アルギニンを取ると疲労回復や免疫力アップの効果があると言われており寝起きが良くなると期待できます


睡眠の質が高く十分取れていると寝起きが良くなりやすいため、アルギニンを取って成長ホルモンの分泌を促進し疲労回復に役立てましょう。
アルギニンは日々の食事で取ることがおすすめで、例えば肉類や豆類、ゴマ、にんにくなどが豊富に含まれておりバランス良く使いましょう。

そして合成をサポートするビタミンB6やシトルリンを取ることも大切です。
また、ストレスがたまると成長ホルモンの分泌が阻害されてしまうため、運動などをして適度に発散しましょう。

質の高い十分な睡眠が取れていると寝起きが良くなりやすいです

もし仮に食生活や運動を成長のために気をつけていても、睡眠が不足していれば寝起きが良くなったり十分身長が伸びたりすることを期待することは難しいでしょう。
そのため、年齢に応じた睡眠が不足しないように取ることが必要です。

質の高い睡眠であるほど成長ホルモンの分泌は盛んになるので、アルギニンを生かすためにも良い睡眠を取りましょう。

成長ホルモンの効果

夜寝ている間に成長ホルモンが最も分泌されており、成長ホルモンは骨を伸ばすよう指示をするだけでなく、体を休めて疲労回復を促す働きも持っています。
したがってスムーズに疲労回復が行われれば翌日の体調の良にもつながり、寝起きが良くなる可能性も高くなるのです。

もし疲労が残っていると寝起きが悪くなりやすく、朝寝起きが良いかどうかは十分な睡眠が取れているかをチェックする機会と言えます。

アルギニンの摂取で分泌を促進

成長ホルモンの分泌を促すと効果が期待できるアルギニンですが、十分取ることで疲労回復の働きが期待できるでしょう。
アルギニンの摂取量が足りていることが疲れを取り、寝起きを良くすることにつながると言われます。

アルギニンをあらゆる食材からバランス良く取りましょう


タンパク質を構成するアミノ酸の1種であるアルギニンは、寝起きを改善するためにも不足しないように毎日の食事から取りましょう。
アルギニンのサプリメントを利用する方法もありますが、サプリメントのみでたくさん取りすぎると体に影響を与える恐れがあることから、あらゆる食材からアルギニンを取ることがおすすめです。

アルギニンを多く含む食べ物

アルギニンは、大豆などの豆類や大豆製品、鶏肉や豚肉などの肉類、ゴマ、にんにくなどに含まれています。
これらの食材を毎日のメニューにバランス良く使うことでアルギニンの摂取量を増やしましょう。

しかし肉類が中心になると脂肪も多く含むため脂肪の取りすぎにならないようにする注意が必要です。

アルギニンをサポートする栄養

アルギニンを消化吸収し、合成して増やしていくためには、サポートするための栄養素が必要です。
その栄養素とはビタミンB6とシトルリンで、ビタミンB6は肉にも含まれているため、アルギニンと合わせて取ることのできる便利な食材でしょう。

またシトルリンはウリ科の植物に含まれているので、キュウリの酢の物を添えたりスイカをデザートにしたりしてプラスしましょう。

ストレスを解消して眠りやすくすることもおすすめです

大きなストレスを抱えていると眠りが浅くなりやすく、寝起きを悪くする可能性があります。
そのためアルギニンとその合成などに必要な栄養素も合わせて取るほか、ストレスを解消することも寝起きを良くするために行ってみましょう。

運動不足を解消する

体を動かすことは取り組みやすいストレス解消法で、適度な疲労感を得られるので深い睡眠を導くことにもつながります。
子供の身長を伸ばすことを考えれば全身運動をすることは、ストレス発散だけでなく、骨に刺激を与えて伸びやすくする点からもメリットがあるのです。

ストレスは成長ホルモンを阻害する

ストレスにさらされているとコルチゾールが分泌され、これは成長ホルモンの分泌を阻害されてしまいます。
そのため日頃からストレスを溜めこまないようにし、ストレスを感じた時には運動や趣味を楽しむなど自分に合ったストレス発散法を行いましょう。

(まとめ)アルギニンを取ると寝起きが良くなるの?

1.アルギニンを取ると疲労回復や免疫力アップの効果があると言われており寝起きが良くなると期待できます
寝起きを良くするには成長ホルモンの

分泌をスムーズにして疲労回復を促すことで、そのためにもアルギニンを取りましょう。毎日の食事でアルギニンを含む食べ物を取り、ストレスを解消することが寝起き改善にはおすすめです。

2.質の高い十分な睡眠が取れていると寝起きが良くなりやすいです

生活習慣の中で睡眠不足になっていると寝起きが悪くなる可能性があります。そのため必要な睡眠時間を取り、その質を高めることも必要です。
成長ホルモンは疲労回復の働きもあるため、アルギニンを十分取って成長ホルモンを分泌させましょう。

3.アルギニンをあらゆる食材からバランス良く取りましょう

アルギニンを不足のないように取るためには、さまざまな食材をバランス良く使うことがおすすめです。取ったアルギニンを生かすためにはビタミンB6とシトルリンも必要です。
これらを含む食品も適度に取りましょう。

4.ストレスを解消して眠りやすくすることもおすすめです

寝起きが悪い時、ストレスによって眠りが浅くなっている可能性もあります。ストレス解消の方法として運動することがおすすめです。
全身運動で骨に刺激を与えることも可能です。またストレスは成長ホルモンの分泌を阻害しやすいので解消する必要があります。

監修医情報

西新宿整形外科クリニック院長
田邊雄医師
たなべ ゆう/Yu Tanabe

[su_button url=”https://www.ns-seikeigeka.com/dr.html#tanabe” target=”blank” style=”flat” background=”#edc726″]詳しくはこちら[/su_button]

経歴
富山県立富山中部高等学校卒業
金沢医科大学医学部医学科卒業
順天堂医院 初期研修医
順天堂医院 初期研修修了
順天堂医院 整形外科入局
順天堂大学大学院 整形外科学講座
下記順天堂医院関連施設にて勤務・研修
(順天堂本院、順天堂練馬、伊東市民病院、宮川病院、杏雲堂病院、浅草病院、東部地域病院、賛育会病院、王子病院 等)
日本整形外科学会認定 整形外科専門医取得
順天堂大学大学院 医学博士取得
SBCグループ・西新宿整形外科 入職
西新宿整形外科  医院長
ロコモアドバイスドクター 就任
(「ロコモ チャレンジ!推進協議会」公認)

運営者情報

運営クリニック 西新宿整形外科クリニック
住所 〒160-0023 東京都新宿区西新宿7-21-3 新宿大京ビル7階
お問い合わせ 0120-962-992
院長 田邊雄医師