カルシウムを効率良くとる方法はビタミンDと一緒に摂取することです


カルシウムを効率良くとる方法としては、ビタミンDを一緒にとることがおすすめです。
食べ物から摂取したカルシウムは小腸から吸収されますが、この吸収を助けるのがビタミンDの働きになります。

ビタミンDが持つ働きはもうひとつあり、血液中のカルシウムを骨に吸着させて、カルシウムの流出を防いでくれるのです。
子供の骨は、カルシウムとビタミンDが協力し合うことで強く、丈夫に成長します。

カルシウムの効果はあくまで、骨の材料となり、骨をつくるというものです。
身長を伸ばす効果とは異なりますので、混同しないようにしましょう。

ビタミンDなしでカルシウムを効率良くとる方法はないと考えられます

カルシウムを効率良くとる方法は、ビタミンDの摂取なしではとても難しいといえます。
飲食物から摂取したカルシウムは腸から吸収されますが、この吸収を助けるのがビタミンDの役割です。

カルシウムはもともと吸収の良い栄養素ではなく、尿などの排泄物と一緒に体外へ流出しやすい性質を持っています。
ビタミンDは腎臓からの排泄を抑えるために、カルシウムを血液に流し込んで貯めておきます。

血液中に蓄えられたカルシウムの1%ほどで、割合としては高くありません。
残り99%のカルシウムは、骨や歯に貯蔵されています。

成長期の子供にとって、カルシウムが欠かせないといわれるのは、骨に多くのカルシウムが蓄えられているためです。
もしカルシウムが不足してしまうと、骨が弱くなって少しの衝撃でも骨折しやすくなってしまいます。
子供が成長するには運動も必要なため、骨がもろいと成長の妨げになります。

カルシウム不足を防ぐには、ビタミンDの力を借りて、カルシウムが失われないようにすることが大切です。
骨も皮膚と同じように新陳代謝を繰り返して、骨をつくっています。
骨芽細胞がカルシウムによって新しい骨をつくり、古い骨の成分を破骨細胞が吸収して、形成と吸収のバランスを維持しているのです。

カルシウムを効率良くとる方法は、ビタミンDの存在があって成立しているといえます。

子供にはビタミンDを含むものを食べさせましょう


子供にはカルシウムだけでなく、ビタミンDが含まれた食材を食べさせるようにしましょう。
カルシウムと同じように、ビタミンDも不足しやすい栄養素であると指摘されています。

カルシウムを含む食材は、乳製品や大豆製品、野菜などが挙げられます。
ビタミンDを豊富に含む食材は、カルシウムほど種類が多くなく、魚介類に集中しているのです。
特にカツオ、イワシ、ニシンなどに含まれています。

ビタミンDが不足すると骨や歯の形成に支障が出てしまい、くる病や骨軟化症などを発症してしまうことがあります。

くる病

足の骨が変形して歩行が困難になる病気で、O脚になるなどの症状が現れます。
ビタミンDの不足が原因で、小さい子供に増えているといわれています。

骨軟化症

くる病を成人後に発症したものを、骨軟化症といいます。
成長期にビタミンDが不足していたことにより、骨の石灰化障害が起こります。

太陽の光を浴びると体内のビタミンDを増やせます

ビタミンDの摂取を食べ物だけで行うのは、難しい一面があります。
太陽の光を浴びると、体内でビタミンDがつくられることがわかっているのです。

屋外での運動も兼ねて、太陽の下で子供と一緒に身体を動かす機会を設けましょう。
子供の身長を伸ばすには、適度な運動が必要だといわれています。

紫外線は身体によくないという風潮もありますが、日光浴の不足がくる病などのリスクを上げていると考えられています。

どの程度の日光浴が適しているのか、明確な基準はありませんが、子供の体力や気候などを考慮して、時間を調整してあげましょう。
ビタミンDでカルシウムを効率良くとる方法は、あくまでも丈夫な骨をつくるためのものです。

子供の身長を伸ばす方法については、低身長治療を行っている専門医に相談しましょう。

(まとめ)カルシウムを効率良くとる方法とは?

1.カルシウムを効率良くとる方法はビタミンDと一緒に摂取することです

カルシウムを効率良くとる方法でおすすめなのは、ビタミンDを一緒に摂取することです。ビタミンDにはカルシウムの吸収を助け、カルシウムが失われるのを防ぐ働きがあります。
カルシウムとビタミンDの協力があって、子供の骨が強く丈夫になります。

2.ビタミンDなしでカルシウムを効率良くとる方法はないと考えられます

カルシウムは吸収しにくい栄養素ですが、ビタミンDを一緒に摂ると吸収率が良くなります。ビタミンDにはカルシウムの流出を防ぎ、骨の形成や維持を助ける働きがあるのです。
カルシウムを効率良くとる方法は、ビタミンDの存在があってこそ成り立っています。

3.子供にはビタミンDを含むものを食べさせましょう

ビタミンDもカルシウムと同じように、不足しがちな栄養素だといわれています。カツオ、イワシ、ニシンなどの魚介類に比較的多く含まれているので、ビタミンDの摂取に役立てましょう。

4.太陽の光を浴びると体内のビタミンDを増やせます

食事だけでビタミンDを摂取するのは難しいですが、日光浴をすると体内のビタミンDを増やすことができます。適度な運動が身長を伸ばすことにも繋がるので、屋外で運動する時間をつくってあげるようにしましょう。

監修医情報

西新宿整形外科クリニック院長
齋藤まい医師
さいとう まい/Mai Saito

 

経歴
2006 年 関西医科大学 医学部医学科 卒業
療法人藤井会 石切生喜総合病院 臨床研修医
2008 年 大阪市立総合医療センター 整形外科勤務
2010 年 医療法人浩仁会 南堺病院  整形外科
2011 年 医療法人宝持会 池田病院  整形外科
2016 年 西新宿整形外科

運営者情報

運営クリニック 西新宿整形外科クリニック
住所 〒160-0023 京都新宿区西新宿7-21-3 新宿大京ビル7階
お問い合わせ 0120-962-992
院長 齋藤まい医師