子供の身長の伸び方は成長曲線を基準にして判断することがおすすめです


成長曲線は子供の身長と体重の成長が問題ないか知りたい時に基準になるデータで、これより大きく下回る時は専門医療機関への受診も考えてみましょう。
専門のクリニックにかかることで、子供に合ったアドバイスや施術の提案がされるため自己判断で行う生活の見なおしより的確な改善になるでしょう。

そして子供の身長を成長期に十分伸ばすには睡眠時間が大切で、普段から不足しないよう疲れた時は長めの睡眠が取れるよう配慮しましょう。

理想的な睡眠時間は年齢ごとに少しずつ違いがありますが、中学生でも9時間半は取っておくことがおすすめです。

成長曲線と子供の身長の推移を比較してみましょう

基準となる成長曲線は厚生労働省のホームページや母子手帳で見ることができますが、そこへ子供の身長・体重のデータを書き入れて比較してみましょう。
平均的な数値の推移が掲載されていますが、その数値より大きく下回っていたり伸び方が少なかったりする場合には専門医に相談する方法もあります。

また専門医も成長曲線を参考にして診察を行うため、子供の身長の推移データがあるとわかりやすいです。

専門医療機関へ相談する

親など血縁者の身長がそれほど高くない場合でも、生活の仕方によってその身長を超える可能性はあります。

しかし生活習慣を変更し継続しても身長に変化がない時は専門医療機関で早めの受診をしましょう。
生活習慣を見なおすことで身長の伸び方が改善されることもありますが、専門的な知識のないまま自己判断で取り組んでいてもあまり改善が見られないこともあります。

したがって子供の身長に関する心配を抱え続けるより、専門医に相談して確かな改善方法や施術の提案を受けた方が安心です。

生活習慣の中でもとくに睡眠時間の確保を心がけましょう


子供の身長を順調に伸ばしたい時、生活習慣を改善する方法がありますが、中でも現代の日本の子供たちに多い睡眠不足の改善をおすすめします。

睡眠不足は思春期が早くなりやすい

思春期の到来が早いとその分身長を伸ばす機会が短くなってしまいます。
そのためできるだけ思春期はゆっくりと訪れた方がよいですが、そうするには睡眠不足にならないことが大切です。
夜必要以上に強い光を浴びていると、生体リズムを調整するメラトニンの正常な分泌を妨げ、その結果思春期が早く訪れることがあります。

寝ている間に成長ホルモンが分泌される

成長ホルモンは日中生活や運動している時にも分泌されますが、夜眠っている間がもっともさかんになります。
そのため夜寝る時間が少なくなるとその分成長ホルモンの分泌量も減りやすく、その結果身長の伸び方に影響することがあるのです。

理想的な睡眠時間を取る

十分睡眠を取ったつもりでも疲労感がある時は睡眠が足りていないため、運動量が多かった時などは睡眠時間を多めに取りましょう。
普段の生活では、幼児10時間半以上、小学校低学年で10時間、高学年から中学生でも9時間半は睡眠を取ることが理想です。

身長がしっかり伸びて思春期を終えることはその後の丈夫な体づくりのためにも必要といえます。

成長曲線を基準にした時身長に心配があれば専門医療機関を受診しましょう

子供の身長について心配があり、専門医療機関を受診すると次のようなことが行われます。
その内容とは専門医の診察を受けて必要な検査を行い、その結果に応じたアドバイスや施術の紹介がされるため具体的に身長を伸ばすための対策が紹介されるです。

もし成長曲線を参考にして身長の推移を比較した時、それほど問題のない数値であったとしても、子供自身が身長の高さについてコンプレックスを持っている時も専門医に相談してみましょう。
コンプレックスを長く抱えているとそれがストレスとなってしまうため、身長を改善することで気持ちが前向きになることも期待できるからです。

そこで提案される施術のひとつに成長ホルモン治療があり、成長ホルモン製剤を注射で投与する方法を毎日決まった回数と量の注射を打つ必要があります。
すると毎日通院することをイメージしがちですが、ごく短い針の注射器を使うので自宅で子供自身や家族により行うことができ頻繁な通院の手間がかかりません。

(まとめ)子供の身長が伸びているかは何を基準にするべき?

1.子供の身長の伸び方は成長曲線を基準にして判断することがおすすめです

成長曲線は子供の成長具合の基準になるデータで、もし推移が大きく下回った時は専門医を受診しましょう。また日頃から睡眠不足にならないように気をつけ、睡眠中の成長ホルモンの分泌を妨げないことが大切です。

2.成長曲線と子供の身長の推移を比較してみましょう

厚生労働省のホームページなどに掲載されている成長曲線を見ると、子供の身長が順調に伸びているか参考になります。もし大きく下回っていたり伸びがとても小さかったりする時は専門医に相談してみましょう。

3.生活習慣の中でもとくに睡眠時間の確保を心がけましょう

成長曲線のように順調に子供の身長を伸ばすには生活習慣の改善がおすすめです。そのためには睡眠不足を避けて夜寝る時間をしっかりと確保し、理想的な睡眠時間かそれよりも長めに眠ることを心がけましょう。

4.成長曲線を基準にした時身長に心配があれば専門医療機関を受診しましょう

成長曲線で身長の推移をチェックした時その差が大きければ専門医の診察を受けましょう。もし成長曲線ではそれほど身長の推移に問題がなかったとしても、子供自身がコンプレックスに感じていれば専門医との相談がおすすめです。

監修医情報

西新宿整形外科クリニック院長
田邊雄医師
たなべ ゆう/Yu Tanabe

[su_button url=”https://www.ns-seikeigeka.com/dr.html#tanabe” target=”blank” style=”flat” background=”#edc726″]詳しくはこちら[/su_button]

経歴
富山県立富山中部高等学校卒業
金沢医科大学医学部医学科卒業
順天堂医院 初期研修医
順天堂医院 初期研修修了
順天堂医院 整形外科入局
順天堂大学大学院 整形外科学講座
下記順天堂医院関連施設にて勤務・研修
(順天堂本院、順天堂練馬、伊東市民病院、宮川病院、杏雲堂病院、浅草病院、東部地域病院、賛育会病院、王子病院 等)
日本整形外科学会認定 整形外科専門医取得
順天堂大学大学院 医学博士取得
SBCグループ・西新宿整形外科 入職
西新宿整形外科  医院長
ロコモアドバイスドクター 就任
(「ロコモ チャレンジ!推進協議会」公認)

運営者情報

運営クリニック 西新宿整形外科クリニック
住所 〒160-0023 東京都新宿区西新宿7-21-3 新宿大京ビル7階
お問い合わせ 0120-962-992
院長 田邊雄医師