アルギニンを合成する時血管拡張作用があるため、毛細血管の血行促進に役立つと言われています


アルギニンをシトルリンから合成する時に血行促進されるため、毛細血管のすみずみまで成長ホルモンが届きやすくなります。
しかしアルギニンは吸収が早いものの効率が悪く、シトルリンは吸収が遅いけれど効率が良いとの特徴があるのでどちらも食事でバランス良く取りましょう。

その他に全身運動も毛細血管の血行促進が期待できるので、行うようにすると身長を伸ばすための骨への刺激にもなります。
また専門医療機関での治療により、直接注射を使って成長ホルモンの量を増やす方法もあります。

シトルリンからアルギニンを合成する時に血管拡張作用が期待されます

成長ホルモンの分泌促進などの目的でアルギニンのサプリメントが販売されていますが、そこに合わせて含まれている成分にシトルリンがあります。
このシトルリンがアルギニンを合成するためにオルニチン回路を活性化した時、一酸化窒素が増えることで血行が促進されます。

そのためアルギニンは毛細血管の血行を促進し、分泌された成長ホルモンが体中に行き渡りやすくすると言われます。シトルリンからアルギニンが作り出されるのならば、アルギニンを多く取れば良いと思うかもしれません。

しかしアルギニンそのもので取った場合吸収は早いですが効率が悪く、その点シトルリンは吸収速度はゆっくりですが吸収効率は良いというメリットがあります。
アルギニンだけ、シトルリンだけで摂取するよりも両方合わせて取ると良いでしょう。

そしてその取り方は食事の中で食べ物から取るようにし、サプリメントに頼りすぎないよう注意しましょう。

食事でアルギニンとシトルリンを取る工夫をしましょう


アルギニンとシトルリンは食事の中から取った場合、多少取りすぎても特に問題はないと言われています。そのため食事の中にアルギニンやシトルリンを多く含む食材を活用して、毛細血管での血行促進をしましょう。

アルギニンの多い食品

肉や大豆製品に多く含まれており、中でもゼラチンが最も多く次いで湯葉となっています。
しかしこれらの食材をたくさん取ろうとすることは難しいため、その他の凍り豆腐・落花生・鶏肉・豚肉・大豆・しらすなどを用いてあらゆる食品からアルギニンを取ることを目指しましょう。

シトルリンの多い食品

遊離アミノ酸の一種であるシトルリンはウリ科の植物に多く含まれている成分です。
中でもスイカが最も含有率は高いものの、夏場にしか出まわらず価格も比較的高いことから頻繁に食べることは難しいかもしれません。

そこでスイカだけに限らず、冬瓜・キュウリ・ニガウリ・にんにくなども活用してシトルリン摂取をしましょう。

サプリメントにあまり頼らない

サプリメントはアルギニンやシトルリンだけを多く取ろうとする時便利と思いがちですが、単体で取る場合は過剰摂取の心配があります。
取りすぎると下痢などの症状が現れる可能性があることから、サプリメントには頼らず食べ物からアルギニンやシトルリンを取って、毛細血管の血行促進をしましょう。

毛細血管の血行が促進されると成長ホルモンの分泌もスムーズになります

成長ホルモンは血液の中に含まれて必要なところへ運ばれるため、毛細血管の血行が促進されれば成長ホルモンもスムーズに身体へ届けられることになります。
そのため成長期の子供の身長をよく伸ばすためにも、毛細血管の血行が良くなることは必要です。

そして、アルギニンやシトルリンの摂取以外にも毛細血管の血行を促進する方法を行ってみましょう。

全身運動をする

全身を使った運動は心拍数を上げて血行促進に役立つので、法再血管のすみずみまで栄養や酸素、成長ホルモンが届きやすくなります。
またあらゆる動きのある運動は骨に刺激を与えて栄養を行き渡りやすくすることから、身長を伸ばすことにも役立つでしょう。

成長ホルモンの量を増やす

専門医療機関を受診すると、診察や検査によって成長ホルモン製剤と使った治療が提案されることがあります。
注射で血液中に成長ホルモン製剤を投与して成長ホルモンの量を増やすことにより、スムーズに必要な部位へ届けることを目指す方法です。

(まとめ)アルギニンは毛細血管の血行を良くするの?

1.アルギニンを合成する時血管拡張作用があるため、毛細血管の血行促進に役立つと言われています

シトルリンからアルギニンをつくる時に血管拡張作用があることから、毛細血管の血行促進が期待できます。そのためアルギニンとシトルリンを食事で取ることが望ましく、合わせて血行促進する全身運動もおすすめです。

2.シトルリンからアルギニンを合成する時に血管拡張作用が期待されます

シトルリンがアルギニンを合成する時の働きで血管拡張され、毛細血管の血行促進がされます。アルギニンは吸収が早いものの効率が悪く、シトルリンは吸収は遅いけれど効率は良いのでバランス良く取りましょう。

3.食事でアルギニンとシトルリンを取る工夫をしましょう

食事でアルギニンとシトルリンを取り、毛細血管の血行を促進しましょう。そのためにアルギニンの多い鶏肉や豚肉、凍り豆腐などの大豆製品を取り、シトルリンの多いウリ科植物を取ることがおすすめです。

4.毛細血管の血行が促進されると成長ホルモンの分泌もスムーズになります

アルギニンやシトルリンの摂取以外に、全身運動も毛細血管の血行促進に役立ちます。また専門医療機関で行う成長ホルモン治療を受けると成長ホルモンの分泌量を直接増やし、身長の伸びなどが期待できます。

監修医情報

西新宿整形外科クリニック院長
田邊雄医師
たなべ ゆう/Yu Tanabe
経歴
富山県立富山中部高等学校卒業
金沢医科大学医学部医学科卒業
順天堂医院 初期研修医
順天堂医院 初期研修修了
順天堂医院 整形外科入局
順天堂大学大学院 整形外科学講座
下記順天堂医院関連施設にて勤務・研修
(順天堂本院、順天堂練馬、伊東市民病院、宮川病院、杏雲堂病院、浅草病院、東部地域病院、賛育会病院、王子病院 等)
日本整形外科学会認定 整形外科専門医取得
順天堂大学大学院 医学博士取得
SBCグループ・西新宿整形外科 入職
西新宿整形外科  医院長
ロコモアドバイスドクター 就任
(「ロコモ チャレンジ!推進協議会」公認)

運営者情報

運営クリニック 西新宿整形外科クリニック
住所 〒160-0023 東京都新宿区西新宿7-21-3 新宿大京ビル7階
お問い合わせ 0120-962-992
院長 田邊雄医師