骨の成長にはカルシウムや成長ホルモンなどが重要です


カルシウムや成長ホルモンなどは子供の成長にとって大切な役割があると言われています。
カルシウムは骨を強くし、さらに成長ホルモンによって骨の成長を促すことが期待できます。

他にもたんぱく質やビタミンDなども子供の成長にとって必要な栄養素です。
また睡眠、運動などの生活習慣も重要な要素になります。

バランスのとれた食事や生活習慣の見直しによって、子供の成長に良い効果につながるでしょう。

カルシウムは骨の強くし、成長ホルモンは骨の成長を促す効果が期待できます

子供の成長にとって、カルシウムや成長ホルモンは重要な役割があると言われています。

カルシウムの役割

カルシウムは、人間の身体に最も多くあるミネラルで以下のような働きが期待できます。

  • 骨や歯を形成する
  • 心臓や脳の働きを調整する
  • 体液をアルカリ性に保つ
  • 神経、筋肉の興奮を抑制する

カルシウムが不足することで、身体が十分に成長できないといったケースや骨が脆くなりやすくなるなどの症状につながる場合があります。
また集中力低下などの精神面にも影響を及ぼし、学習能力の低下などにつながりやすいです。

成長ホルモンの役割

成長ホルモンは、あらゆる年齢に必要なホルモンです。
主に以下の役割を担っていると言われています。

  • 骨を伸ばす
  • 筋肉などを発達させる
  • 代謝を促す

成長ホルモンが出なくなると、低身長などのリスクが高くなると言われています。

成長ホルモンは病気によって分泌不全が起きることもあるため、子供の成長の遅れがある場合などは、専門の医療機関で検査することが大切です。

子供の成長にとっては食事・睡眠・運動も大切です


食事・睡眠・運動も子供の成長にとって大切な役割があります。

それぞれが、成長にとってどう大切なのか見ていきましょう。

食事

子供の成長のために必要な栄養素はたんぱく質です。
身長を伸ばすこと以外にも、筋肉や髪の毛、血液などもたんぱく質によってつくられています。

もちろん、丈夫な骨を作るカルシウムも必要ですが、吸収率が低い栄養素の1つと言われているのです。そのためビタミンDやマグネシウムと一緒に摂取することで吸収率をアップさせることが期待できます。

これ以外のミネラルやビタミンも成長には必要なため、バランスのいい食生活を意識するようにしましょう。

睡眠

質のいい睡眠は成長ホルモンの分泌を促す効果が期待できます。
深い眠りに入るように習慣化した方が良いことがあります。

成長ホルモンの分泌を促進させるためにも、生活習慣を見直してください。

  • 寝る前のスマホなどは控える
  • 寝る2時間前には食事を済ませる
  • 生活リズムを整える
  • 自分にあった寝具を使用する
運動

適度な運動も成長ホルモンの分泌を促すことができます。
また屋外での運動であれば、日光を浴びることでビタミンDの生成にも効果が期待できます。

適度な運動によって、食欲増進し多くの栄養素を摂取しやすくなり、疲労を感じることで深い睡眠にもつながります。
ただし過度な運動や成長の過程にあっていない運動は、軟骨の部分を損傷させ、怪我にもつながるリスクがあるため注意してください。

子供の成長に不安がある場合は早めに専門の医療機関を受診しましょう

子供の成長は個人差があり、遅れているかどうかの自己判断は難しいです。

そのため成長曲線を記録することで、成長の遅れを判断することができます。
成長曲線とは、多くの子供の身長や体重の平均値を用いたグラフのことです。

このグラフを用いることで、視覚的に成長の経過や遅れを確認することができます。
-2SD以下になった場合は、できるだけ早めに専門の医療機関を受診することが大切です。

成長ホルモンは病気が原因で分泌できない場合があります。
病気が原因の場合は、日常生活を見直しても成長の遅れは改善できません。

そのため、成長ホルモン剤の治療が必要になってきます。
成長ホルモンの治療はできるだけ早期に開始することで改善されやすいと言われています。

また、カルシウムの不足をサプリメントで取り入れると過剰に摂取する可能性もあるのです。

カルシウムを過剰の摂り入れてしまった場合、鉄や亜鉛などの吸収を阻害することにもつながります。
そのため専門知識をもった医師に相談することで、正しい摂取量に調整することができます。

(まとめ)カルシウムと成長ホルモンは成長に重要?

1.骨の成長にはカルシウムや成長ホルモンなどが重要です

カルシウムは骨を強くし、成長ホルモンは骨の成長を促す効果が期待できます。他にもたんぱく質やビタミンDなどの栄養素を摂取し、生活習慣を見直すことも子供の成長にとって大切なことと言われています。

2.カルシウムは骨の強くし、成長ホルモンは骨の成長を促す効果が期待できます

カルシウムは骨や歯を形成する働きがあります。成長ホルモンは骨の成長や代謝を促す効果が期待できます。成長の遅れは、成長ホルモンの分泌異常などが原因の可能性もあります。
不安な場合は、早めに専門の医療機関を受診しましょう。

3.子供の成長にとっては食事・睡眠・運動も大切です

食事・睡眠・運動は子供の成長にとって大切です。カルシウムは吸収率が低いため、ビタミンDやマグネシウムと一緒に摂取するようにしましょう。
質の良い深い睡眠や適度な運動は、成長ホルモンの分泌を促す効果が期待できます。

4.子供の成長に不安がある場合は早めに専門の医療機関を受診しましょう

成長曲線も用いて成長の経過や遅れを確認しましょう。-2SD以下や成長に不安がある場合には、専門の医療機関を受診するようにしてください。
知識をもった医師に相談することで、正しい治療を行うことができます。

監修医情報

西新宿整形外科クリニック院長
田邊雄医師
たなべ ゆう/Yu Tanabe

[su_button url=”https://www.ns-seikeigeka.com/dr.html#tanabe” target=”blank” style=”flat” background=”#edc726″]詳しくはこちら[/su_button]

経歴
富山県立富山中部高等学校卒業
金沢医科大学医学部医学科卒業
順天堂医院 初期研修医
順天堂医院 初期研修修了
順天堂医院 整形外科入局
順天堂大学大学院 整形外科学講座
下記順天堂医院関連施設にて勤務・研修
(順天堂本院、順天堂練馬、伊東市民病院、宮川病院、杏雲堂病院、浅草病院、東部地域病院、賛育会病院、王子病院 等)
日本整形外科学会認定 整形外科専門医取得
順天堂大学大学院 医学博士取得
SBCグループ・西新宿整形外科 入職
西新宿整形外科  医院長
ロコモアドバイスドクター 就任
(「ロコモ チャレンジ!推進協議会」公認)

運営者情報

運営クリニック 西新宿整形外科クリニック
住所 〒160-0023 東京都新宿区西新宿7-21-3 新宿大京ビル7階
お問い合わせ 0120-962-992
院長 田邊雄医師