寝ている間成長ホルモンの分泌が盛んになるため、アルギニンを寝る前に取ることはおすすめです


アルギニンを取る時間は寝る前がおすすめです。
なぜなら夜の睡眠中が最も成長ホルモンの分泌が盛んになるからです。

そのため夕食ではアルギニン豊富な食材をバランス良く使い、それだけでなくアルギニンをサポートする働きを持つ、ビタミンB6やシトルリンを含んだ食品も取り入れましょう。
そして睡眠の質を高めることも成長ホルモン分泌促進につながるので、寝る前の食事を避けて寝室を暗くし、日中には体を動かしておきましょう。

また、成長ホルモン治療によって直接身長を伸ばそうとする方法もあります。

成長ホルモンの分泌が盛んになる寝る前のアルギニン摂取をしましょう

成長ホルモンの分泌は夜寝ている間に最も盛んになることから、アルギニンを寝る前に取ることでより成長ホルモンの分泌を高めることが期待できます。
そのため寝る前最後の食事にあたる夕食で、アルギニンを多く含む食品を積極的に取ることがおすすめです。

例えばアルギニンは、肉類や大豆製品に多く含まれていますが、他の栄養素も必要なためさまざまな食材を使った献立を心がけましょう。
また、アルギニンの働きに関わる栄養素は以下のものがあります。

ビタミンB6

アルギニンを体内で合成する時に必要で、ビタミンB6を多く含む食品にあたる、肉やレバー、カツオやマグロなどを取り入れたメニューがおすすめです。
また果物ではバナナにもビタミンB6が含まれているので、夕食のデザートや運動前や運動中の間食にも利用しましょう。

シトルリン

アルギニンを増やすために必要で、アルギニンが増えると一酸化窒素が上昇し血流量が上がると言われています。
シトルリンはスイカに最も多く含まれており、その他のウリ科植物にも含まれていることから、夕食のサラダやデザート、スープなどとして取り入れやすいでしょう。

睡眠の質を高めて成長ホルモンの分泌をさらに促進しましょう


寝る前にアルギニンを取るだけでなく、睡眠の質を高めることも成長ホルモンの分泌や身長の伸びに関わってきます。
そのためアルギニンを取る時期だけでなく、睡眠の取り方にも注意して成長ホルモンの分泌を促進しましょう。

睡眠の質を高めるポイントは以下のものがあります。

寝る前2時間以内は食べない

血糖値の高い状態では成長ホルモンの分泌が妨げられるので、寝る前2時間は食事をせず消化の時間にあてましょう。
水分は取ってかまいませんが、糖分の入った物はできるだけ避けましょう。

暗くした部屋で寝る

強い光のあたった状態では睡眠が浅くなりやすいので、成長ホルモンの分泌を促すためにも照明をできるだけ落とした部屋で眠り、睡眠を深くすることです。

日中に全身運動をする

力があり余っていると寝つきが悪くなりやすく、全身を使った運動をすることで適度な疲労感が得られ眠りやすくなるでしょう。
それだけではなく骨に刺激も与えられるので、骨を伸ばし身長を高くすることにも役に立ちます。

サプリメントでアルギニンを取り続けるより専門の医療機関を受診しましょう

成長ホルモンの分泌促進の点からアルギニンに興味を持ち、食事だけでなくサプリメントも利用しようと考える時には、より積極的な身長に対する治療を選択する方法もあります。
その方法とは、専門の医療機関で成長ホルモン注射による低身長治療を受けることです。

ただしこのやり方は一度受診して問診や検査を受け、その結果に基づいて医師が成長ホルモン治療が有効かどうかを判断してからのスタートになります。
アルギニンのサプリメントを成長ホルモンの分泌促進目的で取る場合、実は十分な量ではないと言われています。

なぜなら飲むタイプのため消化吸収されて血液中に届く量が少なくなってしまうからです。
その点成長ホルモン治療は注射で行われており、成長ホルモンに近い成分を直接血液へ投与することで成長ホルモンの働きを補うことに役立ちます。
また成分が体内でも分泌されているものと近いことから安全性の高い方法とも言えます。

(まとめ)アルギニンは寝る前に取るといいの?

1.寝ている間成長ホルモンの分泌が盛んになるため、アルギニンを寝る前に取ることはおすすめです

寝る前にアルギニンを取ることがおすすめなので、夕食ではアルギニンの豊富な食材をバランス良く取り入れましょう。睡眠の質を高めることも成長ホルモンの分泌促進につながります。
もしさらに成長ホルモンの分泌を高めたい時は専門医療機関を受診しましょう。

2.成長ホルモンの分泌が盛んになる寝る前のアルギニン摂取をしましょう

夜寝ている時に成長ホルモンの分泌が盛んになるため寝る前のアルギニン摂取がおすすめです。そのためには夕食で肉や大豆製品を積極的に取るほか、アルギニンの合成に必要なビタミンB6やシトルリンも合わせて取れるようにしましょう。

3.睡眠の質を高めて成長ホルモンの分泌をさらに促進しましょう

アルギニンを取りつつ睡眠の質も高めることで成長ホルモンの分泌促進に役立ちます。そのためには寝る前2時間は食事しない・部屋を暗くして寝る・昼間に全身運動をすることがポイントです。

4.サプリメントでアルギニンを取り続けるより専門の医療機関を受診しましょう

より積極的な方法で成長ホルモンの分泌を促進させようとする場合、専門医療機関で成長ホルモン治療を受ける方法があります。このやり方で成長ホルモン製剤を血液中に投与することで補い、骨を伸ばす働きにつながるのです。

監修医情報

西新宿整形外科クリニック院長
田邊雄医師
たなべ ゆう/Yu Tanabe
経歴
富山県立富山中部高等学校卒業
金沢医科大学医学部医学科卒業
順天堂医院 初期研修医
順天堂医院 初期研修修了
順天堂医院 整形外科入局
順天堂大学大学院 整形外科学講座
下記順天堂医院関連施設にて勤務・研修
(順天堂本院、順天堂練馬、伊東市民病院、宮川病院、杏雲堂病院、浅草病院、東部地域病院、賛育会病院、王子病院 等)
日本整形外科学会認定 整形外科専門医取得
順天堂大学大学院 医学博士取得
SBCグループ・西新宿整形外科 入職
西新宿整形外科  医院長
ロコモアドバイスドクター 就任
(「ロコモ チャレンジ!推進協議会」公認)

運営者情報

運営クリニック 西新宿整形外科クリニック
住所 〒160-0023 東京都新宿区西新宿7-21-3 新宿大京ビル7階
お問い合わせ 0120-962-992
院長 田邊雄医師