骨軟化症は大人に起きるもので、成長ホルモンの不足が原因ではありません


骨軟化症は成人後に起こるもので、障害により骨や軟骨が石灰化できない状態で増えてしまう症状です。
子どもの場合も似たような症状のものに「くる病」があり、原因は骨軟化症と同様でビタミンD作用不足とされています。

そして骨軟化症やくる病と判断された場合は、ビタミンD製剤の投与を行い、場合によってはリン製剤が使われることもあります。
もしお子さんの身長の伸びに心配がある時はくる病の可能性もあるので早めに整形外科を受診しましょう。

骨軟化症はビタミンDの作用不足で起こるといわれています

骨軟化症や子どもの場合のくる病は、以前はビタミンD不足が原因とされていましたが、食生活の改善により食事による不足はまずなくなり、ビタミンD作用不足が原因と考えられるようになりました。
骨軟化症の原因となる障害には、胆汁分泌不全によってビタミンDがうまく吸収できないことによるビタミンD不足や、ビタミンDの活性化に必要な酵素の不足、慢性腎不全、ビタミンDの受容体の機能に障害がありうまくビタミンDに反応しないなどがあります。
これらの原因以外にも、骨や軟骨の腫瘍、遺伝子異常、薬剤が原因になっている場合もあるのです。

もし、骨軟化症やくる病と診断された場合行われる治療には薬物療法がありますが必要に応じてビタミンD製剤を投与していきます。
症状によってはリン製剤もあわせて投与されることもあり、他には生活上の指導として日光浴がすすめられます。

薬物治療では定期的に尿検査などを行って、副作用はないか、薬の量は適量かなどをチェックして進めていきます。

骨軟化症やくる病の症状はないかチェックしましょう


低身長は子どものくる病の症状のひとつにあげられているため、その他にも当てはまる症状はないかチェックしてみましょう。
その他の症状の一例には、頭蓋の軟化・O脚やX脚のような足の変形・肋骨が突き出している・胸郭や脊柱の変形などがあるため、お子さんの身体の状態に当てはまる物はないか確認してみてはいかがでしょうか。

ちなみに大人の場合の骨軟化症では、初期段階ではっきりとした症状が現れることはあまりなく、腰の背部痛・股関節やひざ関節など足の漠然とした痛み、骨が出ている骨盤の部分や大腿骨を押すと痛みを感じるなどがあげられます。
進行すると筋力が低下して歩行に障害が出たり、脊椎骨折による脊柱変形などが現れたりします。

このような症状に当てはまると思われる時は、整形外科を早めに受診して検査を受けましょう。
骨軟化症もくる病も、単純X線写真と血液検査を行ってその結果により判断されます。

お子さんの場合、自分自身ではなかなか気づかないことも多いので、ご家族が身体の変化に気づいてあげられるよう気にかけておくことをおすすめします。

身長の伸びに不安がある時は整形外科で相談しましょう

お子さんの身長が思うように伸びないと感じた時、成長ホルモンの分泌不足だけが原因とは限りません。
生活習慣の改善などを行っても一向に身長の変化が見られない時は、くる病の可能性があるかもしれません。

原因をはっきりさせ対策を取るためにも、身長の変化などについて気づいた時は早めに整形外科を受診し医師に相談しましょう。
低身長の専門医に診てもらい、カウンセリングや検査を受けることでくる病かどうか、成長ホルモンの分泌不足のためなのかなど、低身長の改善策を提示してもらえます。

もしくる病ではなく成長ホルモンの分泌不足が原因の場合、成長ホルモン剤を投与することによって低身長改善も期待できるのです。

ただしホルモン療法を受けるには、医師が必要性と効果の可能性があると判断しなければなりませんが、ホルモン療法が受けられれば身長の伸びに期待が持てるようになります。
実際に成長ホルモン注射を行うホルモン療法によって身長が改善されコンプレックスが解消されたお子さんも多く、医師や看護師の説明を受けて安心して行える施術方法です。

(まとめ)成長ホルモンが十分だと骨軟化症は防げる?

1.骨軟化症は大人に起きるもので、成長ホルモンの不足が原因ではありません

成人後に起こる骨軟化症は、ビタミンD作用不足が原因とされていますが、子どもの時に起こるとくる病と呼ばれます。障害により骨や軟骨が石灰化できない状態で増えてしまう症状で、治療にはビタミン製剤の投与が行われます。

2.骨軟化症はビタミンDの作用不足で起こるといわれています

ビタミンDの作用不足が骨軟化症やくる病の原因と言われ、具体的にはビタミンD吸収不全、ビタミンD活性化に必要な酵素不足、ビタミンD受容体に障害があるなどがあげられます。薬物治療ではビタミンD製剤や必要な場合はリン製剤をあわせて投与します。

3.骨軟化症やくる病の症状はないかチェックしましょう

子どもの場合、低身長はくる病の症状のひとつなのでその他の症状はないかチェックしましょう。大人の場合、骨軟化症は初期症状が現れにくいので気づきにくいですが気になる症状がある時は早めの受診がおすすめです。

4.身長の伸びに不安がある時は整形外科で相談しましょう

身長の伸びが良くない場合、成長ホルモンの分泌不足だけが原因とは限りません。時にはくる病などその他の原因が関係している場合もあるので、早めに整形外科を受診してカウンセリングや検査を受けることをおすすめします。

監修医情報

西新宿整形外科クリニック院長
田邊雄医師
たなべ ゆう/Yu Tanabe

[su_button url=”https://www.ns-seikeigeka.com/dr.html#tanabe” target=”blank” style=”flat” background=”#edc726″]詳しくはこちら[/su_button]

経歴
富山県立富山中部高等学校卒業
金沢医科大学医学部医学科卒業
順天堂医院 初期研修医
順天堂医院 初期研修修了
順天堂医院 整形外科入局
順天堂大学大学院 整形外科学講座
下記順天堂医院関連施設にて勤務・研修
(順天堂本院、順天堂練馬、伊東市民病院、宮川病院、杏雲堂病院、浅草病院、東部地域病院、賛育会病院、王子病院 等)
日本整形外科学会認定 整形外科専門医取得
順天堂大学大学院 医学博士取得
SBCグループ・西新宿整形外科 入職
西新宿整形外科  医院長
ロコモアドバイスドクター 就任
(「ロコモ チャレンジ!推進協議会」公認)

運営者情報

運営クリニック 西新宿整形外科クリニック
住所 〒160-0023 東京都新宿区西新宿7-21-3 新宿大京ビル7階
お問い合わせ 0120-962-992
院長 田邊雄医師