子供の身長を伸ばすには適度な筋トレで刺激を与えることもおすすめです


身長を伸ばしたい時は筋トレをすることもよいですが、合わせて全身運動も行いましょう。

筋トレはムリのない負荷の大きすぎないものにし、全身運動はジャンプの動きがある子供の好きなスポーツにすることがおすすめです。
そして筋トレなど運動をするためにはタンパク質をはじめとした栄養素をバランスよく取る必要があり、普段の食事では朝食や間食までタンパク質が豊富なメニューになるよう配慮しましょう。

筋トレだけでなく全身運動も行うことが必要です

順調に子供の身長を伸ばすために運動することは必要で、筋トレを行うこともよいでしょう。
ただし筋トレだけを続けるのではなく全身運動も合わせて行うことがおすすめです。

筋トレはムリをしないこと

筋トレは適度に行いムリをしないことが大切で、重量挙げのような大きな負荷のかかるトレーニングは、まだ体ができあがっていない子供のうちにたくさん行うことは避けた方が安心で、取り組む時は思春期が終わってからが安心です。そして腹筋や背筋などを行う時は正しいやり方で取り組み、体を痛めないようにする配慮もしましょう。

縦方向に圧がかかる運動

運動は骨が伸びるために必要な刺激ですが、縦方向にかかる運動がおすすめです。

たとえば全身運動にその要素を含む物が多く、バスケットボール・バレーボール・ジョギング・なわとび・ダンスがあり、ジャンプを含む運動がよいでしょう。
またその中から、子供が好きと思われるものを選んで取り組ませることはストレス発散にも役立ち、背を伸ばすためだけに種目を選ぶことは逆に子供にとってストレスになることがあります。

タンパク質をはじめとする栄養素を食事でしっかり取りましょう


成長期の子供に必要な栄養素は多いですが、運動をする場合はさらに不足しないように増やすことが大切です。
とくに子供の身長を伸ばす、筋肉を増やすといった体づくりを目的とする場合、タンパク質の十分な摂取が不可欠です。

食事のタンパク質含有量を増やす

毎日の食事では、昼食と夕食で比較的多くタンパク質を取っている場合が多いものの、朝食や間食では少なくなりやすいかもしれません。
そのため朝食に卵や豆、魚や肉などを使ったメニューにしたり、間食にお菓子やジュースをやめてタンパク質や栄養を含む食品に変えてみましょう。

エネルギー不足に注意する

タンパク質の摂取だけを気にせず、その他の栄養素もバランスよく取りましょう。
食の細い子供は運動をすると食欲増進に役立つのでおすすめで、運動に必要なエネルギーを補給するためにも炭水化物の摂取も合わせて行うことです。

ほかにも脂質やビタミン、ミネラルなど体の働きに欠かせない栄養素が十分補給されていることで運動もスムーズに行え、身長の伸びも順調になることが期待できます。

専門医に相談して子供の身長の伸び方を改善する方法があります

筋トレをはじめとする運動や食事でしっかりとタンパク質などの栄養をバランスよく取っていても、なかなか子供の身長が伸びなかったり、子供が身長の高さについてコンプレックスを持っていたりする場合は、早めに専門医と相談しましょう。
専門医療機関で低身長の専門医の診察と検査を受けることにより、必要なアドバイスや施術内容の提案がされ、身長の改善やコンプレックス解消に役立ちます。

また生活改善は家族や子供により取り組むことができますが、本当にそのやり方で正しいのかどうか不安をもつことも少なくありません。
そのため専門医にみてもらった上で、受けたアドバイスをもとに生活習慣の見なおしをした方がストレスが少なく安心して行えるでしょう。

そして専門医から成長ホルモン治療の提案がされることもあり、その方法は成長ホルモン製剤を注射で投与し身長を伸ばすよう促していきます。
子供の体重に応じた量の製剤を1日に決められた回数を打つことになりますが、自宅で家族や子供が自分で打つこともできるような針のとても短い注射器を使うので頻繁な通院の手間もかからず続けやすい施術です。

(まとめ)子供の身長を伸ばすには筋トレが必要?

1.子供の身長を伸ばすには適度な筋トレで刺激を与えることもおすすめです

筋トレは子供の身長を伸ばすために行ってもよいですが、全身運動も合わせてすることがおすすめです。そして運動する場合はエネルギーが不足しないように、タンパク質をはじめとする栄養素をバランスよく補給しましょう。

2.筋トレだけでなく全身運動も行うことが必要です

運動は子供の身長を伸ばすために必要で筋トレを行うこともよいでしょう。ただし負荷の大きいムリな筋トレを繰り返すことはせず適度に行い、全身運動も合わせて行うことです。

3.タンパク質をはじめとする栄養素を食事でしっかり取りましょう

子供の身長を伸ばすために運動する時、タンパク質など栄養素が不足しないようにしましょう。食事ではタンパク質を十分に取り、ほかにもエネルギーとなる炭水化物や脂質・ビタミン・ミネラルなど体の働きに必要な栄養素をバランスよく取ることも欠かせません。

4.専門医に相談して子供の身長の伸び方を改善する方法があります

筋トレなどの運動・食事・睡眠の改善をしても子供の身長が伸びてこなければ、専門医と相談してみましょう。すると適切なアドバイスや施術の提案が受けられ、必要や効果の期待によって成長ホルモン治療を紹介されます。

監修医情報

西新宿整形外科クリニック院長
田邊雄医師
たなべ ゆう/Yu Tanabe
経歴
富山県立富山中部高等学校卒業
金沢医科大学医学部医学科卒業
順天堂医院 初期研修医
順天堂医院 初期研修修了
順天堂医院 整形外科入局
順天堂大学大学院 整形外科学講座
下記順天堂医院関連施設にて勤務・研修
(順天堂本院、順天堂練馬、伊東市民病院、宮川病院、杏雲堂病院、浅草病院、東部地域病院、賛育会病院、王子病院 等)
日本整形外科学会認定 整形外科専門医取得
順天堂大学大学院 医学博士取得
SBCグループ・西新宿整形外科 入職
西新宿整形外科  医院長
ロコモアドバイスドクター 就任
(「ロコモ チャレンジ!推進協議会」公認)

運営者情報

運営クリニック 西新宿整形外科クリニック
住所 〒160-0023 東京都新宿区西新宿7-21-3 新宿大京ビル7階
お問い合わせ 0120-962-992
院長 田邊雄医師