成長ホルモンの分泌が乱れて不足すると身長の伸びが悪くなることがあります


成長ホルモンには子どもの成長を促す働きがあるため、分泌が乱れて不足してしまうと背があまり伸びなくなることがあります。

成長ホルモンの分泌がスムーズに行われるためには、日頃の生活を見直して改善することがおすすめです。睡眠・運動・食事が大切で、何かひとつが欠けても成長ホルモンの分泌は乱れやすくなってしまうため、生活習慣に配慮してあげましょう。

より積極的に身長の伸びについて考えたい時は整形外科で低身長の専門医と相談する方法もあります。

成長ホルモンは正常な分泌で子どもの身長を伸ばす働きを促します

成長ホルモンは子どもの身長を伸ばすことを促す働きを持っていますが、分泌が乱れてしまうとスムーズに背を高くする働きを起こしにくくなりその結果身長があまり伸びなかったということになるのです。

子どもの身長が高くなるには骨が伸びる必要があり、そのためには成長ホルモンが軟骨細胞の増殖を促すことが欠かせません。
軟骨細胞が増えて石灰化することで骨が伸びるので、軟骨細胞をつくる元になるタンパク質が十分に補給できていたり、骨を強くするカルシウムがたっぷりあったりしても、成長ホルモンによって働きを促されなければ役に立つことが難しいのです。

子どものうちに大きく身長を伸ばす

大人になっても身長がよく伸びるのであれば子どものうちに十分背を高くしなくてもいいかもしれませんが、実際は思春期を終えて身体が大人になってしまうとほとんど身長は伸びなくなります。
子どもの骨にのみある、軟骨細胞でできた骨端線が大人になると石灰化して軟骨細胞ではなくなってしまい骨が伸びなくなっていくので、子どものうちに背を大きく伸ばしておくことが望ましいのです。

十分な睡眠と栄養バランスの取れた食事、適度な運動を心がけましょう


成長ホルモンの分泌の乱れは日頃の生活の乱れが影響していることもあるため、まず睡眠・食事・運動について振り返ってみましょう。

睡眠中は成長ホルモンが最も多く分泌される機会なので、睡眠不足にならないよう注意し、高校生でも約8時間、中学生から小学校高学年でも約9時間は眠るようにすることです。しかも眠り初めに深くぐっすりと睡眠が取れていると成長ホルモンが十分分泌されやすいので、質の良い睡眠にすることも大切なポイントです。

そして食事では背を伸ばす時につくられる軟骨細胞の元になるタンパク質を積極的に取るようにしましょう。3回の食事はもちろん、間食でもタンパク質を摂取できるようにすると一層タンパク質を取る量が増えるので身長を伸ばす役に立ちます。

最後に、適度な運動で刺激を与えることにより軟骨細胞へ栄養が行き渡りやすくなり増殖を助けるのです。しかも運動をして心地よい疲労感が得られると睡眠の質も上がりやすいことから、定期的な適度な運動はおすすめです。

もっと身長を伸ばしたいとお考えの時は整形外科を受診しましょう

お子さんが身長に対してコンプレックスがある時は、専門医と相談して改善方法を探ってみてください。成長ホルモンの分泌の乱れや分泌不足によって背があまり伸びないのであれば、必要なアドバイスや治療を受けることになります。

まず受診してカウンセリングと必要な検査を受けてから、その結果に基づいて治療が提案されます。
低身長の専門医が在籍する病院では成長ホルモン治療を行っており、必要であって効果も期待できると医師が判断すれば治療を開始することも可能です。
成長ホルモン治療とは、注射で直接身体に成長ホルモンを投与して分泌量を調整する方法です。

またコンプレックスがあるためにもっと背を伸ばすことを希望する場合も、医師が必要性と効果が出そうかどうかを見極めてから施術に進むことになります。
ただし病気が原因でない場合の施術は自費で行うことになりますが、お子さんの希望が叶って身長が高くなれると気持ちが明るく前向きになるというメリットも期待できるのです。

もちろんホルモン療法に取り組む時にも生活の乱れを改善することはあわせて行いましょう。

(まとめ)成長ホルモンの分泌に乱れが起こると背が伸びない?

1.成長ホルモンの分泌が乱れて不足すると身長の伸びが悪くなることがあります

子どもの身長を伸ばすには成長ホルモンが乱れることなくスムーズに分泌されることが必要です。そのためには日頃の生活で十分な睡眠・栄養バランスの取れた食事・適度な運動を心がけましょう。

2.成長ホルモンは正常な分泌で子どもの身長を伸ばす働きを促します

子どもの身長を伸ばす働きを成長ホルモンは促すので、分泌が乱れるとスムーズに背が高くなりにくくなってしまいます。正常に成長ホルモンが働くことで骨の軟骨細胞は増えて骨が伸び、その結果身長が高くなるため適度な成長ホルモンの分泌が欠かせません。

3.十分な睡眠と栄養バランスの取れた食事、適度な運動を心がけましょう

日頃の生活が乱れていると成長ホルモンの分泌も乱れがちになります。正常に成長ホルモンが分泌されるには、十分な睡眠・タンパク質をしっかり取る食事・定期的に適度な運動を心がけましょう。

4.もっと身長を伸ばしたいとお考えの時は整形外科を受診しましょう

身長に対してコンプレックスがある時は、整形外科で相談してみましょう。問診とカウンセリングから生活の乱れを正すアドバイスが受けられたり、必要な時には成長ホルモン治療の案内をされたりします。

監修医情報

西新宿整形外科クリニック院長
齋藤まい医師
さいとう まい/Mai Saito

 

経歴
2006 年 関西医科大学 医学部医学科 卒業
療法人藤井会 石切生喜総合病院 臨床研修医
2008 年 大阪市立総合医療センター 整形外科勤務
2010 年 医療法人浩仁会 南堺病院  整形外科
2011 年 医療法人宝持会 池田病院  整形外科
2016 年 西新宿整形外科

運営者情報

運営クリニック 西新宿整形外科クリニック
住所 〒160-0023 京都新宿区西新宿7-21-3 新宿大京ビル7階
お問い合わせ 0120-962-992
院長 齋藤まい医師