成長期の有酸素運動は成長を促進するために効果的です


有酸素運動を行うことで、血行が促進され、成長ホルモンの分泌が促進されやすくなると言われています。さらに寝付きが良くなる、栄養を補いやすくなるといったメリットが多くあります。

しかし有酸素運動を行い過ぎれば、成長を阻害する恐れもあります。たとえばマラソンの場合グランドを同じ方向ばかり走っていれば、同一部位に負担がかかります。

その結果として疲労骨折などの症状になる可能性があります。有酸素運動は適度に行い、さまざまな運動を組み合わせて行うように心がけましょう。

有酸素運動は多くのメリットが得られます

運動には有酸素運動と無酸素運動があります。成長期の子供には、有酸素運動の方が好ましいと考えられているのです。

無酸素運動は、子供の軟弱な骨に対して過度な負荷をかけてしまうリスクが高くなります。過度な負荷によって、骨端軟骨部分を傷つける恐れがあるのです。

骨端軟骨が傷つくことで、成長を妨げる可能性があるため、成長期には負荷をかけずに行うようにしましょう。

反対に適度な有酸素運動は、身体への負荷がかかりにくいと言われています。マラソンやジョギングなどを行うことによって、血行が良くなり、さらに成長ホルモンの分泌を促進する効果が期待できるでしょう。

また適度な運動は、身体に疲労感を与えます。そのため寝付きが良くなり、成長ホルモンが分泌されやすくなるとされています。

さらに空腹感も得られるため、食事をしっかり食べることもできるようになるでしょう。食事を十分に食べることによって、成長に必要な栄養分を補うことができます。

健やかな身体を作るためにも、適度な有酸素運動を行うようにしましょう。ウォーキングやジョギング以外にもヨガやダンスなどもよいと言われています。

ムリのない有酸素運動は、メンタルを落ち着かせ自律神経を整える働きもあると考えられているのです。

有酸素運動を行い過ぎると成長を阻害する恐れがあります


有酸素運動の効果を得たいからと言って、やり過ぎるのは良くありません。グランドを同じ方向ばかり走る、ジャンプを繰り返し行うなどの運動は、身体の同じ部位に負荷がかかりやすくなるのです。

負荷がかかった部位は、疲労骨折を起こす場合があります。さらに有酸素運動を行い過ぎると、食事で摂った栄養がすべて身体の疲労を回復するために使われます。

その結果として身体を成長するための栄養が不足する恐れがあるのです。有酸素運動を行う際には、やり過ぎないように注意しましょう。

適度な有酸素運動を行い、身体に負担がかからないように行ってください。有酸素運動の負荷量は、体型や筋肉の付き方などによって変わってきます。

徐々に負荷量を上げていき、身体の状態に異変がないか確認するようにしましょう。痛みなどがあれば、一旦負荷量を減らすなど調整してあげてください。

痛みがある場合は早めに医療機関を受診しましょう

子供の健やかな成長のためには、運動以外にも食事や眠りも大切になってきます。これらすべてをバランス良く意識し行うことで、成長ホルモンの分泌が促されやすくなると言われています。

さらにストレスを適度に解消することも重要です。ストレスは自律神経のバランスを崩し、成長に悪い影響を与えると考えられています。

子供のペースで有酸素運動を行い、ムリをさせないようにしてください。また運動後にはストレッチを行い、筋疲労を蓄積しないように心がけましょう。

適度な有酸素運動を意識して行っていても、身体に不調をきたす恐れがあります。痛みなど何か不調を感じた場合には、早期に専門の医療機関を受診しましょう。

筋肉の痛みだけでなく、疲労骨折や骨端軟骨を傷つけているなどさまざまな症状が考えられます。場合によっては、運動を中止した方がよいケースもあるため注意してください。

(まとめ)成長期に有酸素運動は効果的なの?

1.成長期の有酸素運動は成長を促進するために効果的です

有酸素運動によって、血行や成長ホルモンの分泌が促進される効果が期待できます。また寝付きが良くなる、栄養を補いやすくなると言ったメリットもあると考えられています。

過度に有酸素運動を行うと、成長を阻害する恐れがあるため注意してください。

2.有酸素運動は多くのメリットが得られます

成長期の子供には有酸素運動が好ましいと言われています。無酸素運動は、骨端軟骨を傷つける恐れがあります。

有酸素運動は血行や成長ホルモンの分泌を促す、寝付きが良くなる、栄養分を補いやすくなる、自律神経の安定させるなどの効果が期待できます。

3.有酸素運動を行い過ぎると成長を阻害する恐れがあります

過度な有酸素運動は疲労骨折になる恐れがあります。疲労を回復するために栄養が使われるため、成長に必要な栄養分が不足することがあります。

有酸素運動の負荷量は、状態によって調整してあげてください。痛みがある場合には、負荷量を減らしましょう。

4.痛みがある場合は早めに医療機関を受診しましょう

健やかな成長のためには、運動だけでなく食事や眠りも大切です。ストレスも成長には悪影響を与えるため、発散させてあげましょう。

運動後はストレッチを行ってあげてください。痛みなど身体に不調がある場合には、専門の医療機関を受診するようにしましょう。

監修医情報

西新宿整形外科クリニック院長
田邊雄医師
たなべ ゆう/Yu Tanabe
[su_button url=”https://www.ns-seikeigeka.com/dr.html#tanabe” target=”blank” style=”flat” background=”#edc726″]詳しくはこちら[/su_button]

 

経歴
富山県立富山中部高等学校卒業
金沢医科大学医学部医学科卒業
順天堂医院 初期研修医
順天堂医院 初期研修修了
順天堂医院 整形外科入局
順天堂大学大学院 整形外科学講座
下記順天堂医院関連施設にて勤務・研修
(順天堂本院、順天堂練馬、伊東市民病院、宮川病院、杏雲堂病院、浅草病院、東部地域病院、賛育会病院、王子病院 等)
日本整形外科学会認定 整形外科専門医取得
順天堂大学大学院 医学博士取得
SBCグループ・西新宿整形外科 入職
西新宿整形外科  医院長
ロコモアドバイスドクター 就任
(「ロコモ チャレンジ!推進協議会」公認)

運営者情報

運営クリニック 西新宿整形外科クリニック
住所 〒160-0023 東京都新宿区西新宿7-21-3 新宿大京ビル7階
お問い合わせ 0120-962-992
院長 田邊雄医師