子供の身長を伸ばすには、活動量に応じたタンパク質を毎日摂取することが必要です


成長期の子供にはタンパク質の十分な摂取が毎日必要で、身長を伸ばすためには運動量に見合った不足のないタンパク質の摂取が欠かせません。
それだけでなく十分な睡眠や適度な運動、ストレスのこまめな発散も身長を伸ばすために役立ちます。

しかしこれらの改善を行っても身長が伸びなかったり子供自身が身長をコンプレックスに思っていたりする時は、専門医療機関で医師の診察を受けてみましょう。

成長期の子供には運動量に合ったタンパク質を十分取ることが必要です

子供の身長を伸ばしたい時、カルシウムが必要と思いがちですが、実はタンパク質を積極的に取ることの方がポイントになります。
もちろんカルシウムも適度に必要ですが、カルシウムは骨を硬く丈夫にする働きを持つ栄養素で、骨を伸ばすためにはタンパク質が必要なのです。

ではなぜタンパク質なのかというと、子供の骨には伸びる部分にあたる骨端線が存在しており、そこで軟骨細胞を増やすことにより身長が伸びていくからです。

運動量が多いと不足する場合がある

子供によって運動量には違いがあり、1日の活動内容に合った栄養素を取ることも大切で、もし栄養素が不足すれば骨を伸ばすために使われるはずのタンパク質がエネルギーとして消費されることになります。
そのため運動する子供ではエネルギー補給もタンパク質の摂取と同じくきちんと行って、栄養が不足しないような食事を取らせてあげましょう。

もちろんタンパク質だけに偏ることなく、あらゆる栄養素をバランス良く取ることも必要で、どうしてもタンパク質を取りきれない時にはプロテインを使うこともひとつの方法です。

タンパク質の摂取以外にも生活の中で心がけたいポイントがあります


子供の身長を成長期にしっかり伸ばすには、食事内容の改善だけでなくその他の生活習慣も振り返ることをおすすめします。

睡眠不足を避ける

寝る子は育つということわざは科学的にも証明されており、寝ている間に成長ホルモンの分泌がさかんになって身長の伸びが促されるのです。
十分な睡眠時間を取った子供ほど思春期の到来が遅くなり、身長を伸ばす期間が長くなっています。
しかし日本の子供は理想的な睡眠時間を下回っており、慢性的な睡眠不足の傾向があるため、小学生は9時間半から10時間を目安に寝る時間を促してあげましょう。

適度な運動を継続する

骨に刺激を与えることも骨を伸ばすために必要で、運動すると栄養が軟骨細胞へ行き渡りやすくなり身長の伸びに役立ちます。
それに運動することで適度な疲労感が得られ、睡眠の質を高めることにもつながります。

ストレスをためない

毎日忙しく過ごしている子供は、何かしらのストレスを感じていることが少なくありません。
そのためストレス発散を適度に行わせ、ため込まないように配慮しましょう。

あまりに親御さんから期待をかけすぎてもストレスを感じることがあるので、プレッシャーをかけすぎないこともポイントです。

十分なタンパク質を摂取していても身長が伸びなければ専門医に相談しましょう

タンパク質の摂取量が十分であり、その他の生活習慣も子供の身長を伸ばすために適した内容になっていても、身長が伸びないこともあります。
それだけでなく、子供自身が自分の身長の高さに納得しておらず、コンプレックスを持っていることもあるのです。

そのような場合には、低身長の専門医が在籍する専門の医療機関を訪ねてみましょう。

コンプレックス解消に役立つ施術

クリニックによっては治療目的のみに対応しているところもありますが、平均を大きく下回っていない場合でも子供自身がコンプレックスを感じている場合には、身長を伸ばす施術に取り組めるクリニックを訪ねるとメンタル面のケアにも役立ちます。
そして専門医療機関への受診はできるだけ早い方がおすすめで、なぜなら成長ホルモン治療を受けることになった場合、使用するホルモン剤の量や投与回数を少なくしやすいからです。

(まとめ)子供の身長を伸ばすにはどれだけタンパク質が必要?

1.子供の身長を伸ばすには、活動量に応じたタンパク質を毎日摂取することが必要です

十分なタンパク質を毎日取ることが成長期の子供には必要で、運動量に見合った分を心がけましょう。睡眠や適度な運動、ストレス解消も身長を伸ばす役に立ちますが、それでも身長が伸びなければ専門医療機関を受診してみることもできます。

2.成長期の子供には運動量に合ったタンパク質を十分取ることが必要です

成長期の子供の身長を伸ばすために積極的に取りたい栄養素はタンパク質で、骨を伸ばすには欠かせません。しかし運動量が多いと活動のエネルギーとして使われ、成長に不足することがあるため運動量に合ったタンパク質を取りましょう。

3.タンパク質の摂取以外にも生活の中で心がけたいポイントがあります

タンパク質を十分取る以外に生活の中で気をつけたいポイントは、睡眠不足を避ける・適度な運動を続ける・ストレスを発散するといったものがあります。これらのポイントにも注意して過ごし、身長を伸ばすことに役立てましょう。

4.十分なタンパク質を摂取していても身長が伸びなければ専門医に相談しましょう

タンパク質の摂取が十分でも、身長が伸びない時や子供自身が身長にコンプレックスを持っている場合は、専門医療機関を受診してみましょう。すると身長を伸ばす施術を受けられる可能性があり、コンプレックス解消にも役立つことが期待できます。

監修医情報

西新宿整形外科クリニック院長
田邊雄医師
たなべ ゆう/Yu Tanabe

 

経歴
2003 年 富山県立富山中部高等学校卒業
2011 年 金沢医科大学医学部医学科卒業
2011 年 順天堂医院 初期研修医
2013 年 順天堂医院 初期研修修了
2013 年 順天堂医院 整形外科入局
2014 年 順天堂大学大学院 整形外科学講座
2013-2018 年 下記順天堂医院関連施設にて勤務・研修
(順天堂本院、順天堂練馬、伊東市民病院、宮川病院、杏雲堂病院、浅草病院、東部地域病院、賛育会病院、王子病院 等)
2018 年 日本整形外科学会認定 整形外科専門医取得
2018 年 順天堂大学大学院 医学博士取得
2018 年 SBCグループ・西新宿整形外科 入職
2018 年 西新宿整形外科  医院長
2019 年 ロコモアドバイスドクター 就任
(「ロコモ チャレンジ!推進協議会」公認)

運営者情報

運営クリニック 西新宿整形外科クリニック
住所 〒160-0023 東京都新宿区西新宿7-21-3 新宿大京ビル7階
お問い合わせ 0120-962-992
院長 田邊雄医師