骨端線が十分に増えないのが低身長の一つの原因です


骨端線は軟骨細胞からできており、増えると身長が伸びますが、成長するに従って石灰化して硬い骨になります。
早い時期に骨端線が硬質化すると、低身長になる可能性が高まります。

成長期にいかに骨端線を増やすかが、低身長を防ぐカギともいえるでしょう。
骨端線の増加には、成長ホルモンの分泌も関係しているといわれています。

成長ホルモンの分泌が骨端線を増やすといわれています

身長を伸ばすためには骨端線を増やす必要がありますが、骨端線は成長に従い石灰化して硬い骨になり、すると身長の伸びも止まります。
軟骨細胞によってできた骨端線が骨にならないうちに増やすのが身長を伸ばすコツであり、そのカギを握っているのが成長ホルモンです。

成長ホルモンは脳下垂体から分泌されますが、分泌ピークは10代半ばといわれています。
分泌された成長ホルモンは、肝臓や骨に働きかけることによってソマトメジンC(IGF-Ⅰ)と呼ばれるインスリン様成長因子を分泌させるのです。

成人してもある程度の成長ホルモンは分泌されますが、ピーク以降は分泌量が減少し、上昇しないのが一般的とされています。
だからこそ、成長ホルモンの分泌量が最大になっている時期を狙って、骨端線を増やそうとすることが大切です。
さらに、成長ホルモンはタンパク質をつくる働きもあります。

骨を支えるためには筋肉が必要なことからも、身長を伸ばすために成長ホルモンが欠かせないことがわかります。

性ホルモンの分泌が大人の骨へと成長させます


骨端線を増やすのに欠かせず、低身長の克服にも関係している成長ホルモンの分泌のピークは10代半ばといわれていますが、その時期に分泌量が活発化される物質に性ホルモンがあります。
性ホルモンは男性ホルモンと女性ホルモンの2種類があり、大人の男性や女性らしい体つきを作るのに貢献するホルモンです。

一方で、性ホルモンには成長ホルモンの分泌を促進したり、骨への直接的な働きかけによって骨の成長を促したりする役目も果たしています。
つまり、性ホルモンも成長ホルモンと同様に、身長を伸ばすために欠かせない物質だといえます。

ところが、性ホルモンには子どもの骨を硬くして大人の成熟した骨へと成長させる作用もあります。
思春期に入って身長が急激な伸びを見せた後、伸び率が落ちてくることがあるのも、性ホルモンが骨を硬くしているのが原因です。

男子なら筋肉が発達してたくましくなり、女子ならふくよかで女性らしい体型へと変化してきます。
身長を安定して伸ばすには微妙な時期である思春期を迎える前に、成長ホルモンの分泌率を高めて骨端線を増やすのが、より効果的です。

思春期までに成長ホルモンの分泌率を高めます

思春期を過ぎると、骨端線の軟骨細胞がすべて硬い骨となり、骨端線が閉じて身長の著しい伸び率は急激に低下します。
そのため、思春期までにどのような生活を送るかという点も、身長の伸びに関係してきます。

低身長を防ぐには、睡眠・食事・運動に気を配ることも重要です。
なぜなら、成長ホルモンの分泌は、これら3つの行動にも左右されるためです。

寝る子は育つといいますが、睡眠時には一日のうちで最も多くの成長ホルモンが分泌されるといいます。
長時間眠ればいいというわけではなく、眠りの質を高めることも大切です。
良質な眠りを毎日心がけることで、睡眠中の成長ホルモンの分泌率を高めることができます。

食事では、成長ホルモンの原料でもあるタンパク質の摂取を欠かさないようにする必要があります。
また、骨の成長を促すためには、カルシウムやカルシウムの吸収率を高める栄養成分の摂取も必要です。

栄養を偏りなくバランスに注意してとることが、バランス良く体を成長させることにつながります。

運動は過剰にすると逆効果になりかねませんが、適度にすれば成長ホルモンの分泌促進になります。
食欲の増進や程よい疲労感からの熟睡にもつながり、一石二鳥です。

(まとめ)低身長と骨端線の関係は?

1.骨端線が十分に増えないのが低身長の一つの原因です

軟骨細胞からできた骨端線は成長に従い硬くなってくるため、低身長を改善するためには成長期に骨端線を増やすことが欠かせません。また、成長ホルモンの分泌も骨端線の増加に関係しています。

2.成長ホルモンの分泌が骨端線を増やすといわれています

骨端線は成長するに従って硬い骨となり、身長の伸びを止めてしまいます。そのため、骨端線が骨にならないうちにできるだけ増やすのが身長を伸ばすコツです。骨端線を増やすには成長ホルモンの力が必要で、成長ホルモンのピークを逃さないことも大切です。

3.性ホルモンの分泌が大人の骨へと成長させます

身長を伸ばすためには成長ホルモンと同時に性ホルモンも欠かせないものです。しかし、一方で性ホルモンは大人の骨へと成長させる働きも持っているため、思春期を迎える前までになるべく成長ホルモンの分泌率を高めておきたいと言えるでしょう。

4.思春期までに成長ホルモンの分泌率を高めます

思春期を過ぎると骨端線が硬くなり、身長の伸び率も低下するため、思春期までに成長ホルモンの分泌率を高める生活を心がけるのが効果的です。

食事・睡眠・運動は、いずれも成長ホルモンの分泌に欠かせない要素となります。

監修医情報

西新宿整形外科クリニック院長
田邊雄医師
たなべ ゆう/Yu Tanabe
経歴
富山県立富山中部高等学校卒業
金沢医科大学医学部医学科卒業
順天堂医院 初期研修医
順天堂医院 初期研修修了
順天堂医院 整形外科入局
順天堂大学大学院 整形外科学講座
下記順天堂医院関連施設にて勤務・研修
(順天堂本院、順天堂練馬、伊東市民病院、宮川病院、杏雲堂病院、浅草病院、東部地域病院、賛育会病院、王子病院 等)
日本整形外科学会認定 整形外科専門医取得
順天堂大学大学院 医学博士取得
SBCグループ・西新宿整形外科 入職
西新宿整形外科  医院長
ロコモアドバイスドクター 就任
(「ロコモ チャレンジ!推進協議会」公認)

運営者情報

運営クリニック 西新宿整形外科クリニック
住所 〒160-0023 東京都新宿区西新宿7-21-3 新宿大京ビル7階
お問い合わせ 0120-962-992
院長 田邊雄医師