低身長の治療に使われているのは成長ホルモンです


専門医療機関で行われている低身長の治療では、身長を伸ばすために成長ホルモンを投与します。
成長ホルモンは子どもの身長に大きく関わってくる成分であり、タンパク質で構成されています。

タンパク質には経口投与すると胃で分解されてしまうという特徴があるため、専門医療機関では内服ではなく注射による投与を行っています。
成長ホルモンは家庭での自己注射になりますが、使い方は難しくないため、両親が子どもに注射する形をとります。

また、子どもの年齢がある程度高ければ、子ども本人が自己注射をしても問題はありません。

専門医療機関で成長ホルモンの治療についての相談ができます

子どもの低身長の治療を行っている専門医療機関では、成長ホルモンを投与することで子どもの身長を伸ばします。
正確には成長ホルモン治療は自宅での治療となり、医師の指導に従って保護者または患者である子ども本人が自己注射をします。

低身長の改善に大きな成果が期待できる成長ホルモン治療ですが、低身長の子どもであれば誰でも受けられるというものではありません。
成長ホルモンの投与が認められている主な疾患は、次のようなものになります。

SGA性低身長症

早産で生まれた子どもや、妊娠満期で産まれても妊娠週数と比較して標準より身体が小さい子どもが、SGA性低身長症に当てはまります。
3歳を迎えるまでに身長が伸びる子どももいますが、3歳を過ぎても低身長の子どもには成長ホルモンの投与が行われます。

成長ホルモン分泌不全性低身長症

子どもの時期に成長ホルモンが充分に分泌されず、低身長となったものを成長ホルモン分泌不全性低身長症と言います。
出産の際に何らかの事情により脳の下垂体から成長ホルモンが分泌されにくくなることで、低身長になるとされています。

ターナー症候群

ターナー症候群は2本あるX染色体のうち一部が欠損がある、あるいは1本しか存在しないという染色体の病気です。
2000人に1人ほどの確率で女の子だけが発症し、卵巣の発育が良くないことから思春期の兆候が見られないことがあります。ターナー症候群の子どもには成長ホルモン、または女性ホルモンを投与することで治療が進められます。

成長ホルモン治療の詳細については、信頼できる専門医療機関に相談してみましょう。

成長ホルモンとタンパク質は子どもの成長に不可欠です


骨を成長させる栄養素というとカルシウムを思い浮かべる人は多いですが、実はカルシウムには骨を伸ばす働きはありません。
どちらも子どもにとっては大切な栄養素ですが、骨を伸ばすサポートをする栄養素はタンパク質であり、カルシウムは骨を丈夫にする栄養素になります。

成長ホルモンとタンパク質には、切っても切れない密接な関わりがあります。
骨の先端の細胞に成長ホルモンが働きかけることで骨が伸びますが、この細胞の素となっているのがタンパク質になります。

成長ホルモンはタンパク質の素になるアミノ酸を取り込み、タンパク質合成を活性化させることで身体の成長を促進させます。
また成長ホルモンそのものがタンパク質からできており、成長ホルモンとタンパク質は低身長を改善するうえで重要なものだと言えます。

タンパク質は多くの食材に含まれています

低身長を改善するのに欠かせないタンパク質ですが、タンパク質であれば何でも良いというわけではありません。
良質なタンパク質を効率よく摂取することで、子どもの身長を伸ばすことに役立ちます。

下記はタンパク質を含む、おすすめの食材になります。

・牛肉、豚肉、鶏肉などの肉類
・魚、貝など の魚介類
・鶏卵などの卵類
・納豆、豆腐、豆乳などの大豆類
・牛乳、ヨーグルト、チーズなどの乳製品

タンパク質が低身長の改善に効果的であるといっても、これだけを食べさせ続けるのは問題があります。

人間の身体は食べる物から作られるとも言われています。
ビタミン、ミネラル、カルシウムなど他の栄養素についても考慮して、バランスの良い食事を意識しましょう。

(まとめ)低身長の治療に使われるホルモンってどんなもの?

1.低身長の治療に使われているのは成長ホルモンです

専門医療機関では子どもの身長を伸ばすための治療として、成長ホルモンの投与を行っています。成長ホルモン治療は家庭での自己注射となり、子どもの年齢が低ければ両親などの家族が、子どもの年齢がある程度高ければ本人が注射をします。

2.専門医療機関で成長ホルモンの治療についての相談ができます

専門医療機関で行われている成長ホルモン治療は大きな効果が期待できますが、治療を受けられるのは認定された疾患に限ります。認定されている主な疾患には、SGA性低身長症、成長ホルモン分泌不全性低身長症、ターナー症候群などがあります。

3.成長ホルモンとタンパク質は子どもの成長に不可欠です

身長を伸ばす栄養素はカルシウムだと認識されがちですが、身長を伸ばす助けとなる栄養素はタンパク質です。成長ホルモンはタンパク質合成を活性化し、タンパク質は成長ホルモンの素となります。

4.タンパク質は多くの食材に含まれています

低身長の改善にタンパク質が良いとはいっても、タンパク質だけ摂り続けるのは栄養の偏りに繋がります。バランスの良い食事を心がけ、ビタミン、ミネラル、カルシウムなど他の栄養素もまんべんなく摂取できるようにしましょう。

監修医情報

西新宿整形外科クリニック院長
齋藤まい医師
さいとう まい/Mai Saito

 

経歴
2006 年 関西医科大学 医学部医学科 卒業
療法人藤井会 石切生喜総合病院 臨床研修医
2008 年 大阪市立総合医療センター 整形外科勤務
2010 年 医療法人浩仁会 南堺病院  整形外科
2011 年 医療法人宝持会 池田病院  整形外科
2016 年 西新宿整形外科

運営者情報

運営クリニック 西新宿整形外科クリニック
住所 〒160-0023 京都新宿区西新宿7-21-3 新宿大京ビル7階
お問い合わせ 0120-962-992
院長 齋藤まい医師