身長が伸びない子どもの猫背を矯正すると身長が伸びます


思春期をむかえて身長が伸びない子どもでも、猫背を矯正することで、身長が伸びます。
実際には骨が伸びているわけではないため、身長は伸びていないのですが、本来ある身長を手に入れることができるため、数値は変わるのです。

身長が伸びない子どもでも、姿勢が悪い場合は猫背の矯正をとり入れることで、数値を伸ばすことはできます。

猫背を矯正しても骨自体が伸びているというわけではありません

猫背を矯正すると身長が伸びたように見えるのは、背骨のゆがみが改善され、数値上の変化がみられたためです。
骨そのものが伸びたわけではなく、猫背で身長が低くなっていたのが通常の身長に戻ります。

そのため、大幅に身長を伸ばす方法ではなく、手足が伸びる方法でもありません。
身長が伸びない思春期以降の子どもが猫背を矯正すると、あと数cm単位で伸ばすことは可能です。

しかし、大幅に伸ばすことはできません。
その人によっても猫背によりどれだけ身長が縮んでいたかが異なるため、必ず希望の身長になることはできません。

当然ですが、猫背がない人が矯正したとしても、身長を伸ばす効果はないのです。
猫背の矯正で身長を伸ばす効果が高いのは、背骨の積み重ねがずれているときになります。

正常に背骨ひとつずつが積み重なっていれば本来の身長が得られるのですが、たわんでいる状態では数cm程度低くなることはよくあることです。
背骨を矯正する方法は魔法のような効果は期待できませんが、猫背の方があとちょっと身長をプラスするために役立ちます。

思春期で身長が伸びないと感じられる場合でも、猫背で身長が小さくなっている場合は、矯正の効果が得られやすいでしょう。

首が前に出ている人に猫背の矯正は有効です


猫背の矯正で本来の身長を手に入れやすいのは、首が前に出ている人です。
首が前に出ていると、首の湾曲が極端に強くなり、ストレートネックになっています。

ストレートネックが改善されれば、首の傾きが斜めの方向から上に伸び、身長が伸びるのです。
首には問題がなく、背中だけが丸まっている方も、背中の丸まりが矯正されると身長が伸びます。
首が前に出てしまう方は、毎日意識しながら首を後ろに引き下げるようにしましょう。

体操を毎日繰り返し、正しい位置を記憶させることで、猫背を改善させることができます。
背中が丸まってしまう方は、背中の一番高い場所から少し下に丸めたバスタオルを当て、横になって万歳の姿勢をとることで改善しやすくなるでしょう。
猫背になりやすい方は、肩甲骨の稼働を意識することがポイントです。

子どもは机で勉強をしているときに肩が内側に入りやすく、意識して肩甲骨を寄せるストレッチをとり入れましょう。
さらに肩甲骨を離すストレッチをやると効果的です。

姿勢を正そうとして背中を反らすと腰に負担がかかってしまう可能性があります。
正しい姿勢の矯正は、胸を張るような癖をつけることです。

猫背の状態から肩を上にあげ、肩を後ろに回してからそのままの状態で下げると、背中を反らさず胸だけを張ることができます。

成長期の子どもの身長に影響する根拠はありません

成長期の子どもで猫背になっていると、これからの身長の伸びに影響すると心配してしまう方もいるでしょう。
しかし、姿勢が悪いから子どもの身長の伸びに影響するという医学的な根拠はありません。

猫背になっていると骨の成長に影響を及ぼすようなイメージを持ってしまいますが、姿勢が悪いからといって身長が伸びない原因となる根拠はないのです。
成長期の子どもでも姿勢を正すと身長が高く見えるのは確かなことで、見た目を改善する効果は期待できます。

猫背になりやすい子どもは筋力が低下しており、ストレッチなどを通し筋力をアップすることで、姿勢を矯正する効果が期待できるでしょう。
猫背は太ももの後ろの筋肉や、お尻の筋肉がゆるんでいる状態です。

運動で矯正するためには、太ももの後ろとお尻の筋肉を鍛える方法をおすすめします。

さらに背中の筋肉を付けることで、背筋が伸びやすくなるでしょう。
猫背が気になる子どもの場合は、普段から適度な運動を取り入れ、筋力アップを目指してみてください。同時に肩甲骨を意識して肩を広げるようにするのがおすすめです。

毎日家に閉じこもりゲームばかりだと筋力が付きませんから、積極的に外に連れ出し、体を動かす運動をやらせてみましょう。

(まとめ)身長が伸びない場合は猫背を矯正するとよい?

1.身長が伸びない子どもの猫背を矯正すると身長が伸びます

猫背を矯正すると、本来ある身長となるため数値は伸びます。身長が伸びない思春期以降の子どもでも、猫背が原因となっている場合は、改善することで本来ある身長を手に入れることができるでしょう。

2.猫背を矯正しても骨自体が伸びているというわけではありません

猫背を矯正しても通常の身長に戻るだけで、骨が伸びたわけではありません。背骨のたわみが改善されたため、本来ある身長を手に入れるために有効です。
身長が伸びない思春期以降の子どもの場合、数cm程度の効果が期待できます。

3.首が前に出ている人に猫背の矯正は有効です

猫背の矯正で身長が伸びやすいのは、ストレートネックの方と、背中が丸まっている場合です。首の位置が正常に戻り、背中の丸まりがとれると、数値が改善できるでしょう。
普段の生活では腰を反らさず、胸を張るような癖をつけることが大切です。

4.成長期の子どもの身長に影響する根拠はありません

成長期の子どもが猫背であっても、身長の伸びに影響するという医学的な根拠はありません。猫背は太ももの後ろやお尻の筋力が弱くなっているため、心配な方は適度な運動をやらせてみましょう。

監修医情報

西新宿整形外科クリニック院長
齋藤まい医師
さいとう まい/Mai Saito

 

経歴
2006 年 関西医科大学 医学部医学科 卒業
療法人藤井会 石切生喜総合病院 臨床研修医
2008 年 大阪市立総合医療センター 整形外科勤務
2010 年 医療法人浩仁会 南堺病院  整形外科
2011 年 医療法人宝持会 池田病院  整形外科
2016 年 西新宿整形外科

運営者情報

運営クリニック 西新宿整形外科クリニック
住所 〒160-0023 京都新宿区西新宿7-21-3 新宿大京ビル7階
お問い合わせ 0120-962-992
院長 齋藤まい医師