子供の成長ホルモンの分泌が減るとどうなるかと言うと身長が伸びにくくなることがあります


成長ホルモンは子供の身長を伸ばす働きを促進するため、分泌量が減るとどうなるかというと、思うように背が高くならない可能性があります。
他にも成長ホルモンは疲労回復や体の修復なども促すため、十分な分泌量が欠かせないのです。

成長ホルモンは生活習慣によっても減ってしまうことがあるので、健康的な生活習慣を心がけて十分な分泌量を確保しましょう。
そのためには睡眠不足にならない、タンパク質など栄養をバランスよく取ることなどがあります。

成長ホルモンは子供の身長を伸ばす働きも促します

成長ホルモンが持つ働きのひとつに、子供の身長を伸ばすことを促すというものがあります。
そのため成長ホルモンが十分に分泌されればお子さんの体内では骨を伸ばそうとする働きが行われて背が高くなるのです。

それ以外にも体の傷ついた細胞の修復や疲労回復を促す働きもあるため、成長ホルモンが減るとどうなるかというとこれらの働きが十分に行われず身長や体調に影響が出ることがあると言えます。
子供のうちにしっかり身長が伸びずに思春期を迎えて体が成熟してしまうと、その後はなかなか背を高くすることはできなくなるので、子供のうちに身長を伸ばしておくことがおすすめです。

子供の骨には伸びる部分がある

大人になると硬くて丈夫な骨になりますが、子供の骨には軟骨でできた柔らかい部分があります。
それを骨端線と呼び、そこで軟骨細胞が増えることによって子供の骨が長くなって身長の伸びにつながるのです。
骨端線で軟骨細胞を増やすには成長ホルモンの分泌が必要で、分泌量が減るとつくられる軟骨量も少なくなってしまいます。

成長ホルモンの分泌を減らすと言われる生活習慣を改善しましょう


必要な量の成長ホルモンを分泌させるには、寝ている間に最も分泌量が多くなるので、睡眠時間をたっぷり取ることがポイントです。
そのため睡眠不足を避けて夜は早く寝るようにしましょう。ちなみに小学生では低学年なら10~10時間半、高学年でも9時間は取りたいもので、中学生以上になってもこれに近い睡眠時間が確保できることがおすすめです。

そして睡眠の質も重要で、深くぐっすりと眠れるような工夫もしてあげましょう。
しかし習い事や部活などで忙しかったり、ゲームやSNSをより遅くまで楽しんでいたりすると深く眠ることが難しくなるので、時間のある日は特に夜更かしさせない、テレビやスマホは寝る3時間前までには使用を終わらせるなど、きまりをつくることもひとつの方法です。
それから寝る3時間前までに食事を済ませて夜食を食べないようにすることも、質の良い睡眠につながります。消化されていない食べ物が残っているとその分の負担がかかり、成長ホルモンの分泌に影響が出てしまうからです。

生活習慣を変えても改善されない時は専門医に相談してみましょう

お子さんの低身長の原因によっては生活習慣の見直しにより改善されることもありますが、継続して改善を行ってもなかなか背が高くならない時には、整形外科で医師のカウンセリングや検査を受ける方法もあります。
低身長の専門医のもとで診察を受けると、成長ホルモンが減っているなど原因が分かることも期待できるので、それに合わせた改善策に取り組むことが可能です。

そして必要性がありその子に効果が期待できる場合には、成長ホルモン剤を使用して背を伸ばすよう直接的な施術を行うこともあります。
この時に使うホルモン剤は体内で分泌されている成長ホルモンなので、体に大きな負担をかけることなく安心して施術に取り組めます。

成長ホルモンの投与は、タンパク質でできているため口から取っても消化吸収されてしまうので、注射で投与することになります。
その場合投与方法は注射で毎日行う必要がありますが、特に難しいことはなく、注射の仕方を病院で指導してもらって使い方に慣れれば家族がお子さんに注射を続けていくのです。

(まとめ)成長ホルモンの分泌が減るとどうなるの?

1.子供の成長ホルモンの分泌が減るとどうなるかと言うと身長が伸びにくくなることがあります

成長ホルモンは子供の身長を伸ばす働きを促進させるので、減ると十分に身長が伸びないこともあります。成長ホルモンが十分に分泌されるには、睡眠不足を防ぎタンパク質などバランスよく栄養を取ることがポイントです。

2.成長ホルモンは子供の身長を伸ばす働きも促します

子供の頃は成長ホルモンの働きの中に身長を伸ばす作用の促進がありますが、分泌量が減ると十分に身長が伸びにくくなってしまいます。大人になると骨は伸びる部分まで硬くなり伸びにくくなるため、子供のうちに背を伸ばしておくことが必要です。

3.成長ホルモンの分泌を減らすと言われる生活習慣を改善しましょう

成長ホルモンが最も多く分泌されるのは睡眠中なので、睡眠時間が不足することなく、質の良い睡眠が取れるような工夫をしましょう。寝る3時間前までにはテレビやスマホを見ることはやめ、夜食をせずに十分な睡眠時間が取れるよう促してあげることです。

4.生活習慣を変えても改善されない時は専門医に相談してみましょう

お子さんの背が思うように伸びない時は、整形外科の低身長専門医の元でカウンセリングや検査を受ける方法もあります。必要性や効果が期待できる時には成長ホルモン剤の注射により、直接的な身長を伸ばす施術を受けることもできます。

監修医情報

西新宿整形外科クリニック院長
齋藤まい医師
さいとう まい/Mai Saito

 

経歴
2006 年 関西医科大学 医学部医学科 卒業
療法人藤井会 石切生喜総合病院 臨床研修医
2008 年 大阪市立総合医療センター 整形外科勤務
2010 年 医療法人浩仁会 南堺病院  整形外科
2011 年 医療法人宝持会 池田病院  整形外科
2016 年 西新宿整形外科

運営者情報

運営クリニック 西新宿整形外科クリニック
住所 〒160-0023 京都新宿区西新宿7-21-3 新宿大京ビル7階
お問い合わせ 0120-962-992
院長 齋藤まい医師