骨端線が閉じると身長が伸びないと言われています


骨端線とは、成長期に存在する骨の両端にある境目の部分を指します。
骨端線が存在している成長期の間は骨が成長していきますが、骨端線が閉じてなくなってしまうと、それ以降骨の成長は止まります。

この骨端線が閉じる時期は骨の部位によっても異なってきます。
軟骨芽細胞が増殖、成長することによって骨も成長していきますが、成長期の終わりを迎える頃には終息していきます。

骨端線の組織の柔らかい部分が硬い骨へと変化することで、それ以上身長が伸びない状態になります。

骨端線の成長を助けるのは成長ホルモンです

骨端線の成長のために大きく関わってくるのが、脳下垂体から分泌される成長ホルモンという物質です。
成長ホルモンが分泌されることで、肝臓からIGF-1という物質が分泌されます。
このIGF-1が骨端線に作用することで軟骨芽細胞が増殖、成長し、骨が伸びる(身長が伸びる)ことに繋がります。

成長ホルモンの分泌量は生後から増加していきますが、成長期が終わる10代後半を最盛期として、その後は分泌量が減少します。
成長ホルモンはその名の通り、身長を伸ばすホルモンとして大きな役割を果たします。

成長ホルモンの役割はそれだけではなく、身体にある物質をエネルギーとする代謝の働きも持っています。生きていくためには体内でエネルギーを作らなければならないことから、成長ホルモンは子どもだけでなくあらゆる年齢に必要不可欠なホルモンであると言えるでしょう。

人間は体内に100種以上ものホルモンを持っているとされ、それぞれが決まった役割を果たすことで身体を正常に保っています。

成長ホルモンは生涯にわたり、下垂体から分泌され続けるものですが、何らかの原因によって分泌量が低下することがあります。
子どもの時に出なくなることもあれば、大人になってから出なくなることもあり、大人になってから起こる場合は脳腫瘍などの原因が考えられます。

骨の成長を助けるのはたんぱく質です


数ある骨の成長を促進する栄養素の中でも、たんぱく質は必要不可欠な栄養素であると言えます。
たんぱく質を効率良く摂取することで、骨端線の成長を促す効果が期待できます。
たんぱく質は筋肉や血液など作るだけでなく、骨端線で骨芽細胞が新しい骨を作り出すために必要となるコラーゲンの材料にもなります。

たんぱく質が豊富に含まれている食材としては、肉、魚、大豆などが挙げられます。
子どもが好む肉類には豊富なたんぱく質が含まれていますが、食べ過ぎると飽和脂肪酸の過剰摂取となり肥満を招いてしまいます。
肥満も身長が伸びない原因のひとつであると考えられているので、魚や大豆などをうまく組み合わせたバランスの良いメニューが求められます。

また、たんぱく質の摂り過ぎはカルシウム不足の原因になるため、注意が必要です。
特に動物性のたんぱく質を摂り過ぎるとカルシウムが血中に溶け出し、血液が酸性に傾きやすくなります。

成長ホルモンの分泌量を増やすために質の良い睡眠を心がけましょう

身長が伸びない子どもの生活習慣を調査してみると、睡眠時間が短くなっていることがあります。
睡眠は身長を伸ばすために、日常生活の中で重視したいポイントになります。
成長ホルモンは眠っている間に多く分泌されると言われ、十分な睡眠を得ることで成長ホルモンの分泌量を増やして骨端線へ働きかけることができます。

成長ホルモンの分泌を促進しやすい睡眠の鉄則は、早寝早起きを習慣化することです。
夜の10時~2時の間に最も成長ホルモンが分泌されやすく、夜更かしが続くような状態では十分に分泌がされません。
成長ホルモンは深い眠りに陥った時に多く分泌されると言われるため、寝具を整えるなど良質な睡眠をとる工夫も必要です。

また専門医療機関では、子どもの身長を伸ばす治療として成長ホルモン注射を行っています。
骨端線は成長期を過ぎると閉じてしまうため、その前に成長ホルモンを投与するのは効果的な治療法であると言えます。

(まとめ)骨端線が閉じると身長が伸びないって本当なの?

1.骨端線が閉じると身長が伸びないと言われています

骨端線とは骨の両端にある境目のことを指し、骨端線が閉じると骨の成長が止まって身長が伸びない状態になります。軟骨芽細胞が増殖、成長することで骨も成長しますが、やがて骨端線が閉鎖して成長期の終わりを迎えます。

2.骨端線の成長を助けるのは成長ホルモンです

成長ホルモンは身長を伸ばすホルモンとして大きな役割を果たしますが、10代後半を境に分泌量が減少します。人間は体内に100種以上ものホルモンを持ち、それぞれが決まった役割を果たすことで身体を正常に保ちます。

3.骨の成長を助けるのはたんぱく質です

骨端線の成長を促す栄養素の代表格はたんぱく質であり、効率良く摂取する必要があります。たんぱく質が豊富に含まれている食材には肉、魚、大豆などがありますが、肉類を食べ過ぎて肥満になると、身長が伸び悩む原因にもなるため注意が必要です。

4.成長ホルモンの分泌量を増やすために質の良い睡眠を心がけましょう

成長ホルモンは眠っている間に多く分泌されるため、早寝早起きをするなど良質で深い睡眠を得られるようにしましょう。専門医療機関で成長ホルモン治療を受けることも、骨端線が閉じる前の子どもには非常に有効です。

監修医情報

西新宿整形外科クリニック院長
田邊雄医師
たなべ ゆう/Yu Tanabe

 

経歴
2003 年 富山県立富山中部高等学校卒業
2011 年 金沢医科大学医学部医学科卒業
2011 年 順天堂医院 初期研修医
2013 年 順天堂医院 初期研修修了
2013 年 順天堂医院 整形外科入局
2014 年 順天堂大学大学院 整形外科学講座
2013-2018 年 下記順天堂医院関連施設にて勤務・研修
(順天堂本院、順天堂練馬、伊東市民病院、宮川病院、杏雲堂病院、浅草病院、東部地域病院、賛育会病院、王子病院 等)
2018 年 日本整形外科学会認定 整形外科専門医取得
2018 年 順天堂大学大学院 医学博士取得
2018 年 SBCグループ・西新宿整形外科 入職
2018 年 西新宿整形外科  医院長
2019 年 ロコモアドバイスドクター 就任
(「ロコモ チャレンジ!推進協議会」公認)

運営者情報

運営クリニック 西新宿整形外科クリニック
住所 〒160-0023 東京都新宿区西新宿7-21-3 新宿大京ビル7階
お問い合わせ 0120-962-992
院長 田邊雄医師