骨形成にカルシウムが必要な理由は体内のカルシウムの99%が骨と歯に蓄えられるからです


骨形成にカルシウムが必要だといわれるのは、体内のカルシウムの99%は骨と歯に蓄えられるためです。肌に新陳代謝があるように、骨にも新陳代謝があって、常に古い骨から新しい骨へと生まれ変わっています。

食べ物から摂り入れられたカルシウムは、小腸を通して血液に運ばれ、必要な分だけを残して残りは骨へ蓄えられます。
血液中のカルシウムは1%で、筋肉の動きや神経の働きを助けるなどの働きをしています。

カルシウムは骨をつくるための材料となり、成長期の子供には欠かせない栄養素の1つです。

カルシウムは骨形成に欠かせない栄養素です

カルシウムは骨の形成には欠かせないため、成長期の子供に積極的に摂取させたい栄養素です。
骨の形成とは骨が縦に伸びることではなく、骨の強度や密度が増して、強い丈夫な骨になることを意味しています。

カルシウムは骨の主成分となりますが、体内でつくることができません。
また、汗や尿などによって体外に流出しやすい性質があるため、普段の食事から摂取する必要があるのです。

カルシウムは、私達にとって身近な食品に多く含まれています。

乳・乳製品

カルシウムといえば、牛乳を思い浮かべる人も多いでしょう。
乳や乳製品には数ある食品の中で、最もカルシウムの吸収率が高くなっています。

それでも吸収率は50%と、栄養素の吸収率としては決して高いとはいえません。
日本人は体質的に乳糖を消化しにくく、乳糖不耐症の割合が高いといわれています。

牛乳を飲むとお腹を壊しやすい子供には、ヨーグルトやチーズを勧めてみましょう。

大豆製品

乳や乳製品だけでカルシウムを摂ろうとすると、どうしても動物性食品に偏ります。
植物性食品である大豆製品にも、カルシウムが含まれています。

大豆製品の良いところは、豆乳、納豆、豆腐、油揚げなど、さまざまな加工品があることです。
食べ飽きる心配が少ないので、メニューに取り入れやすいです。

カルシウムの吸収率は18%ほどです。

小魚・海藻類

特に骨ごと食べられる小魚にカルシウムが多く含まれており、吸収率は30%くらいです。
海藻類にも比較的多くのカルシウムが含まれ、カルシウムの吸収を助けるマグネシウムも一緒に摂取できます。

小魚や海藻類は子供に人気のある食材とはいえませんが、調理を工夫して子供が食べやすいメニューを考えてみましょう。

骨伸長に欠かせない栄養素はタンパク質です


骨形成をする栄養素がカルシウムであるのに対し、骨伸長をして子供の身長を伸ばす栄養素は、タンパク質になります。
私達の身体はタンパク質からつくられており、骨、筋肉、血液、臓器、毛髪など、あらゆるものがタンパク質を材料としています。

そのため、成長期の子供には成人より多くのタンパク質が必要です。
食事から摂取したタンパク質は、体内でアミノ酸に分解されてから吸収されます。

アミノ酸の中には、体内で生成できない「必須アミノ酸」が8種類あります。
必須アミノ酸の中でも、次の3つが子供の成長をサポートしています。

  • スレオニン
  • ヒスチジン
  • アルギニン

特にアルギニンは、子供の身長を伸ばす「成長ホルモン」の合成に必要なアミノ酸です。

カルシウムの骨形成を助ける栄養素があります

子供の成長には骨形成に関与するカルシウムと、骨伸長に関与するタンパク質が不可欠です。
しかし吸収されにくいという性質のために、日本人のカルシウム摂取量は慢性的に不足しているといわれています。

カルシウムの骨形成を助けるには、カルシウムの吸収率を上げるビタミンDを一緒に摂ると効果的です。カルシウムの吸収には、タンパク質も必要です。

ビタミンDはタンパク質の合成を促し、カルシウムの吸収率を高めます。
さらに、血液中のカルシウムを骨に沈着させる働きも持っているのです。

サケやサンマなどに、ビタミンDが多く含まれています。

食生活を見直し、子供の栄養不足を防ぐことを心がけてください。
子供の身長に関する相談は、専門のクリニックにしましょう。

(まとめ)骨形成にカルシウムが必要なのはどうして?

1.骨形成にカルシウムが必要な理由は体内のカルシウムの99%が骨と歯に蓄えられるからです

骨形成にカルシウムが必要とされるのは、カルシウムが新しい骨をつくるための材料になるからです。肌と同じように骨にも新陳代謝があり、絶えず古い骨から新しい骨へと生まれ変わっています。体内のカルシウムの99%が骨に、残りの1%は血液中にあります。

2.カルシウムは骨形成に欠かせない栄養素です

カルシウムには骨の強度や密度を上げて、強く丈夫な骨をつくる働きがあります。牛乳などの乳製品に、多くのカルシウムが含まれていますが、大豆製品や小魚、海藻類からも摂取できます。
ただし、カルシウムの吸収率自体は、さほど高くありません。

3.骨伸長に欠かせない栄養素はタンパク質です

カルシウムが骨形成に関わるのに対し、タンパク質は骨伸長に関わって、子供の身長を伸ばします。体内に入ったタンパク質は分解され、子供の成長を促す必須アミノ酸を生み出します。

4.カルシウムの骨形成を助ける栄養素があります

カルシウムの吸収率を上げ、骨形成を助けるには、ビタミンDを一緒に摂ると効果的です。ビタミンDはサケやサンマなどに多く含まれています。
子供の低身長に関する悩みは、専門のクリニックに相談しましょう。

監修医情報

西新宿整形外科クリニック院長
齋藤まい医師
さいとう まい/Mai Saito

 

経歴
2006 年 関西医科大学 医学部医学科 卒業
療法人藤井会 石切生喜総合病院 臨床研修医
2008 年 大阪市立総合医療センター 整形外科勤務
2010 年 医療法人浩仁会 南堺病院  整形外科
2011 年 医療法人宝持会 池田病院  整形外科
2016 年 西新宿整形外科

運営者情報

運営クリニック 西新宿整形外科クリニック
住所 〒160-0023 京都新宿区西新宿7-21-3 新宿大京ビル7階
お問い合わせ 0120-962-992
院長 齋藤まい医師