プロテインを飲むだけでは背を伸ばすことはできません


プロテインは、成長期の子供に必要なタンパク質が主原料の栄養補助食品です。タンパク質は背を伸ばすために必要な栄養素の一つといわれています。

成長期にタンパク質が不足している状態では、背を伸ばすための栄養が足りなくなる心配があります。

プロテインでタンパク質の不足を補うことができますが、背が伸びるために必要なほかの栄養素が足りないなどの理由がある場合には、必ずしも身長が伸びるとはいえません。

身長を伸ばすためには十分な栄養が必要です

成長期の子供の骨には、骨の端に「骨端線(こったんせん)」という細い隙間ができています。骨端線はタンパク質から作られる軟骨組織で形成されているため、骨端線の軟骨組織が増殖して徐々に骨に変わっていくと骨が伸びるとされています。

骨端線で骨が伸びるごとに少しずつ身長が伸びるのですが、成長期を過ぎると身長の伸びは止まるのでそれ以上伸びることはありません。

骨端線で軟骨成分が多く作り出されるほど成長期の身長を伸ばすことにつながるといえるでしょう。

プロテインは主に軟骨の成分とされるタンパク質を摂取することができる栄養補助食品です。

プロテインの摂取は身長が伸びるために必要なタンパク質の補充に役立ちますが、プロテインを飲むだけで身長が伸びるとは限りません。

身長を伸ばすためには、タンパク質のほかに亜鉛やカルシウム・マグネシウム・ビタミンDなどがとくに必要といわれています。

タンパク質の不足時にはプロテインが身長の伸びにつながることがありますが、ほかの要因のために身長が伸びない場合もあるかもしれません。

プロテインで背が伸びなくなることはありません


子供がプロテインを摂取すると筋肉がつきすぎて、身長が伸びなくなるのではないかと心配に思っている方もいるかもしれません。

筋肉をつけたいときに飲まれることが多いプロテインですが 、プロテインが身長が伸びを妨げる心配はないといえるでしょう。

成長期の子供が過度なトレーニングを行っていると、筋肉の修復のために栄養が使われてしまうため身長が伸びにくくなることがあります。そのことから、筋肉をつけると身長が伸びないと考えられている場合もあります。

筋肉の組織を構成する材料としてよく摂取されているため、プロテインまで身長の伸びを妨げるものと考えている方もいるかもしれません。

過度のトレーニングは身長の伸びを妨げる場合もありますが、プロテインは単に栄養補助食品なので、プロテインを飲むことが身長の伸びを止める原因にはならないといえます。

逆に運動をしていてタンパク質の摂取量が少ない場合などには、足りないタンパク質を補うことができるので身長が伸びる可能性につながることもあるでしょう。

ただしプロテインの摂取によりエネルギーを摂りすぎてしまうと、肥満の心配もあるとされています。

背が伸びないときには病気などの原因も考えられます

タンパク質不足にならないようプロテインを摂取して、身長が伸びるために必要な栄養素もしっかり摂っていると身長が伸びやすいといえます。

ところが気を付けていてもなかなか身長が伸びないという場合には、何か身長の伸びを妨げている原因があるかもしれません。

11歳程の学童期の終わり頃から17~18歳程の思春期までは、第二次成長期と呼ばれる、身長が伸びるラストスパートとされる時期です。

それまで身長の伸びが1年で5cm程度だった場合でも、第二次成長期には急激に身長の伸びが生じます。

身長があまり伸びない、急に身長の伸びが悪くなったという状態が生じているときには、病気などになっている場合もあるかもしれません。

病気の場合には、成長ホルモンを分泌する脳下垂体に問題が発生して成長ホルモンの分泌が悪くなっている、骨や軟骨の病気にかかっているなどの心配があります。

成長期に伸びるはずの身長がなかなか伸びない場合には、染色体の病気や子宮内発育不全などの場合もあります。

必要な栄養素をとっていても子供の身長が伸びない場合には、早めに専門の医療機関に相談するようにしましょう。

(まとめ)プロテインは背を伸ばす効果がある?

1.プロテインを飲むだけでは背を伸ばすことはできません

プロテインは主にタンパク質を摂取することができる栄養補助食品です。プロテインは身長が伸びるために必要なタンパク質の補充に役立ちますが、ほかの要因のために身長が伸びない場合もあるでしょう。

2.身長を伸ばすためには十分な栄養が必要です

成長期の子供の骨は骨の端にある骨端線で徐々に骨が作られて身長が伸びると言われています。

プロテインは骨端線の軟骨部分が増殖するために必要なタンパク質ですが、ほかの必要な栄養が取れていないときには身長が伸びない場合もあるでしょう。

3.プロテインで背が伸びなくなることはありません

プロテインを飲むだけでは身長の伸びが悪くなるということはありませんが、過度のトレーニングで筋肉の修復に栄養が使われてしまうと 身長が伸びにくくなります。

不足した栄養を補充するためにプロテインは適していますが、飲み過ぎは肥満につながります。

4.背が伸びないときには病気などの原因も考えられます

プロテインなどでタンパク質やさまざまな栄養素を摂取していてもなかなか身長が伸びない、急に身長が伸びなくなったという場合には病気などの問題が隠れている場合があります。

身長の伸びが心配な場合には早めに専門の医療機関に相談しましょう。

監修医情報

西新宿整形外科クリニック院長
川原 昭久医師
かわはら あきひさ/Akihisa Kawahara
経歴
福島県立医科大学 医学部 卒業
平塚共済病院 臨床研修医
昭和大学藤が丘病院 整形外科 入局
下記 昭和大学藤が丘病院関連施設にて勤務・研修
東戸塚記念病院、横浜新都市脳神経外科病院、横浜旭中央病院、海老名総合病院、山梨赤十字病院、戸塚共立リハビリテーション病院、相模野病院
日本整形外科学会認定 整形外科専門医取得
下田総合病院
西新宿整形外科クリニック 医院長に就任
ロコモアドバイスドクター 就任(「ロコモ チャレンジ!推進協議会」公認)

運営者情報

運営クリニック 西新宿整形外科クリニック
住所 〒160-0023 東京都新宿区西新宿7-21-3 新宿大京ビル7階
お問い合わせ 0120-962-992
院長 川原 昭久医師