専門医療機関へ子供の身長の相談をする時は7才など早めがおすすめです


子供が7才になっても身長の伸びに心配があれば、早めに専門医療機関で相談しましょう。
専門医に診てもらうことで、身長に注目した施術やアドバイスが受けられるメリットがあります。

そして、成長ホルモン治療を提案される時には効果が期待されており、注射を決められた回数続けることは必要ですが、自宅で行うことができるので頻繁な通院を必要としない点も取り組みやすいといえます。また生活するうえでも、タンパク質の摂取・十分な睡眠・適度な運動を心がけましょう。

身長の伸び方の相談は専門医療機関を選びましょう

7才頃からの身長の伸び方に関する相談をしたい時に何科へ行けば迷いがちですが、専門医療機関の受診がおすすめです。
低身長の専門医が在籍するクリニックを選択することで、成長に注目した診察や検査を受けることができ、その結果に応じた最適な施術を受けられるでしょう。

専門医療機関を受診するメリット

専門医療機関へかかることにより、低身長を引き起こしている原因の見極めや生活上のアドバイスを受けやすいだけでなく、成長ホルモン剤を使った施術を受けられるというメリットがあります。
成長ホルモン剤による施術は、不足している成長ホルモンを補うためのもので、投与を続けることにより身長の伸びを経験する可能性が高くなります。

また成長曲線を大きく下回る身長ではなくても子供がコンプレックスを感じている場合、強いストレスになることがあるため、コンプレックス解消にもつながる施術を検討してもらえるのです。

早めの方が改善しやすい

専門医への相談はできるだけ早めがおすすめで、なぜなら体が小さい時の方が使用する成長ホルモン剤の量も少なく済むためです。
またコンプレックスを強く感じ続ける前に改善することで、ストレスを抱える期間を短くすることにも役立ちます。

成長ホルモン治療を行うことで、不足する成長ホルモンが補えます


専門医療機関で7才の子供の身長について相談した時、医師から成長ホルモン治療を提案されることがあります。
これは体内でも分泌されている成長ホルモンの成分を使ったホルモン剤を投与する施術で、継続することにより身長の伸びが期待できるものです。

効果が期待できる場合のみ

成長ホルモン治療は誰でもすぐに取り組むことのできる施術ではなく、子供にとって必要性があり効果も期待ができると医師が判断した時に提案されます。
そのためまったく効果がない、または病気などの関係から行ってはいけない場合、無理に施術を勧められることがなく安心です。

頻繁な通院を必要としない

注射によって成長ホルモン剤を投与しますが、子供自身や家族が注射を行う施術のため、毎日頻繁に病院へ通う必要がありません。
使う注射器は針がとても短くなっており不安感が少なく、慣れれば子供や家族がきちんと注射を行えるようになるため、比較的継続しやすい施術といえます。

日頃の生活習慣を改善して子供の身長を伸ばしやすくしましょう

毎日の生活習慣は子供の身長の伸びに大きな影響を及ぼすため、7才までといわず思春期を迎えて大人になっていく成長期の間も、身長を伸ばすためのポイントを押さえてあげましょう。

タンパク質を十分取る

タンパク質は成長ホルモンや骨を伸ばす軟骨細胞をつくるために必要で、エネルギーとして消費されないようにするためにも、タンパク質に限らずバランスよく十分な栄養を取ります。

質の高い睡眠を取る

夜寝ている間に最も成長ホルモンが分泌されるため、睡眠時間の確保と質を高めることがおすすめです。実は日本の子供は慢性的な睡眠不足傾向にあるため、夜更かしせず早めに寝るよう促してあげましょう。
また寝る前にテレビやスマホの使用をやめてリラックスした時間を過ごすこともポイントです。

適度な運動を継続する

運動は骨に刺激を与え、血行促進して栄養が行き渡りやすくなることで身長の伸びにつながっていきます。子供の体力や興味に合った運動を継続して行いましょう。

(まとめ)子供の身長が心配な時は7才でも受診するといいの?

1.専門医療機関へ子供の身長の相談をする時は7才など早めがおすすめです

子供の身長に不安がある時7才からでも専門医療機関への受診がおすすめです。必要性や効果の期待から成長ホルモン治療が紹介されることもあり、積極的に身長の伸びに関する施術に取り組めます。また生活の中でも身長を伸ばすための改善を心がけ続けましょう。

2.身長の伸び方の相談は専門医療機関を選びましょう

子供の身長が心配な時は、専門医療機関へかかることがおすすめです。身長の伸びに注目した診察や検査を受けられるため、最適な施術が期待できます。
そして、できるだけ早めに受診することで、早めの改善につながることもメリットの一つです。

3.成長ホルモン治療を行うことで、不足する成長ホルモンが補えます

7才位で身長の伸びに不安があり専門医療機関を受診すると、成長ホルモン治療を提案されることがあります。この治療のメリットは効果が期待できる時にのみ提案されること、頻繁に通院しなくても施術が続けられることが挙げられます。

4.日頃の生活習慣を改善して子供の身長を伸ばしやすくしましょう

7歳までだけでなく思春期を迎え大人になっていく間も、身長を伸ばしやすい生活習慣を心がけましょう。そのポイントには、タンパク質を十分取って睡眠時間をきちんと確保し、適度な運動をすることがあります。

監修医情報

西新宿整形外科クリニック院長
田邊雄医師
たなべ ゆう/Yu Tanabe

 

経歴
2003 年 富山県立富山中部高等学校卒業
2011 年 金沢医科大学医学部医学科卒業
2011 年 順天堂医院 初期研修医
2013 年 順天堂医院 初期研修修了
2013 年 順天堂医院 整形外科入局
2014 年 順天堂大学大学院 整形外科学講座
2013-2018 年 下記順天堂医院関連施設にて勤務・研修
(順天堂本院、順天堂練馬、伊東市民病院、宮川病院、杏雲堂病院、浅草病院、東部地域病院、賛育会病院、王子病院 等)
2018 年 日本整形外科学会認定 整形外科専門医取得
2018 年 順天堂大学大学院 医学博士取得
2018 年 SBCグループ・西新宿整形外科 入職
2018 年 西新宿整形外科  医院長
2019 年 ロコモアドバイスドクター 就任
(「ロコモ チャレンジ!推進協議会」公認)

運営者情報

運営クリニック 西新宿整形外科クリニック
住所 〒160-0023 東京都新宿区西新宿7-21-3 新宿大京ビル7階
お問い合わせ 0120-962-992
院長 田邊雄医師