子供の身長の伸びと猫背に直接的な影響はありませんが、改善すると身長が高く見えます


猫背の子供は身長が伸びにくいことの医学的根拠はありませんが、猫背になっていると身長は低く見られがちです。

そこで猫背改善するには背筋力アップがおすすめで、正しい姿勢のキープに努めたり簡単なトレーニングを行ったりしましょう。
そして日頃の生活習慣では睡眠不足や栄養の偏りを改善し、健康的な毎日を送ることが大切です。

猫背になっていると身長が低く見えやすいです

猫背など悪い姿勢が子供の身長の伸びを妨げるということに医学的根拠はありません。

しかし猫背の子供の身長が低く見られやすい傾向があるのです。
具体的には姿勢が悪いと、2cmほど身長が低く見えるためよい姿勢を取ることが勧められています。

そのため猫背を招いている原因を見つけて改善することが子供の身長を少しでも高く見せるためにはおすすめです。
とくに猫背改善をポイントにした場合は背筋の筋力アップを目指しましょう。

背筋が鍛えられることで正しい姿勢を保ちやすくなり、その結果猫背改善につながります。
背筋力アップのためには、あえてトレーニングを続ける必要はなく、日頃から猫背にならないために肩が前側内側に入ってこない姿勢を心がけることです。
プラスでトレーニングを行う場合は子供にとってムリのない内容にすることが必要で、たとえばまず正座をして頭の後ろで両手を組みます。

首が前に出ないように胸をやや張る姿勢にし、背筋をキープしたままお辞儀しましょう。
この時かかととお尻が浮かないように気をつけ、限界まで前に倒したところで元に戻します。

子供の身長を伸ばすための生活習慣へ改善しましょう


正しい姿勢を取るだけでなく、日頃の生活習慣が子供の身長の伸び方に影響を与えている場合があります。そのため次のポイントについて普段の生活を振り返って改善し、子供の身長がより伸びやすいようにしましょう。

睡眠不足にさせない

現代の日本の子供たちは世界的に見て睡眠不足傾向にあるといわれています。
夜寝ている間に成長ホルモンが分泌されて身長が伸びるよう促されるため、十分な睡眠時間を確保することが背を高くするためには必要です。

そこで理想的な睡眠時間ですが、小学校低学年は10時間以上、高学年から中学生でも9時間半で、少しでも早くベッドへ入るよう促してあげましょう。
寝る前にテレビやスマホ、パソコンの画面を見ているとぐっすり眠りにくくなるため、見ない時間をつくってから眠ることもおすすめです。

タンパク質を十分取る

背筋の筋力アップや骨の軟骨細胞を増やして身長を伸ばすためには、その元になるタンパク質の十分な摂取が欠かせません。そのため毎日の食事の中では、肉・魚・卵・乳製品・大豆製品をバランスよく取らせてあげることです。

もちろんタンパク質を多く含む食品だけでなく、炭水化物・脂質・ミネラルなどあらゆる栄養素もバランスよく摂取しましょう。

猫背を改善しても身長が高くならない時は専門医への相談もおすすめです

姿勢を正したり背筋力をアップしたりといった生活習慣の改善を行っても、ほとんど子供の身長に変化が見られない時には専門医療機関で低身長について相談する方法もあります。
すると専門医の診察や検査結果にもとづくアドバイス・施術によって、子供の身長が伸びる可能性を期待できるのです。

成長ホルモン剤による施術

専門医療機関を受診し診察や検査を受けた結果によっては、成長ホルモン剤を投与して身長が伸びるよう促す施術を提案されることもあります。
すると不足している成長ホルモンを補うことで、身長を伸ばす働きが促されるようになるのです。

成長ホルモンは体内でも分泌されているものですから、拒絶反応や副作用を起こす心配が少ないというメリットもあります。

その他にも、毎日注射による投与が必要ですが針のとても短い注射器を使うため、慣れれば子供自身や家族が注射を行うことも可能で、毎日通院する手間もかからない方法です。
また早めに施術を始めた方が注射の量や頻度を抑えやすいため、身長の伸びが心配な時は早めの受診をおすすめします。

(まとめ)猫背の子供は身長が伸びにくい?

1.子供の身長の伸びと猫背に直接的な影響はありませんが、改善すると身長が高く見えます

子供の身長と猫背の関係について医学的根拠はないものの、身長が低く見られがちです。猫背改善のためには背筋力アップのトレーニングを行い、生活習慣を改善して子供の身長がより伸びるよう促しましょう。

2.猫背になっていると身長が低く見えやすいです

猫背によって子供の身長が伸びなくなるという説に医学的根拠はありません。しかし身長が低く見られやすいので猫背を改善することはおすすめで、そのためには背筋を鍛えましょう。

3.子供の身長を伸ばすための生活習慣へ改善しましょう

猫背だけでなく生活習慣が身長の伸び方に影響を与えやすいため、内容を改善して身長を伸ばしやすいものにしましょう。そのためには、理想的な睡眠時間をしっかり取ることやタンパク質の豊富な食事がおすすめです。

4.猫背を改善しても身長が高くならない時は専門医への相談もおすすめです

生活習慣を見直しても子供の身長がほとんど伸びなければ、専門医療機関へ出かけてみましょう。診察や検査にもとづいて成長ホルモン剤を投与する施術が提案されることもあり、これは不足する成長ホルモンを直接補う方法です。

監修医情報

西新宿整形外科クリニック院長
田邊雄医師
たなべ ゆう/Yu Tanabe

 

経歴
2003 年 富山県立富山中部高等学校卒業
2011 年 金沢医科大学医学部医学科卒業
2011 年 順天堂医院 初期研修医
2013 年 順天堂医院 初期研修修了
2013 年 順天堂医院 整形外科入局
2014 年 順天堂大学大学院 整形外科学講座
2013-2018 年 下記順天堂医院関連施設にて勤務・研修
(順天堂本院、順天堂練馬、伊東市民病院、宮川病院、杏雲堂病院、浅草病院、東部地域病院、賛育会病院、王子病院 等)
2018 年 日本整形外科学会認定 整形外科専門医取得
2018 年 順天堂大学大学院 医学博士取得
2018 年 SBCグループ・西新宿整形外科 入職
2018 年 西新宿整形外科  医院長
2019 年 ロコモアドバイスドクター 就任
(「ロコモ チャレンジ!推進協議会」公認)

運営者情報

運営クリニック 西新宿整形外科クリニック
住所 〒160-0023 東京都新宿区西新宿7-21-3 新宿大京ビル7階
お問い合わせ 0120-962-992
院長 田邊雄医師