成長ホルモンが不足すると糖質の代謝に影響が出る可能性があります


成長ホルモンのあらゆる働きの中には糖質の代謝を促して血糖を上げることがあります。
余ったエネルギーを脂肪にして蓄積し、必要な時には使うように促しますが、成長ホルモンの分泌が不足するとこの糖質の代謝が滞ってしまう場合があるのです。

それに成長ホルモンのその他の働きには子どもの身長を伸ばすことがあり、この働きについても滞ってしまうため低身長になることがあるのです。
もしお子さんの身長の伸びから成長ホルモンの分泌に不安を感じた時は、できるだけ早めに整形外科で相談してみましょう。

成長ホルモンは血糖を維持するため脂肪からエネルギーを得ることもします

血糖がなければ筋肉をすぐに動かして身体を動かすことができないため、成長ホルモンは食べた物の糖質を代謝し血糖を上げていつでもすぐに動くことのできる状態を維持しています。
もしエネルギーが不足すれば脂肪を分解して血糖を上げることで、急な動きに備えるのです。

もし成長ホルモンが不足すれば食事でエネルギーを取ることのできない状態では、血糖が足りず身体を動かせなくなってしまい、これが自然界であればより強い動物に襲われることになります。
また成長ホルモンが脂肪を分解してエネルギーにすることから、太りすぎを防ぐことにも役立ちます。

血糖を上げたり維持したりするためにエネルギーが脂肪として蓄積されることを抑制する働きも持つので、脂肪のつきにくい身体になるためには成長ホルモンが十分分泌されていることも必要なポイントと言えます。

成長ホルモンには子どもの身長を伸ばすことを促す働きもあります


糖質の代謝以外にも成長ホルモンは子どもの身長を伸ばす働きを促す作用を持っており、お子さんの背をより高くしてあげたい時には十分成長ホルモンが分泌されていることが必要です。
もし周りの同じくらいの年齢のお子さんと比べて大きく身長が下回っている時には、成長ホルモンの分泌が不足している可能性があります。

それから成長ホルモンは大人になっても分泌されていますが、子どもの頃にしか促されない働きに骨を伸ばすことがあるのです。
これは子どもの骨にある軟骨細胞でできた骨端線とも関係があり、骨端線で軟骨細胞が増えると骨も伸びて身長が高くなります。

軟骨細胞が増えて石灰化し硬くなることで硬い骨は長くなる、ということを繰り返していくと身長が伸びていくので、骨に軟骨細胞がある子どものうちに十分成長ホルモンを分泌させて背を伸ばすようにしてあげましょう。

しかし成長ホルモンの分泌は生活習慣によって妨げられていることもあるため、日頃の生活の仕方が健康的な内容かどうかチェックすることもおすすめです。
特に成長ホルモンの分泌は睡眠中に最も多くなるため、睡眠時間が不足することはぜひ避けましょう。

睡眠時間の目安として、高校生でも約8時間、中学生から小学校高学年では約9時間は眠れるようにしてあげたいものです。

お子さんの成長ホルモンの分泌に不安があれば早めに受診しましょう

成長ホルモンが不足すると身長が平均値より大きく下回っていたり、伸びが悪かったりするので、気になる時は早めに整形外科を受診しましょう。
成長ホルモンの分泌不足は身長が思うように伸びないだけでなく、糖質の代謝がスムーズにいかなくなるなどその他の影響が出てくる可能性もあるため、できるだけ早く受診することがおすすめです。

整形外科で相談をすると、カウンセリングとx線写真や採血による検査が行われ、結果に基づいて生活改善のアドバイスや施術内容が提案されます。
希望すれば必ずできるわけではありませんが、必要性と効果の期待があれば成長ホルモン治療を受けることも可能です。

実際に成長ホルモン治療を行ったお子さんでは身長の伸びが見られ、コンプレックスの解消に役立っています。
また、受診するとすぐに施術が開始されるわけではなく、お子さんや親御さんにきちんと説明をし納得された上で行われるので、安心して病院を受診してみましょう。

(まとめ)成長ホルモンが不足すると糖質の代謝に影響が出る?

1.成長ホルモンが不足すると糖質の代謝に影響が出る可能性があります

糖質の代謝も成長ホルモンの働きのひとつで、必要な時に脂肪を分解して血糖を上げることや余ったエネルギーを脂肪にして蓄積しておくことをします。成長ホルモンが不足すると身長の伸びも悪くなりやすいので、低身長が心配な時は早めに医師に相談しましょう。

2.成長ホルモンは血糖を維持するため脂肪からエネルギーを得ることもします

人間の身体はいつでも動くことができるように血糖を維持する働きがあり、それを成長ホルモンが促しています。エネルギーを脂肪として蓄積することを抑えて血糖を維持、または上げるので太りすぎの予防にもつながります。

3.成長ホルモンには子どもの身長を伸ばすことを促す働きもあります

成長ホルモンの働きには糖質の代謝の他に子どもの身長を伸ばすことがあり、背を伸ばすためには成長ホルモンの十分な分泌が欠かせません。そのためには睡眠不足にならないよう十分夜寝させてあげることがポイントです。

4.お子さんの成長ホルモンの分泌に不安があれば早めに受診しましょう

もし成長ホルモンが不足していれば身長の伸びなどに影響が出てくるので、心配がある時は整形外科を早めに受診しましょう。病院ではカウンセリング・必要な検査を行ってどのような施術が必要かを判断し、お子さんや親御さんの了承を得た上で進めていきます。

監修医情報

西新宿整形外科クリニック院長
齋藤まい医師
さいとう まい/Mai Saito

 

経歴
2006 年 関西医科大学 医学部医学科 卒業
療法人藤井会 石切生喜総合病院 臨床研修医
2008 年 大阪市立総合医療センター 整形外科勤務
2010 年 医療法人浩仁会 南堺病院  整形外科
2011 年 医療法人宝持会 池田病院  整形外科
2016 年 西新宿整形外科

運営者情報

運営クリニック 西新宿整形外科クリニック
住所 〒160-0023 京都新宿区西新宿7-21-3 新宿大京ビル7階
お問い合わせ 0120-962-992
院長 齋藤まい医師