身長を伸ばすとされている食べ物は肉や魚、大豆製品、牛乳、野菜などです


子どもの身長を伸ばすには、おやつも含めた普段の食生活を考えていく必要があります。
子どもの成長に不可欠な栄養素はタンパク質、カルシウム、マグネシウム、亜鉛、ビタミンDなどが挙げられます。

これらを多く含む食品には子どもの身長を伸ばす効果があるといえるでしょう。
例えば、肉や魚、大豆製品、牛乳、野菜などが代表的な食べ物とされています。

タンパク質、カルシウム、マグネシウム、亜鉛、ビタミンDを多く含む食べ物が推奨されています

子どもの身長を伸ばす要素として、睡眠や運動、親の愛情などが挙げられます。
それらの要素と同じくらい大切になるのが、食生活だといわれています。

私たちの身体は食事で摂取する栄養素で作られているといっても過言ではありません。
子どもの成長にとっても、食事は大きな要素を占めていると考えられるでしょう。

では、子どもの身長を伸ばす食事についてみていきましょう。
成長期に積極的に摂ることが奨められている栄養素は、タンパク質、カルシウム、マグネシウム、亜鉛、ビタミンDになります。

特に、タンパク質は、人の身体の主要となる構成成分だといわれています。
筋肉や髪の毛、皮膚、血液、臓器などはタンパク質からつくられているといいます。
また、タンパク質は骨の土台となるコラーゲンの一種とされています。

成長期の子どもは、大人以上にタンパク質を摂る必要があるでしょう。

これらの栄養素は、単体だけではうまく作用しないと考えられます。
そのため、子どもの身長を伸ばすには、タンパク質、カルシウム、マグネシウム、亜鉛、ビタミンDを多く含む食べ物をバランスよく摂取することが大切です。

身長を伸ばす食べ物にはさまざまなものがあります


子どもが成長するということは、骨が伸びるということと同じだといわれています。
骨を伸ばし、太くしっかりとした骨にするための食べ物を毎日の食事から摂らせるようにしましょう。

3食の食事以外にも、おやつに摂りいれることで身長を伸ばす効果が期待できます。
ここでは、それぞれの栄養素を多く含む食べ物をご紹介していきます。

タンパク質を多く含む食べ物

肉類(牛、豚、鶏など)、魚類、卵、大豆製品(豆腐、納豆、油揚げ)、乳製品(チーズ、牛乳、バター、ヨーグルト)

カルシウムを多く含む食べ物

大豆製品(木綿豆腐、納豆)、乳製品(牛乳、プレーンヨーグルト)、野菜類(チンゲン菜、ほうれん草、小松菜、切り干し大根)、海産物(桜えび、小魚、しらす)

マグネシウムを多く含む食べ物

大豆製品(豆腐、納豆、インゲン豆)、魚介類(牡蠣、アサリ、シジミ、イワシ)、卵、クルミ、アーモンド、野菜類(ほうれん草、ブロッコリー)

亜鉛を多く含む食べ物

魚介類(牡蠣、赤みの魚、アサリ、にぼし)、肉類(レバー)、豆製品(納豆、きなこ)

ビタミンDを多く含む食べ物

きのこ類(きくらげ、しめじ、椎茸)、魚介類(鮭、ちりめんじゃこ、さんま)、卵、レバー

成長期のおやつは補食と捉えることが大切です

子どもの身長を伸ばす効果のある食べ物もあれば、その逆の効果をもたらす食べ物もあると考えられています。

例えば、インスタント食品やスナック菓子などに入っている「リン塩酸」と呼ばれる保存料には注意が必要です。
リンはもともと骨を構成する成分の一つでもありますが、取り過ぎることでカルシウムの吸収から骨を生成する過程の妨げになる可能性があります。

同様に、砂糖や塩分の取り過ぎも子どもの身長を伸ばすのによくない効果を与えるといわれています。
そのため、成長期の子どものおやつは、単なるおやつではなく「補食」としてとらえることが大切です。

子どもが好きなものばかり、甘いものばかり与えてしまうと、身長を伸ばすのを妨げられるばかりか、3食の食事が食べられなくなることもあるでしょう。
インスタント食品やスナック菓子などをまったく食べないようにするのは難しいでしょう。
しかし、なるべく子どもの成長にプラスになる食べ物を摂り込めるような補食にしてあげたいものです。

(まとめ)身長を伸ばす効果がある食べ物には何がある?

1.身長を伸ばすとされている食べ物は肉や魚、大豆製品、牛乳、野菜などです

タンパク質、カルシウム、マグネシウム、亜鉛、ビタミンDは身長を伸ばすのに必要な栄養素だと考えられています。そのため、これらの栄養素を多く含んでいる食べ物を子どもの食事やおやつに取り入れることが大切です。

2.タンパク質、カルシウム、マグネシウム、亜鉛、ビタミンDを多く含む食べ物が推奨されています

私たちの身体はさまざまな栄養素からつくられています。そのため、子どもの身長を伸ばす大きな要素を占めているのが食事だといえます。
特に、タンパク質、カルシウム、マグネシウム、亜鉛、ビタミンDを多く含む食べ物を摂ることが奨められています。

3.身長を伸ばす食べ物にはさまざまなものがあります

子どもの身長を伸ばすためには、太くしっかりとした骨を伸ばす必要があります。タンパク質、カルシウム、マグネシウム、亜鉛、ビタミンDを多く含む食べ物には肉類、魚介類、大豆製品、乳製品などが挙げられます。
これらをバランスよく摂り入れましょう。

4.成長期のおやつは補食と捉えることが大切です

おやつや間食で気軽に食べられるインスタント食品やスナック菓子には、砂糖や塩分、リン塩酸などの添加物が含まれています。これらの成分には子どもの身長を伸ばすのを妨げる可能性があるとされています。
そのため、おやつを補食と捉えることが大切でしょう。

監修医情報

西新宿整形外科クリニック院長
田邊雄医師
たなべ ゆう/Yu Tanabe

[su_button url=”https://www.ns-seikeigeka.com/dr.html#tanabe” target=”blank” style=”flat” background=”#edc726″]詳しくはこちら[/su_button]

経歴
富山県立富山中部高等学校卒業
金沢医科大学医学部医学科卒業
順天堂医院 初期研修医
順天堂医院 初期研修修了
順天堂医院 整形外科入局
順天堂大学大学院 整形外科学講座
下記順天堂医院関連施設にて勤務・研修
(順天堂本院、順天堂練馬、伊東市民病院、宮川病院、杏雲堂病院、浅草病院、東部地域病院、賛育会病院、王子病院 等)
日本整形外科学会認定 整形外科専門医取得
順天堂大学大学院 医学博士取得
SBCグループ・西新宿整形外科 入職
西新宿整形外科  医院長
ロコモアドバイスドクター 就任
(「ロコモ チャレンジ!推進協議会」公認)

運営者情報

運営クリニック 西新宿整形外科クリニック
住所 〒160-0023 東京都新宿区西新宿7-21-3 新宿大京ビル7階
お問い合わせ 0120-962-992
院長 田邊雄医師