筋肉を増やすと身長が伸びないということはなく、適度な運動も必要です


運動して筋肉を適度に増やすことは体を動かしやすくなるためおすすめで、日中に運動しておくことで身長が伸びやすくなります。
なぜなら運動により食欲や熟睡しやすさが増すため、成長ホルモンの分泌が促進されるからです。

成長ホルモンは身長を伸ばす働きを促すほかに疲労回復や体の修復の働きも促します。
それでも身長が伸びない時は、低身長の専門医へ相談し最適な方法を聞きましょう。

身長を伸ばすには適度な運動による刺激は欠かせません

筋肉が増えすぎると身長が伸びないという噂を信じるあまり、運動をあまりさせないようにすることは、逆に身長が伸びにくい原因になってしまいます。
へとへとになるまで毎日運動する必要はありませんが、適度に体に刺激を与えることで食欲が増し、夜ぐっすりと眠ることができる程度には体を動かすように促しましょう。

そしてお子さんの身長を伸ばすことを大切にした運動を選ぶのなら、筋トレだけに絞らず全身運動をさせてあげることです。
しかし適度に筋トレを行うと筋肉量アップにつながり、体を動かしやすくなるため、運動しやすくなるメリットがあります。

運動量に見合った食事も必要

運動を定期的に行う場合、普段の食事内容ではしっかりとたんぱく質の摂取ができるメニューを用意しましょう。
運動の強度が上がったり行う時間が長くなったりするとその分必要となるエネルギーは増えるため、栄養素が十分でなければエネルギーとして消費されるほか、体の修復に使われてしまい成長になかなか回されなくなってしまうからです。

しっかり睡眠を取り、体の修復と成長を促しましょう


寝る子は育つということわざは科学的にも証明されているものです。
そのため、十分な睡眠を毎日取っている子どもであれば、身長が伸びやすくなると考えられています。

しかし、現代の子どもは睡眠不足の傾向にあるとも言われています。
小学生の平均睡眠時間は約8時間半と言われており、これは理想的な睡眠時間の9~10時間を下回った数字なのです。

運動をすると筋肉などが傷つき、それを修復するための働きが睡眠中に行われ、同時に身長を伸ばす働きも促されます。
また睡眠中にそれらの働きを促すものが成長ホルモンですが、成長ホルモンは熟睡した状態で最も分泌されるため、ぐっすりと眠っていることが大切です。

質の高い睡眠を促す

子どもたちの間でスマートフォンの利用やゲームを楽しむことが増え、寝る直前までスマートフォンやゲーム機に触れていることもありますが、この習慣をやめさせることをおすすめします。
寝る2~3時間前までに使用をやめることで目から明るい光の刺激が入ることを控えるので、熟睡しやすくなるでしょう。
日中の運動に加えて寝る前のリラックスタイムを設けられると、質の高い睡眠へと促しやすくなります。

しばらく生活習慣を改善しても身長が伸びない時は受診しましょう

筋トレや全身運動などを行い、十分に栄養を取っていてもお子さんの身長が伸びないと不安を感じる場合は医師に相談する方法もあります。
低身長の専門医が在籍している専門のクリニックを選びましょう。

このようなクリニックにかかることで、お子さんの成長の具合などをカウンセリングし、検査を行ってそれらの結果に基づいた最適な施術の提案が受けられます。
専門医療機関では、成長ホルモン療法による身長を伸ばすための施術が行われており、生活習慣よりも短期間で身長を高くすることも期待できます。

ただし誰でもすぐに受けられるわけではなく、必要性や効果の期待が確認された上で医師より提案されるため、安心して施術に取り組めます。
この成長ホルモン療法とは、成長ホルモン剤の注射を使い定期的に投与していく方法で、針のとても短い注射器を使うため頻繁に通院する手間をかけずに施術が受けられるのです。
注射の方法は医師や看護師が丁寧に指導し、慣れてできるようになってからご自宅での注射がスタートするので大きな心配はありません。

(まとめ)筋肉が多すぎると身長が伸びないってホント?

1.筋肉を増やすと身長が伸びないということはなく、適度な運動も必要です

筋肉が適度に増えると体を動かしやすくなるので運動を継続し、身長が伸びることにもつながります。日中の運動で食欲や熟睡しやすさが増すことも成長ホルモンの分泌促進に役立ちますが、これらの改善を行っても身長が伸びない場合専門医に相談しましょう。

2.身長を伸ばすには適度な運動による刺激は欠かせません

筋トレをしすぎると栄養が不足して身長が伸びないことはありますが、適度な筋トレで筋肉を増やすことで運動しやすくなる点がメリットです。運動する場合は必要な栄養素が不足しないよう、食事の内容を充実させてあげましょう。

3.しっかり睡眠を取り、体の修復と成長を促しましょう

身長のためには、十分な質の高い睡眠を取ることが大切です。たとえば小学生の理想的な睡眠時間は9~10時間と言われています。また、質の高い睡眠のためにも、寝る数時間前までにスマートフォンやゲームを止めさせることが大切と言えるでしょう。

4.しばらく生活習慣を改善しても身長が伸びない時は受診しましょう

運動して筋肉をつけ、十分な栄養摂取をしていても身長が伸びない場合は専門医療機関を受診してみましょう。そこではカウンセリングや検査を通してお子さんの状態を確認し、最適な施術が提案され、成長ホルモン療法が行えることもあります。

監修医情報

西新宿整形外科クリニック院長
田邊雄医師
たなべ ゆう/Yu Tanabe

[su_button url=”https://www.ns-seikeigeka.com/dr.html#tanabe” target=”blank” style=”flat” background=”#edc726″]詳しくはこちら[/su_button]

経歴
富山県立富山中部高等学校卒業
金沢医科大学医学部医学科卒業
順天堂医院 初期研修医
順天堂医院 初期研修修了
順天堂医院 整形外科入局
順天堂大学大学院 整形外科学講座
下記順天堂医院関連施設にて勤務・研修
(順天堂本院、順天堂練馬、伊東市民病院、宮川病院、杏雲堂病院、浅草病院、東部地域病院、賛育会病院、王子病院 等)
日本整形外科学会認定 整形外科専門医取得
順天堂大学大学院 医学博士取得
SBCグループ・西新宿整形外科 入職
西新宿整形外科  医院長
ロコモアドバイスドクター 就任
(「ロコモ チャレンジ!推進協議会」公認)

運営者情報

運営クリニック 西新宿整形外科クリニック
住所 〒160-0023 東京都新宿区西新宿7-21-3 新宿大京ビル7階
お問い合わせ 0120-962-992
院長 田邊雄医師