、摂食障害を引き起こす恐れがあると言われています。具体的に言えば拒食症や過食症です。

成長期の場合、学校や学業、人間関係などの悩みによってストレスが多いと考えられています。そのためこの時期は摂食障害をきたしやすくなるのです。

摂食障害になると、生命の危険性もあります。さらにうつ症状や重度の合併症なども併発する恐れもあるのです。

またこの時期にムリなダイエットを行うことによって不妊症になるリスクが上がると言われています。この時期には女性ホルモンが多く分泌し、皮下脂肪がつきやすいとされています。

皮下脂肪がある程度つくことで、身体の冷えを予防し、妊娠するための身体を作ります。そのためダイエットによって、極端に皮下脂肪がなくなると、妊娠ができにくくなる可能性が考えられるでしょう。

さらに成長期の時期に骨密度が増えます。栄養が足りずに骨密度が低い状態のまま成人になってしまうと、将来骨粗鬆症のリスクが高くなります。

骨粗鬆症になることで、背中が曲がる、寝たきりになるなどの可能性があります。つまり成長期のダイエットは、今の身体への影響だけでなく将来にも影響を与える可能性が高くなるのです。

本当にダイエットが必要なのか標準体重などを確認しましょう

アイドルやモデルなどの影響で、極端に痩せている子が多くなっていると言われています。そのためダイエットが必要ではない子も、ダイエットを行っていることもあるのです。

まずは本当にダイエットが必要なのか確認するようにしましょう。まずは自分の標準体重を知るようにしてください。

標準体重を知るには、身長(m)×身長(m)×22という計算式を使いましょう。この式で算出した標準体重の80%以下になると、さまざまな障害をきたす恐れがあります。

また85%未満になると、身体は生体防御反応を起こすのです。生体防御反応によって、食べたいなどの欲求が出てくると言われています。

そのため標準体重をできる限りキープするように心がけましょう。どうしてもダイエットが必要な場合は、食事制限でなく運動など健康的なダイエットを行いましょう。

(まとめ)成長期にムリなダイエットは危険?

1.成長期のムリなダイエットは禁物です

成長期は、大人以上に栄養が必要とされる時期です。この時期にムリなダイエットを行うことで、成長が止まる可能性があります。

最悪の場合、摂食障害を引き起こす恐れがあります。ムリなダイエットはやめて、健康的なダイエットを行うようにしてください。

2.ムリなダイエットは成長を止める恐れがあります

成長期は体が育つ大事な時期です。成長期のダイエットは身長が伸びなくなる、骨がもろくなる、月経が止まるなどの症状をきたします。

注意力が低下するなど精神面にも影響を与えると言われています。成長期のムリなダイエットはやめるようにしましょう。

3.ムリなダイエットは将来にも影響を与えます

成長期のムリなダイエットは摂食障害になる恐れがあります。成長期は、摂食障害をきたしやすい時期と言われています。

摂食障害は、生命の危険性もあり、うつ病や重度の後遺症をもたらす可能性もあります。将来的に不妊症や骨粗鬆症のリスクも高まるでしょう。

4.本当にダイエットが必要なのか標準体重などを確認しましょう

自分の標準体重を確認しましょう。標準体重の80%以下になると、さまざまな障害をきたす恐れがあります。

ダイエットがどうしても必要な場合は、運動を行うなど健康的なダイエットをするようにしましょう。

監修医情報

西新宿整形外科クリニック院長
田邊雄医師
たなべ ゆう/Yu Tanabe
経歴
富山県立富山中部高等学校卒業
金沢医科大学医学部医学科卒業
順天堂医院 初期研修医
順天堂医院 初期研修修了
順天堂医院 整形外科入局
順天堂大学大学院 整形外科学講座
下記順天堂医院関連施設にて勤務・研修
(順天堂本院、順天堂練馬、伊東市民病院、宮川病院、杏雲堂病院、浅草病院、東部地域病院、賛育会病院、王子病院 等)
日本整形外科学会認定 整形外科専門医取得
順天堂大学大学院 医学博士取得
SBCグループ・西新宿整形外科 入職
西新宿整形外科  医院長
ロコモアドバイスドクター 就任
(「ロコモ チャレンジ!推進協議会」公認)

運営者情報

運営クリニック 西新宿整形外科クリニック
住所 〒160-0023 東京都新宿区西新宿7-21-3 新宿大京ビル7階
お問い合わせ 0120-962-992
院長 田邊雄医師